ホーム > 市政情報 > 監査 > 定期監査・行政監査結果 > 定期監査報告書(工事監査)(平成20年2月20日)

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

定期監査報告書(工事監査)(平成20年2月20日)

浜松市監査委員告示第1号

地方自治法(昭和22年法律第67号)第199条第1項及び第4項の規定に基づき定期監査(工事監査)を執行したので、その結果を同条第9項の規定により次のとおり公表する。

平成20年2月20日

浜松市監査委員:鈴木 幸作
浜松市監査委員:飯尾 浩之
浜松市監査委員:鈴木 浩太郎
浜松市監査委員:栁川 樹一郎

定期監査(工事監査)結果公表

第1 監査対象工事

平成17年度中ポンプ場雨水滞水池建設工事(土木・建築工事)

工事担当課 上下水道部 下水道工事課

進ちょく率 95.0% (9月25日現在)

第2 監査の期間

平成19年9月25日から平成19年9月26日まで

第3 監査の方法

平成19年度において施工中の建設工事のうち、土木・建築工事1件(別記)を抽出して、その計画、設計、施工、監理等が、適切かつ効率的に執行されているか工事関係書類を審査するとともに、工事現場の実地調査を行った。
なお、工事の適正性、安全管理に対する適切な執行等の書類審査及び現地調査を社団法人大阪技術振興協会に委託し、その意見を参考とした。

第4 監査の結果

(1) 上下水道部下水道工事課は、中部処理区合流式下水道緊急改善事業計画に基づき公共用水域(馬込川)の汚濁負荷及び夾雑物の削減を図る目的で、中ポンプ場(合流式)へ雨水滞水池を建設している。

(2) 計画段階で施設検討委員会の設置をし、経済設計の検討や工事費の低減を図るなど、各段階で適切な事業運営を実施している。
また、工事施工や品質管理及び安全管理については、適正な施工監理がされ、無事故・無災害で実施されている。

(3) 設計は、建設地が区画整理事業の教育文化ゾーンに指定されていることから、デザインコンセプト比較表を作成して、地域全体の景観に配慮している。

(4) 事前調査は、過去に近隣工事で1t級の不発弾が発見されたことから、工事の安全性を高めるため土質調査とは別に磁気探査を実施し、適切な対応をしている。

(5) 掘削残土を当初すべて場外処分としていたが、運搬費用及び処理費用の節減のため、隣接する野口公園整備工事の第一次造成土に約3,500?転用し、適切な活用をしている。

第5 指摘事項

監査した結果、おおむね適正に処理されていると認められたが、一部において改善を要する事項が見受けられたので適切な措置を講じられたい。
なお、軽易な事項については、その都度関係者に改善等を指示したので、記述を省略した。

(1) 工期内に更新をした監理技術者等の資格者証及び建設副産物処理受託者の業許可証を確認していないので、点検は遺漏なく実施されたい。

(2) 工事打合せについて、定期的に開催していない。また、協議事項となる検査日の決定や質疑応答、週間工程表による工程報告などの協議記録がないので、工事打合せは定例会議として開催日程を定め、内容についても議事録に残し、請負業者の指導や合理的な施工及び工程管理の定着促進に努められたい。

別記 監査対象工事

工事名

平成17年度中ポンプ場雨水滞水池建設工事(土木・建築工事)

工事場所

浜松市中区中央二丁目地内

工事概要

鉄筋コンクリート造 地上2階建(地下1階)
延床面積 870.63平方メートル

請負契約金額

840,000,000円

請負人

鹿島・山平特定建設工事共同企業体

契約日

平成17年 7月 7日

完成期限

平成20年 2月28日

契約方法

一般競争入札(落札率98.8%)

監査のトップに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所監査事務局 

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2391

ファクス番号:050-3730-5218

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?