緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2021年6月1日

はままつ安全・安心認証店PR補助金に関するよくある質問(FAQ)

【表記方法】

  • 浜松市3密対策事業者支援事業費補助金→旧3密補助金
  • 浜松市飲食店パーテーション設置支援事業費補助金→パーテーション補助金
  • 浜松市飲食店3密対策事業者支援事業費補助金→飲食店3密補助金

事業制度について

Q1 補助対象となるのはどのような事業ですか。

はままつ安全・安心な飲食店認証を取得した飲食店が実施する周知・PRに関する事業です。詳しくは、「要綱第12条の別表に示した経費の具体的な対象事業及び判断基準」(PDF:89KB)をご確認ください。

Q2 はままつ安全・安心な飲食店認証を取得していませんが、申請できますか。

認証を取得してから申請してください。

認証取得を検討される事業者はこちら

Q3 補助率、補助額について教えてください。

補助対象経費の2分の1以内で補助します。上限は30万円です。

Q4 申請期間内であれば、何度でも申請できますか。

上限30万円に達するまでなら何度でも申請できます。

Q5 旧3密補助金で上限の30万円を交付済みですが、申請できますか。

申請できます。ただし、令和3年6月1日以降に契約したものに限ります。

Q6 パーテーション補助金で上限の20万円を交付済みですが、申請できますか。

申請できます。ただし、令和3年6月1日以降に契約したものに限ります。

Q7 飲食店3密補助金で上限の30万円を交付済みですが、申請できますか。

申請できます。ただし、令和3年6月1日以降に契約したものに限ります。

Q8 「新しい生活様式支援天竜材活用事業」にてパーテーションの購入費に対して補助金を交付済みですが申請できますか。

申請内容がパーテーション以外の申請(例:エアコン、扇風機など)であっても申請できません。

Q9 補助対象となる期間はいつからいつまでですか。

令和3年6月1日以降に契約・着手し、令和3年8月31日までに設置・改修が完了、令和3年9月30日までに支払いが完了したものが対象です。なお、新規オープンの店舗に関しては、申請事業が対象期間内に契約・着手、設置・改修が完了したうえで令和3年8月31日までにオープンしていることが条件となります。

Q10 申請はいつまで可能ですか。

郵送の場合、令和3年9月30日(消印有効)です。
WEBでの申請の場合は、令和3年9月30日23時59分59秒までに必要事項を入力し申請が終わっているものが対象です。申請途中で期限がきたものは対象外となります。締め切りぎりぎりで申請することが無いよう、できる限り余裕をもって申請してください。

Q11 個人住民税の「特別徴収」とはなんですか。

事業者が従業員に対して毎月支払う給与から個人住民税(市県民税)を引き去りし、従業員に代わって市町村に納入する制度です。

Q12 特別徴収を行っていない事業所は補助対象外ですか。

従業員の人数が一定以下、給与の支払いが不定期等の理由により、元々特別徴収を行う義務のない事業者であれば補助対象となります。自身の事業所に特別徴収義務があるかどうかは、浜松市市民税課にお問合せください。

補助対象となる業種・業態について

Q13 補助対象となる業種と中小企業者の範囲はどうなっていますか。

浜松市内で飲食店又は飲食店に併設されたフードコートを経営する中小企業者や個人事業主です。※市外在住でも浜松市内で飲食店を営んでいれば申請できます。

Q14 なぜ中小企業者と個人事業主を対象としているのですか。

この事業は、資金等に余裕のない事業者等の支援を目的としているからです。

Q15 個人事業主の住所が市外の場合は補助を受けられますか。

浜松市内で飲食店又は飲食店に併設されたフードコートを経営していれば、市外在住の事業者でも申請できます。
ただし、納税地での滞納状況を確認するため、納税地の市町村税の納税証明書又は完納証明書を提出してください。対象税目はすべての税目です。

Q16 なぜ、はままつ安全・安心な飲食店認証を取得した店舗のみを補助対象としているのですか。

浜松市では、コロナ禍において市民の皆様に安心して飲食店を利用していただくため、「はままつ安全・安心な飲食店認証制度」を実施しており、その影響が長期化している飲食店等に対して「新しい生活様式」に対応した3密対策実施や認証制度取得を一層促進するためです。

Q17 卸売業を営んでいますが、補助対象となりますか。

本業が卸売業であっても、浜松市内で飲食店又は飲食店に併設されたフードコートを経営する中小企業者や個人事業主であれば、補助対象の業種に含まれます。

Q18 複数店舗を運営している場合、店舗ごとに30万円の補助を受けられますか。

1事業主につき、30万円が上限となります。

Q19 市税について納期限が過ぎているものがありますが、申請できますか。

補助対象事業者の要件として「市税を完納していること、又は市から徴収の猶予若しくは換価の猶予を受けている者」としています。基本的には、申請時点において市町村税の全ての税目について納税が完了(納期限が来ているもの)してからの申請となります。ただし、市から徴収の猶予若しくは換価の猶予を受けている事業者については、市長名義の市税徴収猶予承認通知書等(詳細は収納対策課へ確認)を提出することで申請が可能です。

Q20 補助金をもらった後に公表されますか。

浜松市のホームページで店舗住所、店舗名、電話番号、業種を公表します。

添付書類について

Q21 支払いを確認できる書類を廃棄してしまったのですが、申請できますか。

対象経費に該当していても、レシートや領収書など支払いが確認できる書類がない場合は申請できません。再発行などで対応してください。

Q22 領収書はコピーでも可能ですか。

コピー(複製)でも可能です。なお、宛名は補助金申請者と同一である必要があります。

Q23 契約書は必要ですか。

委託費で対応する事業は、見積書又は契約書等で契約日が分かる書類が必要です。

Q24 市長が必要があると認める書類とは何ですか。

・営業許可書の写しと申請者氏名が違う場合は、申請者名の営業許可書の写し(営業許可書の再取得)又は営業許可書を取得した店舗を申請者が経営していることがわかる書類
・市外事業者の場合は、市町村税の全ての税目にかかる納税証明書又は完納証明書
・市から徴収猶予若しくは換価の猶予を受けている事業者が申請する場合は、市長名義の市税徴収猶予承認通知書等(詳細は収納対策課へ確認)
・新規開店の店舗にかかる経費を申請する場合は、開店した日が分かる書類

その他、審査のために追加で提出を求める場合があります。

その他

Q25 申請書はどこで入手できますか。

浜松市のホームページでダウンロードが可能です。そのほか、各区役所、各協働センターにて配布しています。必要に応じて事務局から郵送します。なお、サービスセンターでの配布は行いませんのでご注意ください。

Q26 決済方法として認められるものは何ですか。

・現金決済(銀行振込含む)
・電子マネー決済(Suica、TOICAなど電車やバスなどで利用できる交通系電子マネー、nanaco、楽天Edyなどの物流系電子マネー、ID、QUICPayなどのクレジットカード系電子マネーなどによる決済)
・QRコード決済(PayPay、LINEPayなどのQRコードによる決済)
・クレジットカード決済
・デビットカード決済

ただし、手形、小切手、仮想通貨、クーポン、金券・商品券(プリペイドカード、ギフトカード(券)、プレミアム付き商品券など)、付与された特典ポイントなどで支払った部分は補助対象外となります。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所産業部観光・シティプロモーション課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2295

ファクス番号:050-3730-8899

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?