緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 予防・検診 > 予防接種 > 新型コロナウイルスワクチンについて

ここから本文です。

更新日:2021年11月26日

新型コロナウイルスワクチンについて

浜松市では、可能な限り速やかに接種体制を確保し、接種を希望する市民の皆様に円滑にワクチンを接種することができるよう、取り組んでいます。

【集団接種】
集団接種につきまして、5月22日から公共施設及び商業施設を集団接種会場として実施してきましたが、大型模接種会場を一旦閉鎖いたします。今後の開催については、現在調整中です。

【個別接種】
個別医療機関での接種については、直接医療機関へ問合せをお願いします。

浜松市新型コロナワクチン専用ダイヤル

0120-319-567 サンイチキュー コロナ (フリーダイヤル)
かけ間違えが多数発生しております。お問い合わせの際には、今一度電話番号をご確認いただき、おかけ間違いのないようにお願い致します。

受付時間:午前9時から午後5時まで(土曜、日曜、祝祭日も含む)

  • 2回目接種完了から原則8か月以上経過する方に、追加接種(3回目接種)をご案内します。
  • 浜松市の実施計画
  • ワクチン情報

 

 ワクチンの接種について

接種を受ける際の同意の取得
接種は強制ではなく、接種を受ける方の同意がある場合に限り、接種を行います。
接種を受ける方には、接種による「感染症予防の効果」と「副反応のリスク」の双方について理解いただいた上で、自らの意思で接種を受けていただきます。
受ける方の同意なく、接種が行われることはありません

ワクチンの種類

ファイザー社ワクチン

  • 1回目の接種後、通常、3週間の間隔で2回目の接種をします。(接種後3週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください。)
  • 1回目に本ワクチンを接種した場合は、2回目も必ず同じワクチン接種を受けてください。
  • 本ワクチンの接種で十分な免疫ができるのは、2回目の接種を受けてから7日程度経って以降とされています。ワクチン接種にかかわらず、適切な感染防止策を行う必要があります。
  • 説明書(PDF:804KB)/16歳未満のお子様への接種をお考えの保護者の方は、こちらの説明書(PDF:885KB)をご覧ください。

武田/モデルナワクチン

モデルナ社製コロナワクチンの一部製品における異物混入について

  • 1回目の接種後、通常、4週間の間隔で2回目の接種をします。(接種後4週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください。)
  • 1回目に本ワクチンを接種した場合は、2回目も必ず本ワクチンの接種を受けてください。
  • 臨床試験において、本ワクチンの接種で十分な免疫が確認されたのは、2回目の接種を受けてから14日以降です。また、感染を完全に予防できる訳ではありません。ワクチン接種にかかわらず、適切な感染防止策を行う必要があります。
  • 説明書(PDF:840KB)/16歳未満のお子様への接種をお考えの保護者の方は、こちらの説明書(PDF:913KB)をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 接種体制

新型コロナウイルスワクチン接種の円滑な推進のため、集団接種会場による集団接種と市民に身近な病院や診療所での個別接種を組み合わせて新型コロナウイルスワクチンを迅速に接種できるよう取り組んでいます。

ページの先頭へ戻る

 その他

浜松市新型コロナワクチンの予防接種の実施計画

浜松市実施計画(PDF:2,215KB)

ワクチン情報

ワクチン情報については随時更新します。

外国語の新型コロナワクチンの予診票等

厚生労働省ホームページ「外国語の新型コロナワクチンの予約票等」(別ウィンドウが開きます)

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、一時的な発熱や接種部位の腫れ・痛みなどの、比較的よく起こる副反応以外にも、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が生じることがあります。極めて稀ではあるもののなくすことができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。認定にあたっては、予防接種・感染症・医療・法律の専門家により構成される国の審査会で、因果関係を判断する審査が行われます。

新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。なお、健康被害救済の給付額は、定期接種のA類疾病と同じ水準です。

現在の救済制度の内容については、厚生労働省特設ページ(別ウィンドウが開きます)をご参照ください。

厚生労働省 ホームページ 新型コロナワクチンQ&A(別ウィンドウが開きます)より)

 ワクチンに関する相談窓口

1.ワクチンの施策に関すること

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-761-770(フリーダイヤル)
受付時間:午前9時から午後9時まで

なお、聴覚が不自由な方におかれましては、一般財団法人全日本ろうあ連盟のホームページ(別ウィンドウが開きます)をご確認ください。

2.ワクチンの副反応に関すること

静岡県新型コロナウイルスワクチン接種副反応相談窓口

電話番号:050-5445-2369
受付時間:午前9時から午後10時(土曜、日曜、祝祭日も含む)

3.浜松市でのワクチン接種に関すること

浜松市新型コロナワクチン専用ダイヤル

電話番号:0120- 319-567 サンイチキュー コロナ (フリーダイヤル)
FAX:053-489-4970
受付時間:午前9時から午後5時まで(土曜、日曜、祝祭日も含む)

かけ間違えが多数発生しております。お問い合わせの際には、今一度電話番号をご確認いただき、おかけ間違いのないようにお願い致します。

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市新型コロナワクチン専用ダイヤル
電話番号:0120-319-567(ゼロイチニゼロ サンイチキュウ コロナ)(フリーダイヤル)
受付時間:午前9時から午後5時まで(土曜、日曜、祝祭日も含む)

※かけ間違えが多数発生しております。お問い合わせの際には、今一度電話番号をご確認いただき、おかけ間違いのないようにお願い致します。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?