ホーム > 市政情報 > 監査 > 定期監査・行政監査結果 > 定期監査(工事監査)(平成23年2月17日)

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

定期監査(工事監査)(平成23年2月17日)

監査の方法

平成22年度において施工中の工事のうち、建築工事及び機械・電気設備工事の4件を抽出し、その計画、設計、施工等が、適切かつ効率的に執行されているか工事関係書類を審査するとともに、工事現場の実地調査を行った。
なお、工事の適正性、安全管理に対する適切な執行等に関する書類審査及び現地調査を社団法人大阪技術振興協会に委託し、その意見を参考とした。

第1 浜松市天竜区役所及び天竜消防署建設工事

工事担当課 建築住宅部公共建築課

事業担当課 天竜区役所区振興課、消防局消防総務課

進捗率 71.53% (平成22年11月30日現在)

1 監査の期間

平成22年11月5日から平成22年12月8日まで

2 工事の概要

工事場所

浜松市天竜区二俣町地内

工事概要

合同庁舎棟

・木造一部RC造2階建 2,518.49平方メートル(延床)

消防署車庫生活棟

・鉄骨造2階建 1,171.79平方メートル(延床)

消防署雑庫棟

・鉄骨造平屋建 167.40平方メートル(延床)

資材倉庫 鉄骨造平屋建 72.00平方メートル(延床)

車寄せ  鉄骨造平屋建 126.45平方メートル(延床)

駐輪場  鉄骨造平屋建 18.55平方メートル(延床)

請負契約金額

1,098,825,000円

請負人

中建・鈴木・竹下特定建設工事共同企業体

契約日

平成21年6月17日

完成期限

平成23年12月20日

契約方法

設計施工随意契約(設計・施工一括発注方式)

3 監査の結果等

(1)工事の目的、背景等

平成17年度の耐震診断及び天井材のアスベスト含有の判明により、建て替えを決定している。また、地元の特産品である木材を使用して、木造一部RC造としている。

(2)設計・契約・施工等の状況

ア 工事コスト縮減については、設計・施工とも確実に実施されている。また、木材を丸太買いすることで、構造材を取った残りの材料を内装材と使用し、イニシャルコストの抑制を図っている。

イ 免震構造を採用しており、地域の拠点施設として必要な耐震性能を保持している。

ウ 実施設計の間に木材の入手を可能にして、自然乾燥の期間を確保することなどから、設計・施工一括発注方式(デザインビルド方式)が採用されている。

エ 施工管理、品質管理、施工監理については、適切に行われている。

オ 各工事とも設計図書に従って進められている。また、工事出来高は、11月30日現在で進捗率71.53%(計画71.56%)であり、順調に進行している。

(3)監査の結果

監査した結果、おおむね適正に処理されていると認められた。
なお、軽易な事項については、その都度、関係者に改善等を指示したので、記述を省略する。

第2 平成21年度五島地区新校建設工事(建築工事)

工事担当課 建築住宅部公共建築課

事業担当課 学校教育部学校施設課

進捗率 95.00% (平成22年11月30日現在) 

1 監査の期間

平成22年11月5日から平成22年12月8日まで

2 工事の概要

工事場所

浜松市南区西島町地内

工事概要

敷地面積 18,401.68平方メートル

・校舎、園舎棟 RC造4階建

建築面積3,360.82平方メートル 延べ面積7,489.22平方メートル

・体育館棟 RC造、S造、木造2階建

建築面積1,303.58平方メートル 延べ面積1,239.35平方メートル

・渡り廊下 RC造一部S造2階建 建築面積33.33平方メートル

・小学校、幼稚園器具庫 RC造平屋建

建築面積83.45平方メートル 延べ面積83.45平方メートル

・プール、グラウンド整備、外構工事一式

請負契約金額

1,480,500,000円

請負人

林工・杉浦・水野特定建設工事共同企業体

契約日

平成21年6月17日

完成期限

平成23年1月31日

契約方法

制限付一般競争入札(総合評価方式簡易型)

3 監査の結果等

(1)工事の目的、背景等

学校規模適正化に伴い、平成16年にPTAと自治会による「新校建設準備会」を設置している。
また、児童数の変化、幼稚園との連携交流等に対応した学校づくりが計画され、浜松産の杉材の利用や雨水利用など、環境に配慮した施設となっている。

(2)設計・契約・施工等の状況

ア イニシャルコストの削減について、設計VEを基本設計時に2回、実施設計時に1回開催し、コスト縮減策を検討している。また、環境対策としては、雨水の雑用水への利用も含め、CASBEE静岡(静岡県建築物環境配慮制度)のAランクに該当しており、良好な設計となっている。

イ 基本設計・実施設計は、適正に整備されており、避難施設としての計画、バリアフリー・ユニバーサルデザインの導入、地震への対応、シックハウス対策等は適切に実施されている。

ウ 入札及び契約関係書類は、適正に整備されている。

エ 施工計画書、使用材料、実施工程表は適正に整備されている。

オ 工事出来高は、11月30日現在で進捗率95.00%(計画95.00%)であり、順調に進行している。

(3)監査の結果

監査した結果、おおむね適正に処理されていると認められた。
なお、軽易な事項については、その都度、関係者に改善等を指示したので、記述を省略した。

第3 平成21年度五島地区新校建設工事(機械設備工事)

工事担当課 建築住宅部公共建築課

事業担当課 学校教育部学校施設課

進捗率 81.00% (平成22年11月30日現在) 

1 監査の期間

平成22年11月5日から平成22年12月8日まで

2 工事の概要

工事場所

浜松市南区西島町地内

工事概要

・給、排水設備工事(木製受水槽、給水ポンプ等一式)

・厨房機器設備工事(ドライシステム厨房器等一式)

・空調機器設備工事(空調機、全熱交換器等一式)

・給湯設備工事一式 ・衛生器具設備工事一式

・消火設備工事一式 ・都市ガス設備工事一式

・空調配管設備工事一式 ・換気機器設備工事一式

・エレベータ設備工事一式 ほか

請負契約金額

264,600,000円

請負人

株式会社ムラコー

契約日

平成21年6月23日

完成期限

平成23年1月31日

契約方法

制限付一般競争入札(総合評価方式簡易型)

3 監査の結果等

(1)設計・契約・施工等の状況

ア 設計基準は、建設設備設計基準(社団法人公共建築協会)を基本とし、浜松市建築設備設計基準等に基づき、適切である。また、積算も、国土交通省の公共工事積算基準(平成21年度版)等に基づいており、適切に実施されている。

イ 契約関係書類は、適正に整備されている。

ウ 施工計画書は、適切に作成されている。また、工種ごとに施工要領書が作成されており、適切である。

エ 現場の施工状況は、設計図書に従って進められている。また、工事出来高は、11月30日現在で、進捗率81.00%(計画81.00%)であり、順調に進行している。

(2)監査の結果

監査した結果、おおむね適正に処理されていると認められた。
なお、軽易な事項については、その都度、関係者に改善等を指示したので、記述を省略した。  

第4 平成21年度五島地区新校建設工事(電気設備工事)

工事担当課 建築住宅部公共建築課

事業担当課 学校教育部学校施設課

進捗率 80.00% (平成22年11月30日現在) 

1 監査の期間

平成22年11月5日から平成22年12月8日まで

2 工事の概要

工事場所

浜松市南区西島町地内

工事概要

・高圧受変電設備工事(トップランナー変圧器等一式)

・電灯幹線設備工事(太陽光発電灯等一式)

・動力幹線設備工事一式 ・電灯、コンセント設備工事一式

・照明器具設備工事一式 ・放送設備工事一式

・AV設備工事一式 ・舞台照明設備工事一式

・音響設備工事一式 ・LAN設備工事一式

請負契約金額

177,450,000円

請負人

大和電気工業株式会社

契約日

平成21年6月23日

完成期限

平成23年1月31日

契約方法

制限付一般競争入札(総合評価方式簡易型)

3 監査の結果等

(1)設計・契約・施工等の状況

ア 設計基準は、建設設備設計基準(社団法人公共建築協会)を基本とするとともに、電気事業法、電気設備技術基準、内線規定等に基づき、適切に行われている。また、積算も、国土交通省の公共工事積算基準(平成21年度版)等に基づいており、適切に実施されている。

イ 契約関係書類は、適正に整備されている。

ウ 施工計画書は、適切に作成されている。また、工種ごとに施工要領書が作成されており、適切である。

エ 工事出来高は、11月30日現在で、進捗率80.00%(計画80.00%)であり、順調に進行している。

(2)監査の結果

監査した結果、おおむね適正に処理されていると認められた。
なお、軽易な事項については、その都度、関係者に改善等を指示したので、記述を省略した。

定期監査(工事監査)の結果に基づく意見について

地方自治法第199条第10項の規定に基づき、監査の結果に関する報告に添えて、意見を次のとおり提出します。

建築住宅部・天竜区役所・学校教育部

公共建築課・区振興課

1 浜松市天竜区役所及び天竜消防署建設工事

浜松市天竜区役所及び天竜消防署建設工事は、多くの箇所に地元木材が使用されているが、今後の公共事業においては、間伐材の有効利用について検討されたい。

公共建築課・学校施設課

1 平成21年度五島地区新校建設工事(建築工事)

4階屋上から外階段へ連絡するアルミ門扉(W=800mm×H1100mm)について、通常は施錠し、児童は通行させないとのことだが、屋上プール使用時等に誤って外階段への転落事故等が起きないよう、学校管理者への指導を含め、落下事故防止策を講じられたい。

「定期監査(工事監査)結果報告」の用語説明

場所

語句

説明

第2 3 (2) ア

設計VE

設計の質を向上させるために、設計段階において目的物の品質を確保し、ライフサイクルを視野に入れて工事費を含むコストを縮減させるための検討手法

第4 2

トップランナー変圧器

CO2を削減する目的で省エネルギーに対応した目標基準値を達成した変圧器を従来品と区別し、普及を図るため、トップランナー変圧器と総称している。

目次へ

監査のトップに戻る 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所監査事務局 

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2391

ファクス番号:050-3730-5218

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?