ホーム > 市政情報 > 広聴・広報 > 広報 > 広報はままつ > 広報はままつ2018年9月号 > いきいきトピックス(広報はままつ2018年9月号中区区民のページ)

ここから本文です。

更新日:2018年9月5日

いきいきトピックス(広報はままつ2018年9月号中区区民のページ)

編集室

食欲の秋がやってきました。とは、言っても、今年の夏は酷暑で身体が弱っていたり、大雨被害などで農作物に影響が出たりします。まずは胃腸の調子を整えて、じっくり素材の味を感じながら食べたいと思います。(熊)

3館同時開催!協働センター夏休みイベント

8月5日(日曜日)、中区内の3つの協働センターで「夏休み子供イベント」を開催しました。地元の小中学生と地域の人が主体となり、子供が楽しめるお店を出店。当日は夏真っ盛り。かき氷を販売するお店には行列ができていました。いずれの会場も、地元のお兄さんやお姉さんと楽しく触れ合う子供たちの笑顔が印象的でした。

写真:富塚協働センター 富塚子どもフェスタ
富塚協働センター 富塚子どもフェスタ

写真:前日の準備風
前日の準備風景

写真:中学生と地域の人が協力して準備を進めています!
中学生と地域の人が協力して準備を進めています!

写真:北部協働センター 第18回北部ジュニア公民館
北部協働センター 第18回北部ジュニア公民館

写真:東部協働センター 東部チャイルドフェスタ2018
東部協働センター 東部チャイルドフェスタ2018

水のサイクルと環境について学ぼう!「城北地区水と森の教室」開催

7月22日(日曜日)、佐鳴湖および新川周辺で中区地域力向上事業「城北地区水と森の教室」を開催しました。この事業は、城北地区の小学生とその保護者を対象とし、全3回の活動を通して、地域の水場・水源の森を巡り、水のサイクルと地域の環境について理解を深めることを目的としています。
2回目となる今回の活動では、佐鳴湖から新川をさかのぼり、水生生物や植物を観察するとともに、水質の変化を調査しました。新川上流で、水生生物の調査をしていたところ、ウナギが見つかり、参加した親子から歓声があがりました。
次回は天竜区の杉林を訪れ、水を育む森の大切さや山間部の清流に触れる体験が予定されており、参加した小学生からは、次の活動も楽しみとの声が聞かれました。

写真:佐鳴湖湖畔で講師からヒメガマの説明を受ける参加者
佐鳴湖湖畔で講師からヒメガマの説明を受ける参加者

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?