ホーム > 市政情報 > 監査 > 定期監査・行政監査結果 > 定期監査(工事監査)(平成25年5月16日)

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

定期監査(工事監査)(平成25年5月16日)

第1 監査の対象

  1. 平成23年度 浜松市立細江中学校校舎改修工事(建築工事)
  2. 平成23年度 浜松市立細江中学校校舎改修工事(機械設備工事)
  3. 平成24年度 浜松市立内野小学校校舎増築工事(建築工事)
  4. 平成24年度 浜松市立内野小学校校舎増築工事(電気設備工事)
  5. 平成24年度 道整備交付金(全国防災)事業
    (市)大原002号線道路改良工事(第1工区)

第2 監査の期間

平成24年12月11日から平成25年3月18日まで

第3 監査の方法

平成24年度において施工中の工事から5件を抽出し、その計画、設計、施工等が、適切かつ効率的に執行されているか工事関係書類を審査するとともに、工事現場の実地調査を行った。
なお、工事の適正性、安全管理に対する適切な執行等に関する書類審査及び現地調査を公益社団法人大阪技術振興協会に委託し、その意見を参考とした。

第4 監査の結果等

1 平成23年度 浜松市立細江中学校校舎改修工事(建築工事)

工事担当課 都市整備部公共建築課
事業担当課 学校教育部学校施設課
進捗率 70.6%(平成24年12月末日現在)

(1)工事の目的、背景等
本工事は、建築後41年を経過し老朽化が顕著となった普通教室棟及び昇降所の大規模改造工事実施に伴う建設工事一式で、屋上防水、外壁、サッシ等を改修し、学習環境の整備と施設の長寿命化を図ることを目的としている。

(2)工事の概要

工事場所

浜松市北区細江町気賀地内

工事概要

普通教室棟 鉄筋コンクリート造3階建て
建築面積 837.51平方メートル、延べ床面積 2,332.53平方メートル
外壁改修、屋上防水改修、トイレ改修、
サッシ改修、内装改修
昇降所棟 鉄筋コンクリート造2階建て
建築面積 206.55平方メートル、延べ床面積 222.55平方メートル
外壁改修、屋上防水改修、サッシ改修、
内装改修、下駄箱交換
特別教室棟 鉄筋コンクリート造3階建て
建築面積 925.14平方メートル、延べ床面積 2,262.88平方メートル
一部飛散防止フィルム貼り

請負契約金額

192,202,500円

請負人

アサヒハウス工業 株式会社

契約日

平成24年6月5日

工期

平成24年6月6日から平成25年3月8日

契約方法

制限付一般競争入札

(3)設計・契約・施工等の状況

  • ア 新築事例と比較してイニシャルコスト縮減策を検討し、将来的な経費についても、維持保全による長寿命化と建替えとの価値やコストを検討していた。
  • イ 設計基準は、根拠が明確であり適切である。
  • ウ 積算は、適正な単価が採用されており、数量の根拠も明確である。
  • エ 入札及び契約関係書類は、適正に整備されている。
  • オ 施工管理、品質管理、施工監理は、おおむね適正に行われている。
  • カ 施工状況は良好であり、問題となる施工は見当たらない。また、安全管理も適切に行われている。

(4)監査の結果
監査した結果、おおむね適正に処理されていると認められた。
なお、軽易な事項については、その都度、関係者に改善等を指示したので、記述を省略した。

2 平成23年度 浜松市立細江中学校校舎改修工事(機械設備工事)

工事担当課 都市整備部公共建築課
事業担当課 学校教育部学校施設課
進捗率 72.0%(平成24年12月末日現在)

(1)工事の目的、背景等
本工事は、建築後41年を経過し老朽化が顕著となった普通教室棟及び昇降所の大規模改造工事実施に伴う機械設備工事一式で、衛生器具、屋内消火栓、換気設備及び給排水設備等を改修し、学習環境の整備と施設の長寿命化を図ることを目的としている。

(2)工事の概要

工事場所

浜松市北区細江町気賀地内

工事概要

校舎改修に伴う、機械設備工事一式

給水設備工事 一式、排水設備工事 一式、

衛生器具設備工事 一式、換気設備工事 一式、

仮設工事 一式、撤去工事 一式、

屋内消火栓設備工事 一式

請負契約金額

32,497,500円

請負人

株式会社 北伸

契約日

平成24年6月5日

工期

平成24年6月6日から平成25年3月8日

契約方法

制限付一般競争入札

(3)設計・契約・施工等の状況

  • ア 配管材料は環境保全に寄与するため、塩化ビニールを使用していないポリ粉体ライニング管を使用するとともに、リサイクル製品や汎用製品の使用を徹底している。
  • イ 設計基準は、根拠が明確であり適切である。
  • ウ 積算は、適正な単価が採用されており、数量の根拠も明確である。
  • エ 入札及び契約関係書類は、適正に整備されている。
  • オ 施工管理、品質管理、施工監理は、おおむね適正に行われている。
  • カ 施工状況は良好であり、問題となる施工は見当たらない。また、安全管理も適切に行われている。

(4)監査の結果
監査した結果、おおむね適正に処理されていると認められた。
なお、軽易な事項については、その都度、関係者に改善等を指示したので、記述を省略した。

3 平成24年度 浜松市立内野小学校校舎増築工事(建築工事)

工事担当課 都市整備部公共建築課
事業担当課 学校教育部学校施設課
進捗率 29.1%(平成24年12月末日現在)

(1)工事の目的、背景等
本工事は、周辺地域の急速な人口増加に対応すべく、普通教室校舎の増築、職員室の拡張及び既設校舎の改修工事の実施に伴う建築工事一式で、学習環境を整備し、健全な教育環境の確保を図ることを目的としている。

(2)工事の概要

工事場所

浜松市浜北区内野地内

工事概要

増築校舎棟 鉄筋コンクリート造3階建て
建築面積 905.53平方メートル、延べ面積 2,292.21平方メートル
普通教室16室、多目的ルーム2室、昇降口、便所、教材室
増築渡り廊下棟 鉄骨造2階建て
建築面積 80.97平方メートル、延べ面積 80.97平方メートル
その他付帯工事
既存校舎改修(職員室、給食荷受室、会議室、相談室、更衣室)、
附属棟復旧整備(器具庫、圧力タンク室、一輪車置場)、
外構復旧整備(校内通路、遊具、排水側溝、植栽)

請負契約金額

486,150,000円

請負人

株式会社 中村組

契約日

平成24年6月15日

工期

平成24年6月16日から平成25年8月29日

契約方法

制限付一般競争入札

(3)設計・契約・施工等の状況

  • ア 仮設校舎の使用や完成前の部分使用、将来的な間取り変更への対応、太陽光発電の設置など、環境対策を含めたコスト縮減策が検討された設計になっている。
  • イ 設計基準は、根拠が明確であり適切である。
  • ウ 積算は、適正な単価が採用されており、数量の根拠も明確である。
  • エ 入札及び契約関係書類は、適正に整備されている。
  • オ 施工管理、品質管理、施工監理は、おおむね適正に行われている。
  • カ 施工状況は良好であり、問題となる施工は見当たらない。また、安全管理も適切に行われている。

(4)監査の結果
監査した結果、おおむね適正に処理されていると認められた。
なお、軽易な事項については、その都度、関係者に改善等を指示したので、記述を省略した。

4 平成24年度 浜松市立内野小学校校舎増築工事(電気設備工事)

工事担当課 都市整備部公共建築課
事業担当課 学校教育部学校施設課
進捗率 26.9%(平成24年12月末日現在)

(1)工事の目的、背景等
本工事は、周辺地域の急速な人口増加に対応すべく、普通教室校舎の増築、職員室の拡張及び既設校舎の改修工事の実施に伴う電気設備工事一式で、学習環境を整備し、健全な教育環境の確保を図ることを目的としている。

(2)工事の概要

工事場所

浜松市浜北区内野地内

工事概要

増築校舎棟及び渡り廊下増築、既存校舎改修に伴う電気設備工事一式
高圧受変電設備工事、低圧幹線設備工事、
動力設備工事、電灯設備工事、
照明器具設備工事、電話設備工事、
コンセント設備工事、電気時計設備工事、
テレビ共聴設備工事、防排煙設備工事、
太陽光発電設備工事、トイレ呼出表示設備工事、
情報用配管設備工事、自動火災報知設備工事、
災害対策用照明工事 各一式

請負契約金額

69,930,000円

請負人

株式会社 前島電気工業社

契約日

平成24年6月26日

工期

平成24年6月27日から平成25年8月29日

契約方法

制限付一般競争入札

(3)設計・契約・施工等の状況

  • ア 動力及び電灯用にトップランナー変圧器を採用するとともに太陽光発電を採用しており、環境に配慮した設計になっている。
  • イ 設計基準は、根拠が明確であり適切である。
  • ウ 積算は、適正な単価が採用されており、数量の根拠も明確である。
  • エ 入札及び契約関係書類は、適正に整備されている。
  • オ 施工管理、品質管理、施工監理は、おおむね適正に行われている。
  • カ 施工状況は良好であり、問題となる施工は見当たらない。また、安全管理も適切に行われている。

(4)監査の結果
監査した結果、おおむね適正に処理されていると認められた。
なお、軽易な事項については、その都度、関係者に改善等を指示したので、記述を省略した。

5 平成24年度 道整備交付金(全国防災)事業
(市)大原 002号線道路改良工事(第1工区)

工事担当課 土木部北土木整備事務所
進捗率 31.0%(平成24年12月末日現在)

(1)工事の目的、背景等
当該路線は、浜松市北区と浜北区を結ぶ幹線道路として位置付けられ、事業期間は平成20年度から31年度を予定している。工事は全体を2工区に分け、第1工区(L=490m)を平成26年度まで、第2工区(L=630m)を平成27年度から31年度の予定で事業が進められている。現道は2車線が確保されているものの幅員が狭く、歩道もないため通行に支障をきたしている。区境まで浜北新都市土地区画整理事業により4車線道路が整備されているために、当路線を整備することにより東西の交通ネットワークが整備され、地域住民の利便性が向上し、基幹産業を活かした地域の発展を図ろうとするものである。

(2)工事の概要

工事場所

浜松市北区大原町地内

工事概要

施工延長 L=150.4m、道路掘削工 V=10,000立方メートル、
側溝工 L=547m

請負契約金額

79,642,500円

請負人

小笠原マル曻 株式会社

契約日

平成24年9月18日

工期

平成24年9月19日から平成25年3月8日

契約方法

制限付一般競争入札

(3)設計・契約・施工等の状況

  • ア コスト縮減として、埋戻しに現地発生土を流用している。また、環境対策として、セメントの飛散を抑制防止するため、処理防塵型特殊土用固化材を使用している。
  • イ 積算基準により積算され、数量を含めたチェックも所内で審査されている。
  • ウ 入札及び契約関係書類は、適正に整備されている。
  • エ 施工管理、品質管理、施工監理は、おおむね適正に行われている。
  • オ おおむね良好な施工がされており、安全管理も確実に実施されている。

(4)監査の結果
監査した結果、おおむね適正に処理されていると認められた。
なお、軽易な事項については、その都度、関係者に改善等を指示したので、記述を省略した。

定期監査(工事監査)の結果に基づく意見について

地方自治法第199条第10項の規定に基づき、監査の結果に関する報告に添えて、意見を次のとおり提出します。

学校教育部・都市整備部

学校施設課・公共建築課

  1. 平成23年度 浜松市立細江中学校校舎改修工事(建築工事)
    「浜松市公共部門における地域材利用促進に関する基本方針」に基づき、地元産の木材が下地部分において使用されているが、生徒が直接見たり触れたりすることができる部分には使用されていない。地域材の利用促進や、使用者が木材の良さ、環境に対する配慮への理解を深めていく上で、設計段階から地域材の積極的利用を検討されたい。
  2. 平成24年度 浜松市立内野小学校校舎増築工事(建築工事)
    工期は平成25年8月までとなっているが、4月からは1階の普通教室を部分供用する中で、2、3階は引き続き工事が行われる。工事施工にあたっては、作業の進捗状況に十分留意し、児童の安全を最優先とした対策を徹底されたい。

戻る

監査のトップに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所監査事務局 

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2391

ファクス番号:050-3730-5218

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?