緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

平成22年度実績報告1

平成22年度に実施された164の各種事業評価(事業実績)をご報告します。

(1)地域社会における子育て支援

事業No.:1

  • 事業名:母子訪問指導事業
  • 担当課:健康増進課

目標指標:延指導人数(人)

  • 平成22年度目標数値:19,500
  • 平成22年度実績:26,956
  • 平成22年度達成率:138.2%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

母子訪問指導事業の訪問件数は増加傾向で達成できた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

今後も母子訪問指導事業を予定通り継続していく。また、こんにちは赤ちゃん事業では生後4か月までの全戸訪問を目指す。

事業No.:2

  • 事業名:養育支援訪問事業
  • 担当課:子育て支援課

目標指標:指標なし

  • 平成22年度目標数値:-
  • 平成22年度実績:-
  • 平成22年度達成率:-

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

母子健康手帳の交付時の情報から、母子保健分野と家庭児童相談室とで早期にアセスメントを行い、出産退院後の養育支援の体制を整えることができた。家事援助のニーズの高い家庭にはヘルパー派遣も行い養育環境の整備に役立った。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

親族等のインフォーマルサポートが困難な家庭が増え、フォーマルサービスの必要性を早期に判断する必要がある。虐待等による死亡率の高い乳児家庭の支援方法の判断については、要保護児童対策地域協議会と連携して適確に実施していく必要がある。

事業No.:3

  • 事業名:保育ママ事業
  • 担当課:天竜区 社会福祉課

目標指標:指標なし

  • 平成22年度目標数値:-
  • 平成22年度実績:-
  • 平成22年度達成率:-

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

保育園のない地域で子どもの数も急激に減少しているが、緊急時のみならず、保護者の就労による利用が少しではあるが伸びている。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

保育ママを利用する保護者のニーズも多様化しており、いろいろなケースに対応できるよう、保育ママの資質の向上や諸問題の検討等のため研修会への参加を促す。

事業No.:4

  • 事業名:ファミリー・サポート・センター事業 【特定】
  • 担当課:子育て支援課

目標指標:延援助件数(件)

  • 平成22年度目標数値:11,720
  • 平成22年度実績:9,204
  • 平成22年度達成率:78.5%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

西区と北区の一部では、サービスを提供する側のまかせて会員、どっちも会員が少ないため、会員の確保が課題となっているが、今のところ利用者のニーズには対応できている。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

会員登録講習会の内容に、障がいのある子への対応に関する講義を追加するとともに、会員数が少ない西区や北区の方が参加しやすいように講習会を西区で開催する。また、会員に対するフォローアップ講座では、実践的なフォローが出来る内容の講座を実施し、資質の向上を図る。

事業No.:5

  • 事業名:放課後児童健全育成事業 【特定】
  • 担当課:次世代育成課

目標指標1:開設か所数(か所)

  • 平成22年度目標数値:90
  • 平成22年度実績:91
  • 平成22年度達成率:101.1%

目標指標2.:定員数(人)

  • 平成22年度目標数値:3,855
  • 平成22年度実績:3,895
  • 平成22年度達成率:101.0%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

放課後児童会の開設箇所数及び定員の拡充が施設整備等により、計画通り事業推進ができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

より多くの定員拡充に向けて、目標値の達成とともに各年度内での柔軟な対応をすることで少しでも待機児童の受入れを心がける。

事業No.:6

  • 事業名:子育て支援短期利用事業(ショートステイ事業) 【特定】
  • 担当課:子育て支援課

目標指標:実施か所数(か所)

  • 平成22年度目標数値:6
  • 平成22年度実績:6
  • 平成22年度達成率:100.0%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

児童の養育が一時的に困難になった家庭の児童または緊急一時的に保護を必要とする母子等の支援をすることができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

2歳未満の乳幼児を預かることができる施設が少ないので、新たな受入れ先の確保に努めていく。

事業No.:7

  • 事業名:子育て支援短期利用事業(トワイライトステイ事業) 【特定】
  • 担当課:子育て支援課

目標指標:指標なし

  • 平成22年度目標数値:-
  • 平成22年度実績:-
  • 平成22年度達成率:-

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

子育て支援短期利用事業(ショートステイ事業)にて補完しているため、トワイライトステイ事業は実施しない。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

子育て支援短期利用事業(ショートステイ事業)にて補完しているため、トワイライトステイ事業は平成
23年度以降も実施しない。

事業No.:8

  • 事業名:病児・病後児保育事業 【特定】
  • 担当課:保育課

目標指標:実施施設数(か所)

  • 平成22年度目標数値:5
  • 平成22年度実績:5
  • 平成22年度達成率:100.0%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

目標通りに5か所で実施することができた。また、需要が高い病児保育についても2か所で実施することができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

最も人口が多い中区に実施施設がないため、中区への新規開設や、より一層の利用促進を図るため、周知に努める必要がある。

事業No.:9

  • 事業名:一時預かり事業 【特定】
  • 担当課:保育課

目標指標1:実施保育所数(園)

  • 平成22年度目標数値:84
  • 平成22年度実績:84
  • 平成22年度達成率:100.0%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

目標通り一時預かりの受入体制を整えることができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

引き続き、緊急的な一時預かり需要に対応するため受入体制を整える。通常保育事業の定員増を行っているため、今後の需要動向を見極める。

目標指標2.:延利用日数(日曜日)

  • 平成22年度目標数値:47,700
  • 平成22年度実績:67,665
  • 平成22年度達成率:141.9%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

保護者の育児疲れの解消や急病等、緊急的な一時預かり需要に対応することができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

保育士の配置状況や施設規模により受入が困難な場合もあるため、「利用したいときにいつでも利用できる」一時預かりの受入体制を整える必要がある。

事業No.:10

  • 事業名:特定保育事業 【特定】
  • 担当課:保育課

目標指標:指標なし

  • 平成22年度目標数値:-
  • 平成22年度実績:-
  • 平成22年度達成率:-

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

本市においては事業実施していない。ただし、特定保育事業の対象となる保育に欠ける要件の低い児童については、一時預かりで対応することができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

事業に関し国の動向を見極める必要がある。

事業No.:11

  • 事業名:公立幼稚園における預り保育事業 【重点】
  • 担当課:教育総務課、指導課

目標指標:預かり保育実施園数(園)

  • 平成22年度目標数値:18
  • 平成22年度実績:18
  • 平成22年度達成率:100.0%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

新たに1園(白脇幼稚園)で預かり保育を実施した。子育て支援につながっている。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

平成23年度から、新たに1園(可美幼稚園)で預かり保育を実施する。保護者の子育て不安の解消を図っていく。

事業No.:12

  • 事業名:地域子育て支援拠点事業 【特定】
  • 担当課:子育て支援課、次世代育成課

目標指標:常設のつどいの場実施か所数(か所)

  • 平成22年度目標数値:29
  • 平成22年度実績:29
  • 平成22年度達成率:100.0%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

地域子育て支援拠点事業に関する事業の再編を行うにあたり、事業の指針となるガイドラインを作成し、新たに実施する子育て支援ひろば事業の開設準備をおこなった。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

地域子育て支援拠点事業に関する事業の再編を行い、平成23年度から新たに子育て支援ひろば事業を開設し、事業を充実させていく。

事業No.:13

  • 事業名:子育て情報センター運営事業
  • 担当課:子育て支援課

目標指標:指標なし

  • 平成22年度目標数値:-
  • 平成22年度実績:-
  • 平成22年度達成率:-

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

子育て情報センターの研修室で、定期的な講座が開催されたため、貸室の利用率が向上した。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

引き続き子育て支援に関係する団体やサークルに子育て情報センターの利用について広報し、利用率の向上を図っていく。

事業No.:14

  • 事業名:子育て情報ネットワーク事業
  • 担当課:子育て支援課

目標指標:ホームページのアクセス件数(件)

  • 平成22年度目標数値:418,000
  • 平成22年度実績:538,728
  • 平成22年度達成率:128.9%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

安心こども基金を活用し、子育て情報ホームページに転入者に対する情報提供の項目を追加し、利便性を向上させた。内容を頻繁に更新することで、アクセス数を維持している。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

子育て情報ホームページの内容を随時、評価検証し、市民のニーズに合った新しい情報を提供していく。平成23年度は、施設紹介について、内容を充実していく。

事業No.:15

  • 事業名:しずおか子育て優待カード事業
  • 担当課:子育て支援課

目標指標:指標なし

  • 平成22年度目標数値:-
  • 平成22年度実績:-
  • 平成22年度達成率:-

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

事業の継続に伴い、新しいカードを18歳未満の子どもがいる全世帯に配布したため、事業の認知度が上がり、その結果、協賛店舗の増加につながった。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

引き続き、事業の普及、啓発に努め、協賛店舗の拡充と、カードの利用を促進し、子育て家庭を地域、企業、行政が一体となって応援する気運を醸成していく。

事業No.:16

  • 事業名:すこやかキッズフェスティバル
  • 担当課:天竜区 社会福祉課

目標指標:延参加者数(人)

  • 平成22年度目標数値:550
  • 平成22年度実績:450
  • 平成22年度達成率:81.8%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

各保育園・幼稚園との調整を図り、開催時期を10月に変更したので多くの参加者があり、概ね計画通り進めることができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

地域や保育園・幼稚園との連携をさらに強め、魅力ある事業の実施に努めるが、少子化が進んでいる地域のため22年度の実績を元に目標を見直す。

事業No.:17

  • 事業名:通常保育事業 【重点】 【特定】
  • 担当課:保育課

目標指標:入所児童数(人)

  • 平成22年度目標数値:8,670
  • 平成22年度実績:9,411
  • 平成22年度達成率:108.5%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

既存保育所の増改築により定員増を図り、増加する保育需要に対応することができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

特定の地域、年齢に入所申込みが集中するなど課題があり、現在まで待機児童の解消は図られていない。今後においても、引き続き増加する保育ニーズに対応するため、検討を行う必要がある。

事業No.:18

  • 事業名:保育ママ事業 (No.3の再掲)
  • 担当課:天竜区 社会福祉課

事業No.:19

  • 事業名:認定こども園事業 【重点】
  • 担当課:保育課

目標指標:施設数(か所)

  • 平成22年度目標数値:1
  • 平成22年度実績:1
  • 平成22年度達成率:100.0%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

目標通りの施設数で実施することができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

幼保連携型認定こども園の設置を推進するため、私立幼稚園等に対し、制度の周知や認定こども園化に向けた働きかけを積極的に行う必要がある。

事業No.:20

  • 事業名:公立幼稚園における預り保育事業 【重点】 (No.11の再掲)
  • 担当課:教育総務課、指導課

事業No.:21

  • 事業名:延長保育事業 【特定】
  • 担当課:保育課

目標指標:1実施保育所数(園)

  • 平成22年度目標数値:81
  • 平成22年度実績:81
  • 平成22年度達成率:100.0%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

需要がない一部地域を除いて、ほとんどの園で延長保育を実施することができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

引き続き、需要のない一部地域を除き実施を継続する必要がある。

目標指標:2利用児童数(人)

  • 平成22年度目標数値:3,200
  • 平成22年度実績:3,280
  • 平成22年度達成率:102.5%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

就労形態の多様化や女性の就労時間の長時間化など、保護者の延長保育需要に対応することができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

保護者の延長保育需要や子どもへの負担等を考慮しながら、現在の体制を維持していく。

事業No.:22

  • 事業名:休日保育事業 【特定】
  • 担当課:保育課

目標指標:1実施保育所数(園)

  • 平成22年度目標数値:3
  • 平成22年度実績:3
  • 平成22年度達成率:100.0%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

目標通り3か所で実施することができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

日曜・祝日に保育に欠ける児童の推移を見極め、適切な需要の把握に努める必要がある。

目標指標:2利用児童数(人)

  • 平成22年度目標数値:50
  • 平成22年度実績:39
  • 平成22年度達成率:78.0%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

日曜・祝日においても、保育に欠ける児童の受入体制を整えることができたが、利用児童数については目標を達成することができなかった。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

日曜・祝日に保育に欠ける児童の推移を見極め、適切な需要の把握に努める必要がある。

事業No.:23

  • 事業名:夜間保育事業 【特定】
  • 担当課:保育課

目標指標:指標なし

  • 平成22年度目標数値:-
  • 平成22年度実績:-
  • 平成22年度達成率:-

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

一部の認証保育所において実施しているが、認可保育所では実施していない。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

認可保育所での事業実施については、需要の動向や、子どもへの負担等を考慮しながら、実施の可能性について検討する必要がある。

事業No.:24

  • 事業名:病児・病後児保育事業 【特定】(No.8の再掲)
  • 担当課:保育課

事業No.:25

  • 事業名:障害児保育事業
  • 担当課:保育課

目標指標:入所児童数(人)

  • 平成22年度目標数値:287
  • 平成22年度実績:281
  • 平成22年度達成率:97.9%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

入所児童数は目標に満たなかったものの、保育所と調整を行い保育に欠ける障がいのある児童の受入が図られるよう対応することができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

障害児の保育所での受け入れについて、集団保育の中での対応等に多くの課題も発生している。今後においては、保育士の資質、能力の向上を図る研修やサポート体制の整備、助成のあり方等、検討を行う必要がある。

事業No.:26

  • 事業名:放課後児童健全育成事業 【特定】(No.5の再掲)
  • 担当課:次世代育成課

事業No.:27

  • 事業名:幼児教育振興アクションプログラム事業
  • 担当課:指導課

目標指標:指標なし

  • 平成22年度目標数値:-
  • 平成22年度実績:-
  • 平成22年度達成率:-

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

21年度に作成したアクションプログラムの実施・検証を行った。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

22~26年度までの5か年計画で、実施・検証を行っていく。

事業No.:28

  • 事業名:認証保育所運営費助成事業 【重点】
  • 担当課:保育課

目標指標:定員数(人)

  • 平成22年度目標数値:1,200
  • 平成22年度実績:1,222
  • 平成22年度達成率:101.8%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

目標とした定員を上回ることができた。また、立入を行う際には、保育内容等の指導も細かく行い保育水準の向上と入所児童の処遇改善も図ることができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

安定的な園運営を図るために、助成制度の継続だけでなく、広くPRに努め、より一層の利用促進を図る必要がある。

事業No.:29

  • 事業名:市立保育園のサービス評価の実施
  • 担当課:保育課

目標指標:実施保育所数(園)

  • 平成22年度目標数値:3
  • 平成22年度実績:3
  • 平成22年度達成率:100.0%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

年3園ずつ計画的に実施することができた。保育サービスについて、第三者機関による客観的な評価を踏まえ、保育内容の見直しや改善を行うとともに、評価結果を一般に公表することで、保育所選択の際の参考を示すことができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

今後においても、計画的にサービス評価を実施し、保育内容の見直しや改善を行う。

事業No.:30

  • 事業名:子育て情報センター運営事業 (No.13の再掲)
  • 担当課:子育て支援課

事業No.:31

  • 事業名:子育て情報ネットワーク事業 (No.14の再掲)
  • 担当課:子育て支援課

事業No.:32

  • 事業名:養育支援訪問事業 (No.2の再掲)
  • 担当課:子育て支援課

事業No.:33

  • 事業名:保健・福祉ガイドブックの作成
  • 担当課:福祉総務課

目標指標:配付部数(部)

  • 平成22年度目標数値:11,000
  • 平成22年度実績:11,000
  • 平成22年度達成率:100.0%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

保健・福祉サービスについて広く市民に紹介し、制度内容や窓口の周知及び利用促進を図ることができた。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

継続して事業を実施していく。

事業No.:34

  • 事業名:放課後児童健全育成事業 【特定】(No.5の再掲)
  • 担当課:次世代育成課

事業No.:35

  • 事業名:童館運営事業
  • 担当課:次世代育成課

目標指標:1館延利用者数(人)

  • 平成22年度目標数値:14,500
  • 平成22年度実績:10,045
  • 平成22年度達成率:69.3%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

子育て中の保護者にコミュニケーションの場を提供するとともに、絵本の読み聞かせや手遊び等のイベントを実施し、乳幼児の健やかな成長の手助けをした。小学生は、いつでも必要なときに利用でき、放課後の居場所及び異年齢間の児童の交流の場となっていることから、地元での必要性が高くなっている。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

地域に根ざした施設として、運営委員を中心に利用者数増加のPRに努めたい。

事業No.:36

  • 事業名:移動児童館事業
  • 担当課:天竜区 社会福祉課

目標指標:1実施回数(回)

  • 平成22年度目標数値:20
  • 平成22年度実績:17
  • 平成22年度達成率:85.0%

目標指標:2延参加者数(人)

  • 平成22年度目標数値:240
  • 平成22年度実績:163
  • 平成22年度達成率:67.9%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

親子が触れ合える製作、手あそびなどを実施した。実施回数はほぼ達成できたが、延べ参加者は昨年度実績とほぼ同じであったものの目標は下回った。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

引き続き「おたより」などにより事業周知すると共に、実施内容において類似事業との差別化を図ることにより、参加者が次も参加したいと思う事業を目指す。少子化が進んでいる地域のため22年度の実績を元に目標を見直す。

事業No.:37

  • 事業名:なかよし館運営事業
  • 担当課:次世代育成課

目標指標:1館あたり平均利用者数(人)

  • 平成22年度目標数値:5,500
  • 平成22年度実績:7,748
  • 平成22年度達成率:140.9%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

子育て中の保護者にコミュニケーションの場を提供するとともに、絵本の読み聞かせや手遊び等のイベントを実施し、乳幼児の健やかな成長の手助けをした。小学生には、放課後の居場所及び異年齢間の児童の交流の場となった。
民間への業務委託することで、2名のスタッフを常勤させることが可能となり、市民へのサービスの向上はもとより利用者へのPR強化を図った。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

目標値は達成しているが、より一層の利用者増加のPRに努めたい。

事業No.:38

  • 事業名:浜松こども館運営事業
  • 担当課:次世代育成課

目標指標:延利用者数(人)

  • 平成22年度目標数値:210,000
  • 平成22年度実績:183,000
  • 平成22年度達成率:87.1%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

22年度においては、入館見込数が20万人以下となり、2年連続で目標を下回った。
下半期に来館者数の確保やこども館を盛り上げるための対策を考え、利用者のニーズや昨今の社会環境に応じて保護者支援事業を始めたり、広報展開を工夫し力を入れたりし、回復に努めてきており、効果が徐々に表れてきている。

担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

こども館の運営方針に沿って、利用者のニーズに応じた事業内容の見直しや新規事業の展開、ボランティア等との協働による事業実施や管理運営により、23年度には21万人の目標入館者数の達成を目指す。
また、利用者アンケートの実施や運営アドバイザーの助言・指導等により、管理運営の見直しや課題の解決を図る。

事業No.:39

  • 事業名:青少年の家運営事業
  • 担当課:次世代育成課(青少年の家)

目標指標:施設利用人数(人)

  • 平成22年度目標数値:40,000
  • 平成22年度実績:48,047
  • 平成22年度達成率:120.1%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

4月にリニューアルオープンし、利用者数は目標を上回った。23年度から指定管理制度を導入するが、引き続き青少年の健全育成に努めていく。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

23年度以降は指定管理者により運営を実施していくが、引き続き事業の実施状況について指定管理者から報告等を受け、内容について助言・指導していく。

事業No.:40

  • 事業名:子ども会連合会支援事業
  • 担当課:次世代育成課(青少年の家)

目標指標:指標なし

  • 平成22年度目標数値:-
  • 平成22年度実績:-
  • 平成22年度達成率:-

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

地域に根付いた子ども会活動に補助することで、子どもたちの豊かな人間形成、地域の大人との交流促進及び地域の防犯にも寄与できたものと考える。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

今後も補助を継続していくとともに、指導者への育成プログラムの紹介や広報支援などの側面サポートにより活動を支援していく。

事業No.:41

  • 事業名:ボーイ・ガールスカウト支援事業
  • 担当課:次世代育成課(青少年の家)

目標指標:指標なし

  • 平成22年度目標数値:-
  • 平成22年度実績:-
  • 平成22年度達成率:-

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

次世代を担う青少年を育成することを目的とするボーイ・ガールスカウト活動に支援できたと考える。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

今後も補助を継続していくとともに、情報提供や広報支援などの側面サポートにより活動を支援していく。

事業No.:42

  • 事業名:地域(中学校区)青少年健全育成会事業 【重点】
  • 担当課:次世代育成課(青少年育成センター)

目標指標:事業実施中学校区(校区)

  • 平成22年度目標数値:48
  • 平成22年度実績:48
  • 平成22年度達成率:100.0%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

48中学校区の全ての地域青少年健全育成会が、それぞれの地域の課題にあわせて計画した各事業を実施することができました。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

地域青少年健全育成会間の情報交換や事例研修を充実させることで、各地域青少年健全育成会の事業をさらに活性化させてまいります。

事業No.:43

  • 事業名:青少年支援体験活動事業
  • 担当課:次世代育成課(青少年育成センター)

目標指標:体験活動の実施を目標にかかわりを持った人数(実人数)

  • 平成22年度目標数値:30
  • 平成22年度実績:35
  • 平成22年度達成率:116.7%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

相談を受付けた人数は、35人に達しましたが、実際に体験活動実施まで至った人数は19人でした。20歳未満の青少年を対象としていますが、中学卒業者については無報酬の体験活動になかなか結びついていません。体験活動につながった青少年については、本人・保護者・学校等が連携して取り組んでいくことが必要です。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

地域コーディネーターの増員を図り、支援が必要と思われる青少年の洗い出しを進めます。中学卒業者については相談時に就労関係の窓口と連携し、将来的に就労へつなげていくための展望を持ちながら、体験活動に取り組んでまいります。

事業No.:44

  • 事業名:民間放課後児童クラブ運営費補助事業
  • 担当課:次世代育成課

目標指標:指標なし

  • 平成22年度目標数値:-
  • 平成22年度実績:-
  • 平成22年度達成率:-

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

民間放課後児童クラブは、公設の放課後児童健全育成を補完していることから、当該クラブへ補助することにより、児童の処遇を安定させるとともに放課後児童健全育成事業の充実を図った。前年度に引き続き、補助申請及び実績報告に対する内容を審査し、補助する。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

民間放課後児童クラブは、公設の放課後児童健全育成を補完している。当該クラブへ補助することにより、児童の処遇を安定させるとともに放課後児童健全育成事業の充実を図れるため、前年度に引き続き補助する。

事業No.:45

  • 事業名:母親クラブ事業
  • 担当課:三ケ日地域自治センター地域生活課、天竜区社会福祉課

目標指標:会員数(人)

  • 平成22年度目標数値:105
  • 平成22年度実績:81
  • 平成22年度達成率:77.1%

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

会員数の減少は進んでいるが、子育てに関する学習、社会参加活動、各種交流会などは積極的に実施されている。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

区の地域力向上事業の委託事業として実施していく。
児童数の減少等により会員の確保は難しいが、現在の規模を維持できるよう努めるとともに、時代に合った組織作りをクラブと共に検討していく。

事業No.:46

  • 事業名:児童遊園地整備費補助金事業
  • 担当課:次世代育成課

目標指標:指標なし

  • 平成22年度目標数値:-
  • 平成22年度実績:-
  • 平成22年度達成率:-

【担当課における平成22年度の分析・評価コメント】

町立(自治会立)である児童遊園地の整備に対して自治会の要望に沿って補助を実施できたものと考えている。

【担当課における23年度以降に向けての改善策や目標値の見直しに関するコメント】

今後も補助を継続して、児童の健全育成の場として整備、修繕等に対応していく。

←浜松市次世代育成支援(後期)行動計画へ戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所こども家庭部次世代育成課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2795

ファクス番号:053-457-2039

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?