緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

平成22年度実績報告2

(2)子育て中の親子・思春期の子どもたちの健康の確保および増進

事業No.:47

  • 事業名:産科医療の充実事業 【重点】
  • 担当課:新法人設立準備課

目標指標:メディカルバースセンター取扱分娩数(人)

  • 平成22年度目標数値:450
  • 平成22年度実績:285
  • 平成22年度達成率:63.3%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

メディカルバースセンターの利用(認知度)が低いため、地域の方々により親しまれるように愛称を広く募集し「メディカルバースセンター めばえ」に決定し、PRに努めた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

地域の医療提供状況を踏まえ、地域医療機関との連携及び役割分担により、小児・周産期医療を提供するとともに、安心して子どもを産み、育てられる医療体制を確保すること。そのため、平成21年4月に開設したメディカルバースセンターめばえ のPRを積極的に行い利用促進を図る。

事業No.:48

  • 事業名:妊婦健康診査事業 【重点】
  • 担当課:健康増進課

目標指標:受診率(%)

  • 平成22年度目標数値:84.3
  • 平成22年度実績:83.1
  • 平成22年度達成率:98.6%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

妊婦健康診査事業の受診率は達成できた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

今後も早期の妊娠届出の啓発を行い、確実に妊婦健診が受けられるよう周知していく。

事業No.:49

  • 事業名:妊娠期の健康講座事業
  • 担当課:健康増進課

目標指標:延参加者数(人)

  • 平成22年度目標数値:4,106
  • 平成22年度実績:3,014
  • 平成22年度達成率:73.4%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

目標値を下回ってはいるが、参加希望者はすべて受け入れるような体勢を整えている。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

産科医療機関・他課事業と重複しないよう、講座の内容、実施方法、回数を見直した。全市規模で実施し、今後の方向性を考える。

事業No.:50

  • 事業名:母子相談事業
  • 担当課:健康増進課

目標指標:延相談者数(人)

  • 平成22年度目標数値:39,002
  • 平成22年度実績:41,855
  • 平成22年度達成率:107.3%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

親と子の相談事業と乳幼児の心身の発達に関する相談事業を統合し、目標を達成できた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

今後も各事業を継続し、安心して相談できる環境づくりに努める。

事業No.:51

  • 事業名:母子歯科保健事業
  • 担当課:健康増進課

目標指標:延受診者数(人)

  • 平成22年度目標数値:26,000
  • 平成22年度実績:29,686
  • 平成22年度達成率:114.2%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

各母子歯科保健事業は概ね順調に実施できた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

子どものむし歯の減少は続いており、今後も各母子保健事業を予定通り継続していく。

事業No.:52

  • 事業名:フッ素洗口事業
  • 担当課:健康増進課

目標指標:実施施設数(園・校)

  • 平成22年度目標数値:76
  • 平成22年度実績:80
  • 平成22年度達成率:105.3%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

フッ素洗口を実施する施設数は順調に増加した。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

今後もフッ素洗口実施施設数の増加(年間3施設の増加)を目指していく。

事業No.:53

  • 事業名:乳幼児健康診査事業
  • 担当課:健康増進課

目標指標:受診率(%)

  • 平成22年度目標数値:92.7
  • 平成22年度実績:94.2
  • 平成22年度達成率:101.6%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

乳幼児健康診査事業は概ね達成できた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

健診精度の向上及び未受診者への受診勧奨方法を引き続き検討し、受診率向上を目指す。

事業No.:54

  • 事業名:健やか育児教育事業
  • 担当課:健康増進課

目標指標:延参加者数(人)

  • 平成22年度目標数値:2,410
  • 平成22年度実績:1,395
  • 平成22年度達成率:57.9%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

参加者の特性から集団での教室はニーズに合致せず、縮小傾向。個別の支援に力を入れている。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

対象のニーズにあった手法で、育児支援を行う。

事業No.:55

  • 事業名:母子訪問指導事業 (No.1の再掲)
  • 担当課:健康増進課

事業No.:56

  • 事業名:養育支援訪問事業 (No.2の再掲)
  • 担当課:子育て支援課

事業No.:57

  • 事業名:予防接種推進事業
  • 担当課:健康増進課

目標指標:接種率(%)

  • 平成22年度目標数値:95
  • 平成22年度実績:93
  • 平成22年度達成率:97.9%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

日本脳炎(第1期)について、平成22年4月から接種勧奨が行われたことを踏まえ、3歳児健診案内を通じて周知したことや、麻しん・風しん第2期においては、幼稚園・保育園を通じて接種状況調査、接種勧奨により接種率の向上につながった。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

今後も国の方針に基づき、市民への周知、接種勧奨により、接種率の向上に努めていく。

事業No.:58

  • 事業名:食育推進事業 【重点】
  • 担当課:健康増進課

目標指標:食育講座・研修会の参加人数(人)

  • 平成22年度目標数値:4,500
  • 平成22年度実績:6,787
  • 平成22年度達成率:150.8%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

7か月からのもぐもぐ子育て講座の再編と依頼による食育講座の参加者数が増加した。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

講座の見直し、再編により受講者の増加につながった。今後は講座内容の充実に努めていく。
また、講座の開催回数の増により、23年度以降の目標値を見直す。

事業No.:59

  • 事業名:学校給食地場産品導入の推進 【重点】
  • 担当課:保健給食課

目標指標:地産地消率(主要10品目)重量ベース(%)

  • 平成22年度目標数値:31.0
  • 平成22年度実績:24.3
  • 平成22年度達成率:78.4%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

市内全小中学校の給食において浜松産特別栽培米「やら米か」を提供することができた。地場産物を旬の時期に活用するよう、JA等から情報をもらい、地産地消メール配信を始めた。また、年内を通して地場産物を活用できるよう加工品の発掘も行った。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

平成25年度以降の食育推進計画における地産地消率の調査方法の見直しをする。

事業No.:60

  • 事業名:思春期の性教育事業
  • 担当課:健康増進課

目標指標:延参加者数(人)

  • 平成22年度目標数値:7,000
  • 平成22年度実績:7,806
  • 平成22年度達成率:111.5%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

市内中学校の開催希望に応じて実施し、目標を達成できた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

より満足度の高い教室にするため、講師を依頼する産婦人科医・助産師と学校側と講義内容、評価について検討していく必要がある。

事業No.:61

  • 事業名:思春期相談
  • 担当課:保健予防課

目標指標:開催回数(回)

  • 平成22年度目標数値:3
  • 平成22年度実績:2
  • 平成22年度達成率:66.7%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

各健康づくり課に事業の市民向け紹介用のちらしを作成して置く、広報などの事業の掲載を行い、市民への周知に取り組んだ。結果、思春期相談枠はもちろんのこと、医師への説明や協力を得て、一般相談枠での思春期相談に取り組むようになってきている。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

引き続き、市民への事業の周知を図ると共に、思春期相談枠を特設せず、一般相談枠でも思春期の相談が受けられるよう医師への理解・協力を図っていく。

事業No.:62

  • 事業名:ひきこもり家族教室
  • 担当課:精神保健福祉センター

目標指標:参加者数(人)

  • 平成22年度目標数値:70
  • 平成22年度実績:138
  • 平成22年度達成率:197.1%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

ひきこもり対策を推進していくため、より一層の充実を図っていく。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

事業の評価を「ひきこもり地域支援センター企画検討委員会」で行い、事業の方向性を引き続き協議して事業を推進する。事業の性質から目標数値を見直すことはしないが、参加者が増えても対応はしていく。

事業No.:63

  • 事業名:ひきこもり相談
  • 担当課:精神保健福祉センター

目標指標:相談者数(人)

  • 平成22年度目標数値:96
  • 平成22年度実績:92
  • 平成22年度達成率:95.8%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

ひきこもり対策を推進していくため、より一層の充実を図っていく。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

事業の評価を「ひきこもり地域支援センター企画検討委員会」で行い、事業の方向性を引き続き協議して事業を推進する。

事業No.:64

  • 事業名:小児救急医療体制の強化事業 【重点】
  • 担当課:健康医療課

目標指標:指標なし

  • 平成22年度目標数値:-
  • 平成22年度実績:-
  • 平成22年度達成率:-

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

保健医療審議会にて小児救命救急センターの設置について検討を行ったが、浜松市では救急医療体制がすでに構築されており、小児医療救急については現状の医療体制でいく結果となった。また、小児初期救急医療について現状、問題点等の審議したが、継続的に審議することとなった。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

保健医療審議会にて継続して審議していく。

事業No.:65

  • 事業名:夜間救急小児科医師配置事業
  • 担当課:健康医療課

目標指標:0歳から15歳までの夜間救急室受診者数(人)

  • 平成22年度目標数値:8,000
  • 平成22年度実績:9,728
  • 平成22年度達成率:121.6%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

夜間救急室における小児医師配置はすでに実施されている。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

夜間救急室における小児医師配置を行う。

事業No.:66

  • 事業名:障害者(児)歯科保健医療事業
  • 担当課:健康医療課

目標指標:延受診者数(人)

  • 平成22年度目標数値:1,800
  • 平成22年度実績:2,281
  • 平成22年度達成率:126.7%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

障がい者歯科診療の患者数と、障がい者施設健診・保健指導の受診者数がともに増加し、事業が順調に実施できた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

障がい者歯科診療の患者数と、障がい者施設健診・保健指導の受診者数の増加に伴い、23年度以降の目標値を増加する。

事業No.:67

  • 事業名:乳幼児医療費助成事業
  • 担当課:子育て支援課

目標指標:助成延件数(件)

  • 平成22年度目標数値:750,000
  • 平成22年度実績:756,527
  • 平成22年度達成率:100.9%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

目標を上回る実績を示していることは、病気にかかった乳幼児が多いことを示している。受診は早期治療に繋がるものであり、保護者の経済的な負担を軽減させており、乳幼児の健やかな育成に貢献していると考える。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

年度により流行する疾病で実績が変動するため、評価を難しくしている。引き続き、乳幼児の早期治療を促していく。

事業No.:68

  • 事業名:母子医療費等支援事業
  • 担当課:健康増進課

目標指標:小児慢性特定疾患・未熟児養育医療・身体障害児育成医療給付の合計承認件数(件)

  • 平成22年度目標数値:1,337
  • 平成22年度実績:630
  • 平成22年度達成率:47.1%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

指定医療機関を通じ医療意見書が多く出され、申請者があり事業自体は定着してきている。
「小児慢性」の更新時期が変更になったことに伴い、承認件数は少なくなった。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

乳幼児医療費助成制度と小・中学生医療費助成制度との連携を保ちつつ、特に小児慢性特定疾患医療・育成医療の市民利用促進に努めていく。

事業No.:69

  • 事業名:小・中学生医療費助成事業 【重点】
  • 担当課:子育て支援課

目標指標:指標なし

  • 平成22年度目標数値:-
  • 平成22年度実績:-
  • 平成22年度達成率:-

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

平成20年度から実施している入院医療費の助成に加え、平成22年度からは、通院も含め助成内容を拡充し、近年社会問題化している救急医療の疲弊やコンビニ受診の問題などにも配慮するため、診療時間内の受診を助成の対象とし、小・中学生に対する医療費助成を開始した。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

乳幼児から本制度の助成対象に移行する新小学1年生に対し、受給者証を交付するとともに確実に制度周知を行い、子どもの疾病の早期発見・早期治療やケガの早期処置に繋がるよう、事業の普及を図っていく。

事業No.:70

  • 事業名:特定不妊治療費助成事業
  • 担当課:健康増進課

目標指標:治療費の助成件数(件)

  • 平成22年度目標数値:820
  • 平成22年度実績:1,055
  • 平成22年度達成率:128.7%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

事業内容が市民に広く周知され、申請の際、所得制限撤廃の影響もあり申請者数が急増している。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

医療保険が適用されず、高額の医療費がかかる配偶者間の特定不妊治療への経済的な援助を引き続き行うことを目的として市民の相談にものり、気軽に申請できる体制づくりを目指す。

←浜松市次世代育成支援(後期)行動計画へ戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所こども家庭部次世代育成課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2795

ファクス番号:053-457-2039

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?