ホーム > 市政情報 > 会議 > 会議のお知らせ・会議録 > 2011年10月 > 平成23年度第4回浜松市介護保険運営協議会

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

平成23年度第4回浜松市介護保険運営協議会

日時

2011年10月17日(月曜日)
午後1時30分から午後3時30分

場所

浜松市役所本館8階 第4委員会室

出席状況

運営協議会委員(50音順)
出席 8人 粟倉敏貴委員、池谷俊枝委員、大野守弘委員、川村佐和子会長、鈴木登紀子委員、副島克行委員、鶴田謹三委員、藤島百合子委員
欠席 2人 神川正副会長、植兆満委員
事務局
杉山健康福祉部長
福祉総務課:松下課長(健康福祉部次長)
介護保険課:宮地課長(健康福祉部次長)、小石川専門監、石田主幹、松野副主幹、河合副主幹、大杉副主幹、谷口主任、大村主任、一島
高齢者福祉課:大石課長、小池課長補佐
健康増進課:伊藤課長(健康福祉部参事)

傍聴者

傍聴人  一般1名、報道0名

議事内容

(1)第5期介護保険事業計画(案)の素案について

  • ア 介護保険事業計画の主な視点
  • イ サービス利用見込み量の推計
  • ウ 施設整備の考え方

(2)はままつ友愛の高齢者プラン(案)のパブリックコメント実施について

会議録作成者

介護保険課 保険料・総務グループ 一島

発言者の記録

要点記録

録音の有無

会議記録

1 開会
(1)開会
司会)本日はお忙しいなか、ご出席いただきまして誠にありがとうございます。定刻になりましたので、ただ今から平成23年度第4回浜松市介護保険運営協議会を開催いたします。本日は8名の委員にご出席をいただき、過半数を満たしておりますので、介護保険運営協議会条例第5条第2項の規定により会議が成立していますことをご報告いたします。会議に先立ちまして、事前質問票にて粟倉委員よりご質問をいただいておりますので、その審議から進めていきたいと思います。恐れ入りますが、委員より趣旨説明をよろしくお願いいたします。
委員)介護保険事業計画とは直接関係がないですが、北区三ヶ日町にあります介護老人保健施設「はまなこ介護老人保健施設」を運営する医療法人豊岡会の介護報酬の不正事案について2ヶ月間の介護報酬50%カットと、新規入所者の受入停止という処分内容で、前例が無いほど不正金額が大きいことを考えると、非常に甘い処分ではないかと思います。指定取消ではなく、どうして報酬カットと新規受入停止という処分内容になったのか、お伺いをしたいと思います。
事務局)概要だけ説明させていただきますと、介護老人保健施設につきましては、平成18年4月より静岡県から浜松市へ許可権限が移譲されてから、初めての処分になります。
今後の対応については、全国に36保険者が今回の処分に関わっていますので、加算金等につきましても各保険者と足並みを揃えながら対応をしていきたいと考えています。一番大切なのは、入所者への処遇低下を招かないよう厳しく指導をしていきたいと考えています。処分の内容については、処分権者に任せられていますが、今回の処分につきましては、過去に県が行なった処分を参考にしながら、内容を決定しました。具体的には、今回の不正事案は監査での虚偽の申告、答弁はなかったため、処分内容は妥当であると考えておりますので、ご理解をお願いしたいと思います。
委員)不正請求が約20億円との報道がありましたが、市の発表では、約5億3千万円ということで、市の発表が正しいということでよろしいでしょうか。
事務局)市の発表が正しいものです。今回の処分に関しては、はまなこ介護老人保健施設の1施設の処分でありまして、うち浜松市分は約2億5千万円となっております。
委員)返還が滞った場合は、さらに厳しい処分は考えているのでしょうか。
事務局)その場合には、今回の処分とは別の対応を考えています。
委員)民事訴訟等で対応することでよろしいでしょうか。
事務局)その可能性はあります。
委員)本件で質問したのは、同様の事案が他に発生をした場合に、この処分内容で済むという認識が、他の事業所に広がることが懸念されます。また、通知の内容で「現在入所している方の処遇を低下させることがないよう、事業者を指導する」と記載がありますので、処遇の低下を招かないよう、しっかりと法人、施設を指導していただきたいと思います。
委員)この不正事案は何年前から行われていたのですか。
事務局)処分内容は5年前にさかのぼりますので、平成18年からになります。
委員)何か事が起きてからでは遅いと考えています。今後は抜き打ちの調査や監査を行い、このような事案の再発防止に努めていただきたい。
事務局)性善説で成り立っている部分がありますので、今後は抜き打ちチェック等も含め体制を整備していきたいと思います。
司会)それでは、ここからは介護保険運営協議会条例第5条第1項の規定により、川村会長に議事の進行をお願いしたいと存じます。よろしくお願いいたします。

○2 議事
会長)それでは、会議次第に従いまして、議事を進行させていただきます。本日もよろしくお願いします。議事に入る前に、本協議会の公開について委員の皆様の了承をいただきたいと存じます。
本日の協議会では、2つの議題が予定されておりますが、個人情報などの非公開情報を審議する予定がないようですので、公開としますがいかがでしょうか。
<会場より異議なしの声あり>
<傍聴人無し>
(2)第5期介護保険事業計画(案)の素案について
ア 介護保険事業計画の主な視点
会長)それでは、議事第5期介護保険事業計画(案)の素案について ア 介護保険事業計画の主な視点について事務局から説明してください。
(事務局の資料確認及び説明後、審議に入る。)
委員)P15の(8)地域事情をふまえたサービス提供と施策の推進、2.中山間地域に対する支援ですが、現在、浜松市と歯科医師会で訪問診査事業を行っていますが、合併前は利用者のご自宅まで訪問をして、診査を行うことが普通でしたが、合併後天竜区の歯科医師から訪問診査事業に関して、危険手当等は出ないのかという質問を受けました。中山間地域に対する支援の中には、危険手当は含まれていないのですか。
事務局)中山間地域では事業所から訪問先まで、往復20キロを車で運転するケースもありますが介護報酬上、燃料費まで加算の内容に含まれていないのが現状です。中山間地域の支援策としては燃料費を行なっており、危険手当という意味では補助は行っておりません。
委員)P13の(7)認知症高齢者に対応した施策の推進についてですが、成年後見制度について、今後ニーズが高まっていくと考えられます。一方で、資金面等の関係から弁護士、司法書士等に依頼することができない方のために、市民後見人制度がますます必要になってくると思いますので、その育成が課題になると思います。また、高齢者に対する悪徳商法対策に関しても、次期計画に盛り込んでいただきたいと思います。
事務局)「(2)認知症高齢者の支援」で認知症高齢者対策を盛り込んでいますが、市民後見人制度に関しては表現をしておりません。当制度の導入に関しては市がどのような支援をするか、関係機関とよく調整をしてから考えていきたいと思っています。
また、次期計画の「(3)安全で安心な暮らしの確保」の中の、施策の方向性で、「訪問販売や振り込み詐欺などの消費者被害から高齢者を守るための活動をします」と盛り込んでいます。具体的な部分では、市民生活課で事業運営をしています「消費者自立支援事業」において、消費生活にかかわる様々な相談窓口を開設しており、この部分で対応をしていきたいと考えています。
委員)市民後見人制度に関しては、様々な機関等の調整が必要など理解はできましたが、市民生活課が事業運営をしている「消費者自立支援事業」以外にも、もっと踏み込んだ事業展開が必要と考えます。
事務局)「(2)在宅での自立した暮らしの支援」で「成年後見制度利用相談・支援制度」があります。市民後見制度とは違いますが、認知症高齢者等判断能力が十分でない市民に対して、人権保護の観点から市長申立の必要のある市民を支援します。また、浜松市社会福祉協議会の事業ですが、「日常生活支援事業」がありまして、日々の暮らしに支障がある認知症高齢者等に対して、福祉サービスの援助、日常的金銭管理サービス等を行なう事業もあります。当事業に関しては、市と社協と連携をして進めていきたいと思っています。
会長)「日常生活支援事業」以外にも市と他機関が連携している事業等はありますでしょうか。
事務局)「成年後見制度利用相談・支援制度」で市長申立でないケースがあった場合には、市当局と包括支援センターや関係する機関が連携をして、ケースの情報共有や申請機関等の案内等をしております。
委員)デイサービス等の利用されている方で、事業所に通ってもサービス提供の内容の不満から辞めてしまう方も少なくないと聞きます。次期計画では介護予防の効果的な推進ということで、これから団塊の世代が高齢者の仲間入りをする中で、意欲的に高齢者の方が参加できる事業を検討していただきたいと思います。先日、日経新聞の記事を見ましたが、山口県にある「夢のみずうみ村」というデイサービスがありまして、1日のメニューを利用者に考えていただく事業所もあるみたいです。
事務局)介護予防といいますと、引きこもりの方や閉じこもりの方を外出してもらう事業と、通所介護系のサービスを提供するものと、体の衰えた機能を改善させる事業の大きく3つに分かれています。高齢者の方が参加できるメニューを自ら考える、選択する事業として、地区社会福祉協議会のサロン事業があります。皆様の意見を参考にしながら当事業も充実していければと思います。
委員)デイサービスを運営している事業所の意見ですが、サービス内容に不満があるというケースはそこまで多くないと感じています。そのようなケースがある場合、たとえばデイサービスのプログラムがつまらないとの話がありましたら、個別にケアプランを作成し、別対応をしております。介護予防は国の施策として、楽しみよりも体力づくり、筋力づくりが中心になっております。是非皆様のご意見等も聞きながら、デイサービスの運営も考えていきたいと思っています。
会長)それでは、議題(1)の「第5期介護保険事業計画(案)の素案について ア 介護保険事業計画の主な視点」は、承認することでよろしいでしょうか。
(異議なしの声あり)
会長)それでは、議題(1)の「第5期介護保険事業計画(案)の素案について ア 介護保険事業計画の主な視点」は、承認することとします。
(3)第5期介護保険事業計画(案)の素案について
イ サービス利用見込み量の推計
会長)それでは、議事第5期介護保険事業計画(案)の素案について イ サービス利用見込み量の推計について事務局から説明してください。
(事務局の資料確認及び説明後、審議に入る。)
会長)計画途中で給付状況に変化があった場合等、計画数値の変更等はありえるのでしょうか。
事務局)計画値に関しては、計画途中で計画値と実績値が乖離したとしても、修正はいたしません。
委員)複合型サービスに関しては、採算が合うかが問題になります。3年間の経過を見てみないと何ともいえないと思います。
会長)それでは、議題(1)の「第5期介護保険事業計画(案)の素案について イ サービス利用見込み量の推計」は、承認することでよろしいでしょうか。
(異議なしの声あり)
会長)それでは、議題(1)の「第5期介護保険事業計画(案)の素案について イ サービス利用見込み量の推計」は、承認することとします。
(4)第5期介護保険事業計画(案)の素案について
ウ  施設整備の考え方
会長)それでは、議事第5期介護保険事業計画(案)の素案について ウ 施設整備の考え方について事務局から説明してください。
(事務局の資料確認及び説明後、審議に入る。)
会長)他の都市と比べて、浜松の施設整備の状況はどのようになっているのでしょうか。
事務局)地域密着につきましては、地域的均衡をとりたいという考え方がありまして、一番整備が進んでいる地域を目標に整備を進めていきたいという考えがあります。他の政令市と比べますと浜松市は整備が比較的に進んでいると考えています。
委員)話は違いますが、介護保険の用語がわかりにくいと思っています。もう少し用語等の説明ができないのでしょうか。
事務局)現在市が出している通知文書の見直しを行っています。地域密着サービスのメニューも増える中で、どのようなサービスであるかわかりやすく説明できればと思っております。また、今回の事業計画の用語も難しいで用語解説も掲載する予定ですので参考にしていただければと思います。
委員)高優賃や高専賃などの高齢者住宅の呼称についても、様々な名称があり非常に理解がしづらい部分があります。施設の内容等のわかりやすい説明をHP等で周知をしていただければと思っています。
事務局)検討をしたいと思います。
委員)定期巡回・随時対応型訪問介護看護ですが、このサービスが開始されると夜間対応型訪問介護が不必要なサービスになるのかなと思うのですが、看護師と介護師が一緒にサービス提供をしていくという点が夜間対応型訪問介護と違うと考えています。
事務局)夜間対応型訪問介護は国で推進している状況ですが、実際はあまり整備が進んでいない現実があります。浜松市も市内1ヶ所しかない状況です。
会長)それでは、議題(1)の「第5期介護保険事業計画(案)の素案について ウ 施設整備の考え方」は、承認することでよろしいでしょうか。
(異議なしの声あり)
会長)それでは、議題(1)の「第5期介護保険事業計画(案)の素案について ウ 施設整備の考え方」は、承認することとします。
以上で、第5期介護保険事業計画(案)の素案についての説明は終了となりますが、全体通しての意見はございませんか。
(異議なしの声)
それでは、委員の皆様から出された意見を集約され、参考にしていただくことを事務局にお願いします。
なお、策定作業を進めるにあたり、軽微な修正が生じた場合は、事務局に一任したいと思いますがいかがでしょうか。
(異議なしの声)
ありがとうございます。それでは、軽微な修正につきましては事務局に一任することといたします。
(5)はままつ友愛の高齢者プラン(案)のパブリックコメント実施について
会長)それでは、議事はままつ友愛の高齢者プラン(案)のパブリックコメント実施について事務局から説明してください。
(事務局の資料確認及び説明後、審議に入る。)
会長)パブリックコメントは誰もが意見を出すことが出来る制度ですので、お知り合いなどにもご案内していただければと思います。
それでは、議題(2)のはままつ友愛の高齢者プラン(案)のパブリックコメント実施については、承認することでよろしいでしょうか。
(異議なしの声あり)
会長)それでは、議題(2)のはままつ友愛の高齢者プラン(案)のパブリックコメント実施については、承認することとします。

○3 その他
会長)それでは、その他について何かありますか。
司会)次回の第5回介護保険運営協議会は12月22日(木曜日)午後1時30分からを予定しておりますのでよろしくお願いをいたします。
また第6回の介護保険運営協議会の日程ですが、当初平成24年1月10日(火曜日)を予定していましたが、1月11日(水曜日)に変更をさせていただきます。

○4 閉会
司会)長時間にわたり、熱心なご審議をいただきありがとうございました。
本日の議事録につきましては、近日中にまとめまして、送付させていただきますので、ご確認をお願いいたします。以上をもちまして、平成23年度第4回浜松市介護保険運営協議会を閉会させていただきます。ありがとうございました。

会議録署名人

-

問い合わせ先

介護保険課

問い合わせ先住所

浜松市中区元城町103-2

問い合わせ先電話

053-457-2374

問い合わせ先FAX

053-450-0084

問い合わせ先メールアドレス

kaigo@city.hamamatsu.shizuoka.jp

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所総務部文書行政課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2093

ファクス番号:053-457-2236

○各区役所担当窓口
中区(区振興課/Tel:053-457-2210)
東区(区振興課/Tel:053-424-0115)
西区(区振興課/Tel:053-597-1112)
南区(区振興課/Tel:053-425-1120)
北区(区振興課/Tel:053-523-1112)
浜北区(区振興課/Tel:053-585-1141)
天竜区(区振興課/Tel:053-922-0011)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?