ここから本文です。

更新日:2018年12月21日

三岳山(三岳城跡)と立須「この夏に行きたい!お出かけスポット」

第7回目は「三岳山(三岳城跡)と立須」です。

三岳山は北区引佐町にある標高466.6メートルの小高い山です。山頂までは、三岳神社の駐車場に車を停め登山道へ入ります。道は整備されており、案内看板が所々に立てられていますので道に迷うことなく進めますが、勾配の急な坂や、岩や根っこで足場が不安定な箇所もありますので、歩きやすいハイキング用の靴でお越しください。

登山口からゆっくりペースで歩いて30分ほどで山頂へ。山頂から見る景色は圧巻です。井伊谷の町はもちろんのこと、浜名湖や遠州灘、市街地まで見渡すことができます。景色を眺めながらここでお昼ご飯にしてみてははいかがでしょうか。

この場所にかつて建てられていた三岳城は、南北朝時代に、井伊道政が井伊谷城とともに築城したといわれています。当時、井伊家の領主たちは、戦時には堅固な三岳城を使いました。井伊氏は戦国時代にもここを本拠として駿河今川氏と戦いましたが1513年に落城しました。

「三岳山が見える場所は、すべて井伊領」という言葉が残るように、三岳山は井伊家の象徴とも言える美しい山です。井伊家がこの地で活躍した時代に思いを馳せながら山頂から見える景色を楽しんでください。

また、三岳山の近くに立須と呼ばれる非常に良い景色が見渡せる岩場のスポットがあります。三岳山登山口から徒歩で15分ほど林道を登っていくと、二手に分かれる箇所があり、案内看板のとおりに進んでいきます。そこからまた15分歩くとごつごつした岩が突き出ていて、この岩場が立須です。この岩を登ると、そこには絶景が広がります。

浜松市やらまいか大使で絶景プロデューサーの詩歩さんの動画でも紹介されており、浜松市の隠れた絶景スポットですよ!こちらは足場が非常に悪いので、お越しの際は特に足元にはお気をつけください。

三岳山、立須ともに、登山道は特別危険な個所はありませんが、足場が悪かったり、幅の狭い細い箇所、また、数か所倒木もありました。お越しの際は必ずハイキング用の装備をして、周りの岩や木などに注意してハイキングをお楽しみください。

【詩歩さんの動画はこちら】
https://www.youtube.com/watch?v=5w5INtrngvI(別ウィンドウが開きます)

三岳山(三岳城跡)

浜松市北区引佐町三岳


このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?