ホーム > 市政情報 > 会議 > 会議のお知らせ・会議録 > 2011年9月 > 平成23年度第3回浜松市景観審議会

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

平成23年度第3回浜松市景観審議会

日時

2011年09月22日(木曜日)
午後2時30分から午後4時30分

場所

市役所本館8階 第3委員会室

出席状況

出席委員
上野 征洋(会長)、前田 恭伸(職務代理者)、伊藤 哲郎、河島 多恵、金原 由美子、近藤 元子、仙田 治興、夏目 仁之、山下 和則
事務局
村田都市整備部長
土地政策課
河合都市整備部次長(課長)、古橋都市整備部専門監(課長補佐)、良知景観推進グループ長、内藤屋外広告物グループ長
緑政課
永田公園緑地部次長(課長)、内山都市整備部副参事(緑政課長補佐)、児玉緑地保全グループ長
欠席委員
盛谷 明弘

傍聴者

1人(一般:0人、記者:1人)

議事内容

  • 市民の森の指定について(諮問)
  • 都市景観形成地区における特例措置について(報告)
    (テクノポリス・都田工業地区)
  • クリーンデーの実施について(報告)

会議録作成者

土地政策課 景観推進グループ 伊藤、 緑政課 緑地保全グループ 星川

発言者の記録

要点記録

録音の有無

会議記録

1 開会
挨拶 村田都市整備部長

2 議事

  • 市民の森の指定について(諮問)(緑政課)

上野会長
〔 議案及び諮問案件について事務局の説明を求める 〕
事務局(緑政課)
〔 説明 〕
-質疑応答-
山下委員
写真を見ると竹林もあるように見えますが、間引き等の管理は、市で行うのですか。
事務局(緑政課)
市民の森のうち民有地については、土地所有者自身に管理をしていただいています。公有地については、間引き等を市が行っています。また、最近は、県の緊急雇用創出事業の補助金が活用できますので、その事業を活用して間引き等を行っております。
山下委員
わかりました。
上野会長
それは、今回の申請地の管理ではなくて公有地の管理のことですね。
事務局(緑政課)
そうです。ここ3年ほどやっております。ただ、緊急雇用創出事業もいつ終わってしまうかわからないですが、使える限りは活用していきたいと考えています。
上野会長
緊急雇用創出事業が終わってしまうと、竹林は荒れ放題になるのですか。
事務局(緑政課)
市民の森の管理費用を毎年予算化していますので、その予算の範囲内で毎年管理をしていきたいと考えております。
-採決-
上野会長
市民の森の指定について、お諮りいたします。本案は、諮問のとおり答申することにご異議ございますか。
委員一同
異議なし。
上野会長
では、異議なしと認め、諮問の通り決定いたします。

3 報告事項
(1)都市景観形成地区における特例措置の経過について(報告)(土地政策課)
上野会長
[ 議案についての事務局の説明を求める ]
事務局(土地政策課)
[ 説明 ]
-質疑応答-
上野会長
本審議会からの要望を受けて検討された具体的な計画は、いつ頃提示される予定ですか。
事務局(土地政策課)
今後のスケジュールについては、まだ示されておりません。現段階において、事業者から基本的な計画についての提示がありましたが、委員の皆さまに示せる状態にはなっていないため、早期に提示することが出来るよう事業者と協議を進めているところです。また、前回の審議会において地元への説明を十分に行うようご意見をいただいておりますので、「浜松市土地利用事業の適正化に関する指導要綱」に基づき関係各所への説明を十分に行うよう指導しているところです。
近藤委員
本審議会では、建物の高さについて、「35mとすること」を了承したのではなく、「機能上必要最小限のものとすること」を要望しています。「機能上必要最小限である」ことが分かる具体的な計画が提示された後、本審議会において再度審議するという認識でよろしいでしょうか。
事務局(土地政策課)
まずは、市と事業者とで要望書に基づきより基準に適合した設計内容となるよう十分に協議をいたします。その後、本審議会において設計内容について報告させていただく予定でおります。
伊藤委員
前回の審議会では、この案件は建物の高さの基準について特例の扱いとして対処するが、今後、景観計画重点地区への移行を進める中で、基準内容の見直しも行う方針であるという説明がありました。また、企業等が工場の高台移転を検討している話や、その候補地として都田地区周辺が注目されている話などが新聞等で話題になっています。市としては今後の 展開についてどのようにお考えですか。
事務局(土地政策課)
都田地区及び周辺地域の土地利用のあり方につきましては、今後の検討課題であると認識しております。景観計画重点地区への移行につきましては、方向性がまとまり次第、その途中経過も含め、本審議会にてご報告させていただく予定でおります。
上野会長
都田地区に限らず市域全体においても地区の見直しを行うのでしょうか。それとも都田地区に限り産業誘致の観点も含め見直しを行うということでしょうか。
事務局(土地政策課)
景観法に基づく景観計画重点地区への移行は、現段階では、都田地区に限り検討しております。
上野会長
アソシエイツ(当該地区における企業の協議会)での議論は始まっていますか。
事務局(土地政策課)
現時点において、アソシエイツ側から要望書は提出されています。市の産業政策、防災計画の見直しなど様々な要素との関連があるため、市として総合的な方向性を踏まえた上で進めていきたいと考えております。
上野会長
今後何か新しい動きがありましたら、随時、報告等していただくようお願いします。
(2)クリーンデーの実施について(報告)(土地政策課)
上野会長
[ 議案についての事務局の説明を求める ]
事務局(土地政策課)
[ 説明 ]
伊藤委員
最近、中心市街地の繁華街では、若者たちが特定のグループのシールをデザインし、電柱や建物などに貼ることによってグループの存在を示す、マーキング行動とも考えられるような事例が目立つという説明がありましたが、これらは従来の違反広告物とは性格が異なるものだと思います。こうした現象に対しては、取り締まりだけでなく、若者を別の表現活動の場に誘導できるような施策が求められていると思います。
上野会長
そのような兆候に対して、商店街に何らかの反応や具体的な動きは見られるのでしょうか。
事務局(土地政策課)
今のところそうした動きは見られません。近年、繁華街ではビルのオーナーが当地に居住していないことに加え、夜間のみ開店する飲食店が増加しているため、関係者による協議の場が持ちにくいという話もうかがっています。
仙田委員
私は中心市街地に住んでいますが、最近の繁華街には日中の歩行者がほとんど見られません。一方、夜になると有楽街、鍛冶町の歩道を中心に大きな飲食店看板が出現し、歩行者の通行に支障をきたしているため危険も感じます。クリーンデーは昼間の活動であり、これらの看板への直接的な指導は難しいように思います。
また、今年、有楽街に地元住民のボランティアによる防犯センターが開設され、少しずつ効果が見られるようになりました。一歩ずつできることから取り組みを進めることが必要だと思います。いずれにしても、屋外広告物の適正化に向けて従来のやり方を見直していく必要があると思います。
夏目委員
若者グループのシールによるマーキング行動には、早めの対処が必要だと思います。ただし、一方的な排除ではなく、一定レベルになれば立入り、警告を行うなど、ルールをつくって対応することが必要になると思います。警察と連携して対処する方法もあると思います。
問題が生じた場合には、早めに相談していただきたいと思います。
近藤委員
まちのにぎわいは、雑多なものが集まる面白さによって生み出されるものです。また、ビルの2階に入居している店舗などは、通りに置き看板などを設置せざるをえないような状況があると思います。行政側も、ある程度譲歩できる部分を持った取り組みが必要ではないでしょうか。景気が悪く店舗も減少している今だからこそできる取り組みがあるはずです。
また、若者のマーキング行動についてですが、そもそもシールを貼ることはいけないことだと知らないのではないでしょうか。若者へ知らせる工夫も必要であるように思います。きれいなまちづくりを進めるためには、若者を諭し、納得してもらうプロセスも求められるのではないでしょうか。
上野会長
委員の皆さまに様々な観点からご意見をいただきましたので、参考にしてください。

4 閉会
都市整備部次長(緑政課長) 挨拶

会議録署名人

-

問い合わせ先

土地政策課

問い合わせ先住所

浜松市中区元城町103-2

問い合わせ先電話

053-457-2344

問い合わせ先FAX

053-457-2345

問い合わせ先メールアドレス

tochi@city.hamamatsu.shizuoka.jp

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所総務部文書行政課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2093

ファクス番号:053-457-2236

○各区役所担当窓口
中区(区振興課/Tel:053-457-2210)
東区(区振興課/Tel:053-424-0115)
西区(区振興課/Tel:053-597-1112)
南区(区振興課/Tel:053-425-1120)
北区(区振興課/Tel:053-523-1112)
浜北区(区振興課/Tel:053-585-1141)
天竜区(区振興課/Tel:053-922-0011)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?