緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 消防・防災 > 防災 > 防災計画・条例 > 浜松市地域防災計画 > 地震・津波対策編 第5章 災害応急対策計画 > 地震・津波対策編 第5章 災害応急対策計画 第13節 市有施設・設備等の対策

ここから本文です。

更新日:2022年5月11日

地震・津波対策編 第5章 災害応急対策計画 第13節 市有施設・設備等の対策

【総括部、警備部、保健医療調整本部、物資管理部、土木復旧部、上下水道復旧部】

  • 災害応急対策の遂行上、重要な市有施設・設備等の速やかな機能回復を図るための措置を示す。

 

1 無線通信施設

 

  • 地震動により基地局用無線機が使用不能となった場合は、携帯無線機などを代用するほか速やかに応急措置を講じ、通信の確保を図る。

 

2 公共施設等

 

  • 災害応急活動を実施するうえで重要な市有施設等の可及的速やかな機能回復を図るための措置を示す。
市庁舎等
  • 防災上重要な庁舎(※1)の管理者は、施設及び設備を点検し、防災機関としての機能に支障のないよう応急措置を講じる。
病院施設・診療所
  • 施設・設備の被害状況を把握し、診療を再開するための応急措置を講じる。
水道施設
  • 水道施設に対し、早期に各戸給水を目標とした復旧計画を策定する。/li>
    • 浄水場、配水場等の水道基幹施設の復旧
      二次災害の防止と給水機能を保持するために各施設勤務者は、被災後直ちに施設の点検、補修及び操作に努める。
    • 取水施設、導送配水管の復旧
      地域の被害状況の調査活動を行い復旧作業にあたる。
    • 医療機関等への優先的な応急給水
      救護病院、透析施設、避難所等への優先的な応急給水に努める。
河川施設・漁港施設等
  • 施設の被害状況を確認し、必要に応じ応急措置を講じる。
ため池及び用水路
  • 施設等が決壊又は決壊の危険が生じた場合は、応急措置を講じる。
下水道施設等
  • 管路施設については、被害の拡大や二次災害の防止のための調査、重要な区間の被害概要を把握し、必要に応じ応急措置を講じる。
  • 各処理場・ポンプ場については、人的被害につながる二次災害の未然防止や薬品、燃料の流出防止等のための元弁の完全閉止等の緊急点検を行う。また、施設の暫定機能確保のための調査など被害状況の概要を把握して、必要に応じ応急措置を講じる。
道路
  1. 道路施設の点検巡視を行い、被害箇所を迅速に把握する。
  2. 緊急輸送路及び幹線避難路の早期確保に努める。
  3. 応急復旧に要する重機械、資材、人員等を確保し、道路啓開に努める。
  4. 交通信号、電柱等が倒壊、断線等により機能を失った場合は、県公安委員会、電気事業者等に対し応急復旧工事の実施を要請する。
廃棄物処理施設
  • 施設・設備等の点検巡視を行い、被害状況を把握する。
  • 受配電設備の安全確認を行い、運転再開のための復旧措置を講じる。
  • 既存処理施設での処理が困難な場合は、県、民間事業者団体等へ支援を要請する。
工事中の公共施設、建築物、その他
  • 工事を中止し、必要に応じて安全確保のための措置を講じる。
コンピュータ
  1. コンピュータ・システムの障害点検を行い、被害状況を把握する。
  2. コンピュータ・システムに障害が生じた場合には、速やかに復旧対策を講じ運用の再開を図る。

 

※1 本庁、区役所、第1種協働センター、市民サービスセンター、協働センター・ふれあいセンター、学校、消防庁舎、消防署所、保健所等。

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所危機管理監危機管理課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2537

ファクス番号:053-457-2530

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?