ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 学校給食 > 給食用食材の放射性物質検査 > 給食用食材の放射性物質検査結果について

ここから本文です。

更新日:2020年7月10日

給食用食材の放射性物質検査結果について

試験検査方法:平成24年3月15日付け食安発0315第4号に準拠(ガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法)

測定機器:ゲルマニウム半導体検出器

令和2年7月9日検査結果(Bq/kg)

検査食材

産地

放射性セシウム
(Cs-134)

放射性セシウム
(Cs-137)

こまつな

静岡県浜松市

不検出

不検出

にんじん

青森県三沢市

不検出

不検出

不検出とは、検出限界値未満(検出されず)であることを示します。

検出限界値

  • 放射性セシウム134・・・・・4.6Bq/kg
  • 放射性セシウム137・・・・・4.8~5.2Bq/kg

放射性セシウムの基準値

【参考】食品中の放射性物質の新たな基準値

食品群

基準値(Bq/kg)

一般食品

100

乳児用食品

50

牛乳
(牛乳・低脂肪乳・加工乳及び乳飲料)

50

飲料水
(調理に使用する水及び飲用茶を含む)

10

新基準値の詳細・・・厚生労働省ホームページ「食品中の放射性物質への対応(別ウィンドウが開きます)」参照

お問い合わせ先

  • 学校給食に関すること・・・・・健康安全課(電話:053-457-2422)
  • 食品の放射性物質に関すること・・・・・生活衛生課(電話:053-453-6114)
  • 検査結果に関すること・・・・・保健環境研究所(電話:053-411-1311)

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所学校教育部健康安全課

〒430-0929 浜松市中区中央一丁目2-1 イーステージ浜松オフィス棟5階

電話番号:053-457-2422

ファクス番号:053-457-2579

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?