緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

平成20年度実績報告

浜松市における特定14事業

次世代育成支援行動計画の中で、特に重点的に進めるべき事業として国が目標値の設定を義務付けた14事業です。

ファミリー・サポート・センター事業【子育て支援課】

目標:援助件数7,595件実績:11,486件達成率:151.2%

子育てしやすい環境づくりを図るため、育児の援助を行いたい者と育児の援助を受けたい者が会員となって、地域において育児に関する相互援助活動を支援します。

【評価】
子育てを支援する「まかせて会員」のスキルアップをするため、各区で講習会(10回)を行った。また、交流会(4回)を行い、会員同士の交流を図り、市民の相互援助による子育て支援を促進することができた。援助件数については、目標を大きく上回る実績があり、市民のニーズの高さを把握することができました。

【課題・改善点】
ファミリー・サポート・センターの報酬を見直し、質の高いサポートを確保するとともに、子育てを支援する「まかせて会員」の登録者を拡充し、サービスの充実を図っていきます。

子育て広場事業(つどいの広場事業)【子育て支援課】

目標:延べ利用者数61,880人実績:56,257人達成率:90.9%

公民館等を利用して、子育て中の親子が気軽に集まり交流する場を設け、身近な育児の相談相手として遊びの指導も行い、地域での子育て支援を進めています。

【評価】
子育て中の親子や妊婦が気軽に立ち寄ることのできる子育て広場を開催し、親同士の交流や身近な子育て仲間としての悩みの相談、子どもとの遊び方を伝えていくことにより、孤立化する子育て状況の中での育児不安やストレスからの児童虐待を防ぐ事業を展開してきました。

【課題・改善点】
実施会場の見直しを行い、13会場で開催します。また、効果的な研修等を行いながら、子育て広場支援者の質の確保に努めていくとともに、今後は、地域子育て支援拠点事業の主旨にそった広場事業の展開を検討していきます。

地域子育て支援センター事業【保育課】

目標:事業実施か所数63園実績:71園達成率:112.7%

家庭で子育てをしているお母さん方を支援するため、保育園の専門保育士が育児相談に応じたり、いろいろな催し物を企画し、保育園を開放して交流の場を提供しています。

【評価】
在宅子育て家庭等への相談窓口や情報提供の場として、保育所を中心とした実施施設において園庭開放や育児講座等を行うことができました。また、実施施設を増やすことで、積極的に保護者のニーズに対応できました。

【課題・改善点】
国の事業再編に伴い小規模型が廃止されるため、経過措置が終了する22年度以降の実施方法について検討する必要があります。

通常保育事業【保育課】

目標:保育園数87園実績:85園達成率:97.7%
目標:定員数8,250人実績:8,160人達成率98.9%

保育需要が増大する中で、保育園の新設や定員増を行い、待機児童の解消に取り組んでいます。

【評価】
「待機児童解消5か年計画」に基づいた保育園の新設及び既存保育所の増改築により定員増を図ることができました。

【課題・改善点】
待機児童数は減少傾向にあるものの、現在までに待機児童ゼロの達成は図られていません。需要の掘り起こしや、特定の地域や年齢に申込が集中することなど、新たな課題について検討していく必要があります。

延長保育事業【保育課】

目標:実施保育園数80園実績:81園達成率:101.3%

時差出勤の導入など、保護者の勤務体系の多様化に対応するため、通常保育時間を超えて保育を行います。

【評価】
実施園の増により、保護者の就労形態の多様化や就労時間の長時間化など、延長保育需要に対応することができました。

【課題・改善点】
保護者の延長保育に対するニーズとともに、子どもへの負担等を考慮して事業実施をしていく必要があります。

一時保育事業【保育課】

目標:実施園数82園実績:84園達成率:102.4%

断続的労働や育児疲れ、急病などの場合に、一時的に保育園でお子さんを預かり、保育します。

【評価】
全園で一時保育の受入体制を整え、保護者の育児疲れの解消や急病などの一時保育需要に対応することができました。

【課題・改善点】
保育士の配置状況や施設規模により受入が困難な場合もあるため、「利用したいときにいつでも利用できる」受入体制を整える必要があります。

特定保育事業【保育課】

目標:実施園数2園実績:0園達成率:0.0%

職業訓練、就学、労働などで断続的に家庭保育が困難となるとき、又は週平均3日程度を限度としての保育を必要とするときに保育を行います。

【評価】
待機児童の解消が優先課題であり、当事業は実施していません。しかし、特定保育事業の対象となる保育に欠ける要件の低い児童については、一時保育の弾力的運用(非定型的一時保育)で対応することができました。

【課題・改善点】
当事業の実施については、需要の適切な把握と今後の待機児童数の推移を見極める中で検討していく必要があります。

乳幼児健康支援一時預かり事業(施設型)【保育課】

目標:実施施設数6か所実績:6か所達成率:100.0%

病気回復期にある乳幼児を、保育園等に併設された専用スペースにおいて一時的に預かります。

【評価】
実施施設数の増により、市民の利便性が向上しました。ホームページや広報はままつ等での周知により、利用数が増加しており、事業として定着してきています。

【課題・改善点】
より一層の利用促進を図るため、更なる周知に努めていきます。また、21年度から病後児から病児保育に変更する施設があるため、需要の適切な把握を行い、今後の事業実施に活かしていく必要があります。

乳幼児健康支援一時預かり事業(派遣型)【保育課】

目標:-実績:-達成率:-

病気回復期にある乳幼児の自宅等に看護師等を派遣して、保育を行います。

【評価】
本市においては、病後児保育は施設型で実施をしており、派遣型での実施はしていません。

【課題・改善点】
20年度の国の実施要綱から既に当事業が削除されているため、事業実施の予定はありませんが、国の動向を注視していく必要があります。また、後期行動計画の中での当事業の取扱について検討していきます。

休日保育事業【保育課】

目標:実施園数2園実績:3園達成率:150.0%

保護者の勤務形態の多様化に対応するため、日曜、祝日等に保育に欠ける児童の保育を行います。

【評価】
実施園の増により、日曜・祝日等に安心して利用できる保育環境の提供をし、保護者の多様化する就労形態に対応できました。

【課題・改善点】
今後の実施施設の増については、日曜・祝日等の保育需要を適切に見極める中で検討していく必要があります。

夜間保育事業【保育課】

目標:-実績:-達成率:-

夜間に保護者が就労等により、児童の保育ができない場合に保護者に代わって一部の認証保育所等で夜間保育を実施しています。

【評価】
一部の認証保育所において、事業を実施しましたが、認可保育所では実施していません。

【課題・改善点】
認可保育所での実施の予定はありませんが、保育需要のほか、子どもへの負担等を考慮する中で実施の可能性について検討していきます。

子育て支援短期利用事業(ショートステイ事業)【子育て支援課】

目標:実施か所数4か所実績:5か所達成率:125.0%

保護者が病気になった場合などに児童養護施設等において一時的に児童を短期間預かっています。

【評価】
年度ごとの利用者の実績は概ね10件程度(平成18年度:8世帯、平成19年度:12世帯、平成20年度:9世帯)ですが、緊急の利用等を想定し、2歳児未満の乳幼児の受入れ先を、新たに1か所確保しました。

【課題・改善点】
引き続き、児童を養育することが一時的に困難になった場合や、緊急一時的に母子を保護することが必要な場合等に実施施設において養育、保護を行っていきます。
また、児童相談所等の関連機関や実施施設と情報交換を密に行い、迅速な対応をしていきます。

子育て支援短期利用事業(トワイライトステイ事業)【子育て支援課】

目標:実施か所数0か所実績:0か所達成率:-

保護者が仕事等により帰宅が夜間になる場合や休日の勤務の場合に、児童養護施設等において一時的に児童を預かっています。

【評価】
現在実施していません。

【課題・改善点】
利用者のニーズや社会的な背景、施設の負担等を考慮しながら、事業の実施を検討していきます。

放課後児童健全育成事業【次世代育成課】

目標:放課後児童会の開設か所数78か所実績:80か所達成率:102.6%
目標:定員数3,425人実績:3,495人達成率:102.0%

保護者が仕事等により、昼間家庭にいない児童を対象に、放課後や長期休業期間に小学校の余裕教室等の施設を利用し、家庭的な雰囲気の中で基本的な生活習慣や遊びを通じて自主性、創造性を育む指導を行っています。

【評価】
帰宅しても親が留守の小学生1~3年生を対象として、生活習慣や遊びを通じて自主性・創造性を育む指導を行いました。
また、三ヶ日西小・北小の2ヶ所新設し、箇所数・定員の拡充を図りました。

【課題・改善点】
共働き家庭の増加により、放課後児童会へのニーズはさらに高まってきています。また、未開設校の開設を含め、ニーズの高い地域での拡充が望まれています。
元城小・上島小(第2)・和地小(第2)・伊佐見小(第2)・内野小(第2)を新設し、蒲小についても公民館の管理人室を改修し、定員の拡充に努めました。
(平成21年4月現在、市内85箇所、定員3,700人)

※各事業の内容については、各事業担当課へお問合せください。
※浜松市次世代育成支援行動計画に掲載している全158事業の実績報告については、浜松市役所(4F)次世代育成課、各区社会福祉課(中区こども家庭課)、公民館等で閲覧できます。

←戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所こども家庭部次世代育成課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2795

ファクス番号:053-457-2039

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?