ホーム > 市政情報 > 監査 > 財政援助団体等監査結果 > 財政援助団体等監査結果(平成19年6月8日)

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

財政援助団体等監査結果(平成19年6月8日)

浜松市監査委員告示第5号

地方自治法(昭和22年法律第67号)第199条第7項の規定に基づき出資団体及び公の施設の指定管理者の監査を執行したので、その結果を同条第9項の規定により次のとおり公表する。
平成19年6月8日

浜松市監査委員:飯尾 浩之
浜松市監査委員:鈴木 浩太郎
浜松市監査委員:栁川 樹一郎

財政援助団体等監査結果公表

第1 監査の種類及び対象

1 出資団体監査

(1) 株式会社なゆた浜北

ア 市の出資比率 資本金の78.0%

イ 団体の所管課 浜北総合事務所市民経済部商工課

(2) 財団法人静岡県学校給食会浜松支部

ア 市の出資比率 基本財産の62.2%

イ 団体の所管課 学校教育部指導課

2 公の施設の指定管理者監査

(1) ヤマハ発動機株式会社

ア 管理している公の施設

(ア) 浜松市浜北温水プール
(所管課:浜北総合事務所総務部地域経営課)

(イ) 浜松市北部水泳場
(所管課:文化・スポーツ振興部スポーツ振興課)

(2) 花桃の里地域振興組合

ア 管理している公の施設

(ア) 浜松市天竜花桃の里
(所管課:天竜総合事務所建設経済部商工農政課)

第2 監査の範囲

監査対象団体において、主に平成17年度に執行された出納その他の事務について監査を実施した。

また、団体の当該事務に関する所管課の事務について併せて監査を実施した。

第3 監査の期間

平成19年2月9日から平成19年3月14日まで

第4 監査の方法

監査の対象及び範囲に示した団体の事務及びそれに関する所管課の事務が適正に執行されているかについて、団体ごとに設定した着眼点に基づき、関係書類を抽出により監査するとともに、関係者から説明を聴取した。

第5 監査の結果等

【株式会社なゆた浜北(出資団体)】

1 団体の概要

(1) 設立年月日

平成11年11月4日

(2) 設立目的

株式会社なゆた浜北は、市が浜北駅前に建設した再開発ビル(公共公益施設、商業施設及び住宅を主用途とした複合ビル)「なゆた・浜北」の総合管理運営事業及び市から取得した商業床の賃貸事業を行うことを目的としている。

(3) 事務所の所在地

浜松市浜北区貴布祢3000番地

(4) 組織(平成19年3月14日現在)

  • 役 員 5名 取締役社長 1名 - 取締役 3名  監査役  1名
  • 従業員 3名

(5) 主な事業

ア 浜北駅前再開発ビル並びにその付帯設備の管理及び運営

イ 不動産の賃貸、管理、保有及び運用

ウ 駐車場の管理及び運営

エ 店舗の販売促進に関する企画、調査、研究及び指導

オ 浜松市の設置する公共施設の管理、運営に関する受託業務

(6) 市との関係

市は、浜北駅前に建設した再開発ビル「なゆた・浜北」の総合管理運営事業を行う会社として設立された株式会社なゆた浜北の資本金2億5,000万円のうち1億9,500万円(78.0%)を出資している。また、市は、「なゆた・浜北」内にある図書館、情報プラザ等の公共施設について、株式会社なゆた浜北に警備、清掃等の業務を委託している。

(7) 経営状況等

平成17年度における経営状況は、損益計算書(別表1)のとおりである。
売上高は1億6,052万円で、主として管理受託収入8,762万円、テナント賃貸収入4,206万円である。
売上原価は818万円で、主として管理協議会仕入高702万円である。
売上高から売上原価を差し引いた売上総利益は1億5,234万円である。
販売費及び一般管理費は1億3,628万円で、これによる営業利益は1,605万円となっている。
営業利益に営業外収益43万円及び前期損益修正益等の特別利益939万円を加え、法人税等553万円を差し引いた当期純利益は2,034万円となっており、前期繰越損失1,950万円を合わせた当期未処分利益は84万円となっている。
平成17年度末における財政状態は、貸借対照表(別表2)のとおりである。
資産合計は4億9,135万円で、主として固定資産の土地1億5,357万円、建物1億3,192万円、流動資産の現金及び預金1億267万円である。
負債合計は2億4,051万円で、主として固定負債の長期借入都市開発資金1億4,300万円、電波障害預り金4,506万円、預り敷金3,151万円である。資本合計は、2億5,084万円で、主として資本金2億5,000万円である。

別表1 損益計算書(平成17年4月1日から平成18年3月31日まで)
別表1:損益計算書

別表2 貸借対照表(平成18年3月31日現在)
別表2:貸借対照表

2 監査の主な着眼点

団体の財務関係規程は適正に整備され、出納その他の事務がそれに基づき適正に執行されているか、また、経費節減策は適切に講じられ、効率的な管理受託事業の推進が図られているかを主眼に監査を行った。

3 監査の結果

監査した事務は、おおむね適正に処理されていると認められたが、一部において次のとおり改善を要する事項が見受けられた。所管課においては団体に対する指導・助言を含めて適切な是正措置を講ずるとともに、団体においては所管課の指導・助言に応じた適切な措置を講じられたい。

(1) 浜北総合事務所市民経済部商工課の事務に関する事項

ア 株式会社なゆた浜北は、市等から受託した業務のうち、施設の警備・清掃等の業務を再委託しているが、業者選定に当たっては、市の負担軽減の推進及び透明性の確保を図る観点から、より実効性のある方法を選択するよう指導するとともに、委託契約事務については、団体の再委託の状況を把握する中で、適正に執行されたい。

(2) 株式会社なゆた浜北の事務に関する事項

ア 株式会社なゆた浜北が管理者となっているなゆた・浜北管理協議会の規約の保管場所が建物内に掲示されていないので、建物の区分所有等に関する法律の規定に基づき、見やすい場所に掲示されたい。

イ 市等から受託した業務のうち、施設の警備・清掃等の業務を再委託しているが、業者選定に当たっては、経費節減及び透明性の確保を図る観点から、より実効性のある方法を選択するよう検討されたい。

4 意見

株式会社なゆた浜北は、旧浜北市が施行した浜北駅前市街地再開発事業により平成13年に建設された再開発ビル「なゆた・浜北」の総合管理運営並びに商業床の賃貸を主な業務としている。
平成17年度はこれまでの累損が一掃されたが、平成23年度からは、市及び県から借り入れた都市開発資金の返済が始まることから、収益の確保に積極的に取り組むとともに、委託先等の業者選定方法の見直しを図るなど、今後もより健全な事業運営を推進する中で、一層の経費節減に努め、堅実な経営基盤の確立を図られたい。
また、周辺に大型商業施設の出店が予定されているなど、「なゆた・浜北」を取り巻く環境が変化する中で、にぎわい創出への取組がこれまで以上に求められていることから、市、地元商工会等との連携を図る中で、創意工夫を凝らしたイベントの開催等による一層の集客を図ることで、テナントのサポートに積極的に取り組まれたい。

【財団法人静岡県学校給食会浜松支部(出資団体)】

1 団体の概要

(1) 設立年月日

昭和50年9月1日

(2) 設立目的

財団法人静岡県学校給食会浜松支部は、浜松市立小中学校における給食用物資の適正円滑な供給と学校給食の普及充実を図ることを目的としている。

(3) 事務所の所在地

浜松市中区松城町215番地の25

(4) 組織(運営委員会、平成19年3月14日現在)

  • 構成委員  17名    委員長 1名 - 副委員長 2名 - 委員 14名
  • 事務局職員   6名(うち臨時職員2名)

(5) 主な事業

ア 学校給食用物資の買入れ、売渡しその他供給に関する事業

イ 学校給食の普及充実に関する事業

ウ 学校給食の衛生管理に関する事業

エ 学校給食及び食育に関する情報の収集及び提供に関する事業

(6) 市との関係

市は、浜松市内の市立小中学校における給食用物資の適正円滑な供給と学校給食の普及充実を推進するため、財団法人静岡県学校給食会浜松支部の基本財産3,215万円のうち2,000万円(62.2%)を出捐している。

(7) 収支状況等

平成17年度における収支状況は、収支計算書(別表1)のとおりである。
収入合計は23億2,967万円で、主として給食費収入23億1,792万円である。
支出合計は23億2,724万円で、主として一般商品買入金14億7,603万円、基幹商品買入金8億314万円である。
これにより、当期収支差額(積立金繰入額)は243万円となっている。
平成17年度末における財政状態は、貸借対照表(別表2)のとおりである。
資産合計は4億5,697万円で、主として流動資産の普通預金2億6,634万円、仮払消費税1億1,595万円である。
負債合計は3億5,571万円で、主として流動負債の買掛金1億8,226万円、預り消費税1億1,647万円である。
正味財産(純資産)は1億125万円で、主として積立金の価格調整金積立金3,472万円、運転資金積立金3,359万円である。

別表1 収支計算書(平成17年4月1日から平成18年3月31日まで)
別表1:収支計算書

別表2 貸借対照表(平成18年3月31日現在)
別表2:貸借対照表

2 監査の主な着眼点

団体の財務関係等の諸規程は適正に整備され、出納その他の事務がそれに基づき適正に執行されているか、また、学校給食用物資納入業者の指定方法及び学校給食用物資の価格は適正で、透明性のあるものとなっているかを主眼に監査を行った。

3 監査の結果

監査した事務は、おおむね適正に処理されていると認められたが、一部において次のとおり改善を要する事項が見受けられた。所管課においては団体に対する指導・助言を含めて適切な是正措置を講ずるとともに、団体においては所管課の指導・助言に応じた適切な措置を講じられたい。

(1) 学校教育部指導課の事務に関する事項

ア 市は学校給食に係る調理実技研修会を開催し、使用する食材料費の助成を給食会から受けているが、助成に係る手続が行われていない。また、当研修会の実施主体及び費用負担のあり方についても給食会との間で明確になっていない。研修会の実施主体等のあり方について明確にするとともに、適切な事務処理をされたい。

イ 静岡県学校給食会浜松支部の出納その他の事務の執行において、契約書が作成されていないなどの不適切なものが多く見受けられた。所管課として静岡県学校給食会浜松支部の諸規程及び事務の実態の把握に努め、適正な事務執行の指導をされたい。

(2) 財団法人静岡県学校給食会浜松支部の事務に関する事項

ア 学校給食用物資の購入及び配給は、静岡県学校給食会浜松支部業務方法書で、給食実施校の校長の委嘱を受けて実施するものとしているが、委嘱を受けた事実が記録として残されていない。当業務は、寄附行為に明記された主要業務であり、財務にも大きく影響するものである。業務の発生根拠を記録として残し、適切な事務処理をされたい。

イ 学校調理師会浜松支部補助金等の交付事務について、要綱等が整備されておらず、交付対象及び使途実績を把握していない。また、交付先団体から代理人に受領させる委任状の提出がないにもかかわらず、当該補助金を第三者に支出しているものがある。交付要綱等を整備し交付基準等を明確にするとともに、適切な補助金交付事務をされたい。

ウ 学校給食用物資購入の随意契約について、見積徴収時に指名業者へ予定価格が提示され、契約書に契約印がない。また、入札契約については契約書がないなど、契約事務において不適切なものが多数見受けられた。静岡県学校給食会浜松支部業務方法書に基づき直ちに改善し、適切な契約事務を執行されたい。

エ 臨時職員も含めた複数職員による同一工場への県外視察を毎年行き先を変えて行っているが、報告書において目的及び効果が明確になっていない。また、職員出張旅費の一部を同行した物資納入業者が一時立替払しているなど、業者との関係に透明でない部分がある。出張目的等を明確にし、効率的で効果的な予算執行を図るとともに、透明性を確保されたい。

オ 献立作成委員会等の専門委員に対する費用弁償は、静岡県学校給食会浜松支部役員等の費用弁償規程で浜松市条例によるものとしているが、市条例改正以降も改正前の額が支給され続けている。同規程に基づき直ちに清算手続きをするとともに、適正な会計事務をされたい。

カ 郵券の保管枚数が出納簿の残枚数と一致していない。また、保管場所も適切でないので、適正な財産管理をされたい。

4 意見

財団法人静岡県学校給食会浜松支部は、浜松市立小・中学校から学校給食用物資配給の委嘱を受け、各学校から納付された給食費を基に、本部と連携する中で物資を調達し、各学校に供給している。
学校給食用物資の調達及び供給に当たっては、地産地消に配慮する中で適正価格を維持するとともに、物資の品質管理及び質の向上に引き続き努めることにより、一層良質で安全な物資の確保に取り組まれたい。
また、財団法人静岡県学校給食会浜松支部の運営費のほとんどが児童・生徒の保護者が負担する給食費で賄われていることから、経費の内訳、使途が明確となるよう積極的な情報提供を行うことで、運営費の透明性の確保に努められたい。
なお、市は、学校給食業務の民間委託を平成17年度から一部の学校に導入しており、導入した学校では、給食の調理及び食材である物資の調達・供給を民間業者が行っている。市は、導入の対象とする学校数を今後も計画的に増やす方針であり、平成18年度以降も新たな学校に民間委託が導入されている。
このように、今後において、取り扱う物資の量、金額の減少に伴う運営費の縮小が避けられない状況であることから、財団法人静岡県学校給食会浜松支部においては、運営費の削減に向け、事務処理方法の見直しを図るなど一層の経費節減に努めるとともに、事業計画の適正な進行管理に基づき、業務量を的確に把握する中で、業務量に見合った業務体制の見直しに柔軟に対応されたい。

【ヤマハ発動機株式会社(公の施設の指定管理者)】

1 施設の概要等

浜松市浜北温水プール

(1) 所在地

浜松市浜北区平口5042番地の125

(2) 施設の内容

屋内温水プール

・25mコース4本、子どもプール、リラクゼーションプール、流水プール、採暖室

(3) 指定期間

平成16年4月1日から平成19年3月31日まで(3年間)

(4) 指定管理料(平成17年度)

74,117,359円

(5) 施設使用料の取扱い

市の収入

(6) 指定管理者の主な業務

ア 管理施設の使用料の徴収に関する業務

イ 管理施設等の維持管理に関する業務

ウ 水泳教室等の自主事業の開催

(7) 施設の利用状況

〔平成17年度と平成16年度の比較〕

(単位:人、円)

利用区分

平成17年度(A)

平成16年度(B)

増減
(A)-(B)

利用者数

収入額

利用者数

収入額

利用者数

収入額

当日券(大人)

21,113人

11,594,275円

20,014人

11,007,700円

1,099人

586,575円

当日券(小人)

19,168人

5,744,250円

19,650人

5,895,000円

△482人

△150,750円

回数券(大人)

29,561人

15,600,750円

23,645人

16,588,000円

5,916人

△987,250円

回数券(小人)

9,532人

2,640,000円

6,697人

2,712,000円

2,835人

△72,000円

無料開放(大人)

1,886人

0円

738人

0円

1,148人

0円

無料開放(小人)

2,593人

0円

1,113人

0円

1,480人

0円

83,853人

35,579,275円

71,857人

36,202,700円

11,996人

△623,425円

〔平成18年度と平成17年度の比較〕

(単位:人、円) 

利用区分

平成18年度(4月~12月)
(A)

平成17年度(4月~12月)
(B)

増減
(A)-(B)

利用者数

収入額

利用者数

収入額

利用者数

収入額

当日券(大人)

20,265人

11,045,650円

18,235人

10,023,200円

2,030人

1,022,450円

当日券(小人)

20,675人

6,175,350円

17,696人

5,306,700円

2,979人

868,650円

回数券(大人)

26,527人

12,861,750円

23,532人

12,608,750円

2,995人

253,000円

回数券(小人)

8,613人

2,182,500円

7,925人

2,296,500円

688人

△114,000円

無料開放(大人)

0人

0円

1,886人

0円

△1,886人

0円

無料開放(小人)

0人

0円

2,593人

0円

△2,593人

0円

76,080人

32,265,250円

71,867人

30,235,150円

4,213人

2,030,100円

浜松市北部水泳場

(1) 所在地

浜松市中区高丘西四丁目7番1号

(2) 施設の内容

ア 屋内施設

・温水プール(25mコース6本)、徒歩プール(25mコース3本)、ウォータースライダー

イ 屋外施設

・流水プール、児童プール、ちびっこプール

(3) 指定期間

平成18年4月1日から平成21年3月31日まで(3年間)

(4) 指定管理料(平成18年度)

50,778,000円

(5) 施設使用料の取扱い

指定管理者の収入

(6) 指定管理者の主な業務

ア 管理物件の利用の許可に関する業務

イ 管理物件の使用に係る利用料金の徴収に関する業務

ウ 管理施設の施設及び設備の維持管理に関する業務

エ 水泳教室等の自主事業の開催

(7) 施設の利用状況

〔平成18年度と平成17年度の比較〕

(単位:人、円)

利用区分

平成18年度(4月~12月)
(A)

平成17年度(4月~12月)
(B)

増減
(A)-(B)

利用者数

収入額

利用者数

収入額

利用者数

収入額

個人利用(大人)

43,008人

27,784,625円

42,077人

27,016,750円

931人

767,875円

個人利用(小人)

42,577人

41,005人

1,572人

専用利用

6,179人

856,800円

7,638人

453,300円

△1,459人

403,500円

91,764人

28,641,425円

90,720人

27,470,050円

1,044人

1,171,375円

2 監査の主な着眼点

指定管理者が行うべき業務及びその実施条件は、指定管理者との協定書等において明確となっており、協定書等で定められた業務が適正に履行されているか、また、業務に関する実績報告は、正確かつ適時にされているかを主眼に監査を行った。

3 監査の結果

監査した事務は、おおむね適正に処理されていると認められたが、一部において次のとおり改善を要する事項が見受けられた。所管課においては団体に対する指導・助言を含めて適切な是正措置を講ずるとともに、団体においては所管課の指導・助言に応じた適切な措置を講じられたい。

(1) 浜北総合事務所総務部地域経営課の事務に関する事項

ア 指定管理業務に係る協定書において、指定管理者が行う自主事業の根拠が明確となっていないので、適正な事務処理をされたい。(浜松市浜北温水プール)

(2) ヤマハ発動機株式会社の事務に関する事項

ア 管理運営業務の一部を第三者に委託しているが、書面による市の承諾を得ていないので、指定管理業務に係る協定書に基づき適正な事務処理をされたい。(浜松市浜北温水プール)

イ 施設内の物品販売に使用する領収証用紙に連番が付されていないので、適正な事務処理をされたい。(浜松市浜北温水プール、浜松市北部水泳場)

【花桃の里地域振興組合(公の施設の指定管理者)】

1 施設の概要等

天竜花桃の里

(1) 所在地

浜松市天竜区大川31番地の10

(2) 施設の内容

ア 物産展示販売施設(木造平屋建)

イ 多目的交流施設

ウ 公衆トイレ

(3) 指定期間

平成17年4月1日から平成20年3月31日まで(3年間)

(4) 指定管理料(平成17年度)

なし

(5) 施設使用料の取扱い

指定管理者の収入(平成17年度実績なし)

(6) 指定管理者の主な業務   

ア 物産の展示販売に関する業務

イ 管理施設の使用許可に関する業務

ウ 管理施設の使用に係る利用料金の徴収に関する業務

エ  管理施設等の維持管理に関する業務

(7) 施設の利用状況

〔平成17年度と平成16年度の比較〕

(単位:人、円)

利用区分

平成17年度(A)

平成16年度(B)

増減
(A)-(B)

利用者数

収入額

利用者数

収入額

利用者数

収入額

物産展示販売施設

150,097

73,679,280

133,170

69,999,016

16,927

3,680,264

〔平成18年度と平成17年度の比較〕

(単位:人、円)

利用区分

平成18年度(4月~12月)
(A)

平成17年度(4月~12月)
(B)

増減
(A)-(B)

利用者数

収入額

利用者数

収入額

利用者数

収入額

物産展示販売施設

113,535

54,179,145

119,230

56,552,904

△5,695

△2,373,759

2 監査の主な着眼点

指定管理者が行うべき業務及びその実施条件は、指定管理者との協定書等において明確となっており、協定書等で定められた業務が適正に履行されているか、また、業務に関する実績報告は、正確かつ適時にされているかを主眼に監査を行った。

3 監査の結果

監査した事務は、おおむね適正に処理されていると認められたが、一部において次のとおり改善を要する事項が見受けられた。所管課においては団体に対する指導・助言を含めて適切な是正措置を講ずるとともに、団体においては所管課の指導・助言に応じた適切な措置を講じられたい。

(1) 天竜総合事務所建設経済部商工農政課の事務に関する事項

ア 多目的交流施設の利用について、利用料金のすべてが減免となっているが、減免の基準が明らかでないので、規則、協定書等に明確に定められたい。

イ 指定管理業務に係る協定書及び仕様書に定められた事業報告書の提出期限が守られていない。また、PR計画などの市へ提出すべき書類が提出されていないので、定められた事項の遵守について指導されたい。

(2) 花桃の里地域振興組合の事務に関する事項

ア 施設の開館時間について、浜松市天竜花桃の里条例で、午前8時から午後10時までと定められているが、条例と異なる時間帯で開館しているので、市長の承認を得て適正な管理をされたい。

イ 多目的交流施設の利用について、利用者のほとんどが施設所在地区の組織、団体等となっている。公の施設であるため、広く利用を呼びかけ、施設の有効利用に努められたい。

ウ 指定管理業務に係る協定書及び仕様書に定められた事業報告書の提出期限が守られていない。また、PR計画などの市へ提出すべき書類が提出されていないので、定められた事項を遵守されたい。

監査のトップに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所監査事務局 

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2391

ファクス番号:050-3730-5218

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?