緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 消防・防災 > 防災 > 防災計画・条例 > 浜松市地域防災計画 > 地震・津波対策編 第5章 災害応急対策計画 > 地震・津波対策編 第5章 災害応急対策計画 第3節 広報活動

ここから本文です。

更新日:2022年5月11日

地震・津波対策編 第5章 災害応急対策計画 第3節 広報活動

【総括部】

  • 地震発生による被害地の混乱、動揺、流言飛語の流布等の防止のため、市民に対し必要な情報を提供し、人心の安定と災害応急対策を実施するための広報活動について定める。

 

1 広報事項

 

  • 基本的な広報事項について項目・ルート・文案等をあらかじめ定め、適切・迅速な広報を行う。
    1. 地震発生時の注意事項、特に出火防止、津波及び余震に関する注意の喚起
    2. 地震情報等
    3. 人心安定のため市民に対する呼びかけ
    4. 電気、ガス、水道、電話、鉄道、道路等の被害状況
    5. 医療機関、スーパーマーケット、ガソリンスタンド等の生活関連情報
    6. 防災関係機関の対応状況及び復旧見込み
    7. 給水など市民生活に関係の深い施設の応急活動の状況
    8. 自主防災組織に対する活動実施要請

 

2 広報実施方法

 

情報発表責任者
  • 市災害対策本部において報道機関に対し情報を発表する場合は、原則として広聴広報課長が行う。
広報機関等の活用
  • 災害応急対策上必要な事項を市民に対して周知する方法は、災害時における放送要請に関する協定(※1)を締結している機関及びその他の媒体を活用するなど、あらゆる手段により行う。特に避難情報については、災害情報共有システム(Lアラート)を活用して、迅速かつ的確に情報発信を行う。
    1. 新聞等
      市政記者クラブ加盟の日刊紙へ依頼する。
    2. ラジオ放送
      日本放送協会(静岡放送局)、静岡放送(株)(浜松総局)、静岡エフエム放送(株)、浜松エフエム放送(株)へ依頼する。
    3. テレビ放送
      日本放送協会(静岡放送局)、静岡放送(株)(浜松総局)、(株)テレビ静岡(浜松支社)、(株)静岡朝日テレビ(浜松支局)、(株)静岡第一テレビ(浜松支局)、浜松ケーブルテレビ(株)へ依頼する。
    4. 緊急情報放送
      コミュニティエフエム放送(FmHaro!)の緊急情報放送システムを利用し、市民に必要な情報を放送する。
    5. 有線ファクシミリ(一斉)
      市有施設(小・中学校、協働センター・ふれあいセンター)の有線ファクシミリを活用する。
    6. インターネット
      浜松市公式ホームページ、浜松市防災ホッとメール、緊急速報メール、浜松市公式フェイスブック、浜松市公式ツイッター、浜松市公式LINEで随時、最新情報を公開する。
    7. 道路情報提供装置
      自動車等を使用している者に対しては、道路情報提供装置を活用して周知する。
    8. 広報車(※2)
      広報車、消防車等により市内を地域別に巡回し、あらかじめ定めた広報文案により地域住民に周知する。
    9. 防災行政無線(同報系)
      屋外スピーカー及び戸別受信機を活用する。

 

3 住民等が災害応急対策上必要な情報を入手する方法法

 

  • 住民等は各人がそれぞれ情報を正確に把握し、適切な行動及び防災活動を行うよう努める。
    1. ラジオ、テレビ、新聞、インターネット
      地震情報、交通機関運行状況、避難所情報、生活情報等
    2. 広報車、有線放送
      主として市域内の情報、指示、指導等
    3. 自主防災組織を通じての連絡
      主として市災害対策本部からの指示、指導、救助措置等
    4. サイレン、警鐘
      津波警報、火災の発生の通報
    5. 防災行政無線(同報系)
      地震津波情報、市からの指示等

 

※1 災害時における放送要請に関する協定/解説・運用12-3
※2 広報車/解説・運用6-1

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所危機管理監危機管理課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2537

ファクス番号:053-457-2530

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?