緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 予防・検診 > 予防接種 > 新型コロナウイルスワクチンについて > 国からのワクチン供給減少に伴う今後のワクチン接種の進め方について

ここから本文です。

更新日:2021年7月8日

国からのワクチン供給減少に伴う今後のワクチン接種の進め方について

2021年7月7日

1.接種体制について

  • 個別医療機関での接種については、当面の間、65歳以上の高齢者及び基礎疾患のある方のみとします
    ※すでに予約済みの方については、予定通り個別医療機関医において接種を行います
  • 予定している会場は全て開場し接種を進めていきますが、接種予約数については、ワクチン供給量に応じて随時変更していきます
  • 集団接種会場のうちザザシティ浜松会場については、7月17日以降に初回接種を行う方から「武田/モデルナ社製ワクチン」の接種となります
    ※医療機関へのワクチン接種に関する問い合わせは、通常診療への影響が出ないようご配慮ください

2.集団接種会場における接種について

接種対象が64歳以下となり、就労者の比率が格段に増加し接種希望が土日などの休日に集中することが想定される中で、ワクチンの供給量に応じ、スピーディーかつ効果的な接種へつなげるため、業務上早めの接種が必要とされる職種については優先的な接種を行うなど対策を講じます。

対象

  • 福祉施設従事者(高齢者に次ぐ優先順位)
  • 障がい者
  • 学校関係職員及び保育士

※上記への優先的な接種のほか、休日の接種を分散させるため、浜松商工会議所等経済団体と連携し、中小企業等の平日接種を推進します

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?