ホーム > 市政情報 > 会議 > 会議のお知らせ・会議録 > 2010年3月 > 平成21年度第4回浜松市立図書館協議会

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

平成21年度第4回浜松市立図書館協議会

日時

2010年03月19日(金曜日)
午後2時00分から午後3時30分

場所

浜松市立中央図書館 2階 大会議室

出席状況

委員:川上朋男、花澤信太郎、仲村由紀子、大堂幾子、中村菅子、野嶋敦子、
吉野台二、竹内知佐子
事務局:内藤中央図書館長、漆畑専門監、入澤館長補佐、
伊谷図書館管理グループ長、島田図書館サービスグループ長、
橋本城北図書館長、山下南図書館長、山田西図書館長、
大城積志図書館長、古橋東図書館長、小野北図書館長、
鈴木南陽図書館長、細井可新図書館長、金澤はまゆう図書館長、
松本浜北図書館長、大石天竜図書館長、中村舞阪図書館長、
山崎雄踏図書館長、田中細江図書館長、倉田引佐図書館長、
高野三ヶ日図書館長、小野副主幹

傍聴者

0人

議事内容

(1)図書館開館時間・開館日の見直しについて
(2)その他

会議録作成者

生活文化部中央図書館

発言者の記録

要点記録

録音の有無

会議記録

(1) 開会(入澤補佐)
(2) 会長挨拶(川上会長)
(3) 議事

これより会長により議事を進行する。
川上会長から、会議録の確認に係る委員として仲村由紀子委員が指名された。また、会議の議を経て会議を公開とすることが確認された。

ア 図書館開館時間・開館日の見直しについて

入澤補佐が資料1に沿って図書館開館時間及び開館日の見直しについて説明をした。
【主な意見】
(吉野委員)8月、12月の会議では、「9時半の開館時間では遅いではないか」と申し上げたが、いろいろな資料を見たり、他館の様子を見ていると、9時半の開館時間が定着しているように思った。地域の特性を生かしていき、また市内をほぼ統一していくということで、妥当ではないかと思う。9時半スタートで了解した。私は高齢者の立場として、9時開館を待っているのではないかと思うが、後ろへ開館時間が延びるということで了解できる。
(花澤委員)開館時間について了解した。どういう形で利用者の方に知らせるかということだが、この表を地図上に映してみると、旧市内は真ん中にあり、北遠は北にあるので、ホームページを見たときに、それが連動するようになればよいと思う。他の都市の図書館のホームページはインターフェース(使い勝手)があまりよくないように見受けられるので、ホームページをきれいにすると、浜松市がイメージアップするのではないかと思う。
(川上会長)フルーツパークではホームページをリニューアルしたようだが、図書館もわかりやすいホームページを目指していただきたい。協議会で決定しても、市の機関で決定するのには、最終的にいつぐらいになるのか。
(入澤補佐)今年度かけて協議会で審議しご意見をいただき、図書館としての案をまとめてきましたので、来年度は市長までの内部調整をし、地域としては、地域協議会にも提案していく。確定すれば、条例改正という話になり、この案でいけば、23年度から実施の予定。

(4)報告事項

1 協議会委員行政視察について

  • 伊谷管理グループ長から資料2に沿って説明した。

(仲村由紀子委員)感じたことについて、報告を行った。
まず、インターネットで検索して、本が出てくるのに20分かかる。また、本が違うとさらに20分かかるということ。国会図書館に送られてきた資料はすべて保存しているため、地下8階、地上4階の建物に、外気に触れぬよう保存している。蔵書の増加について、一杯になったらどうするのかという質問については、今考え中とのこと。国会議員からのレファレンスが年間約700件あるということで、国会の補佐機関であり、専門的に対応している。国会会議録情報も昭和47年から検索できる。時間をかけて読みたいと思う。
子ども図書館も建物が古く重みがある。ぜひ訪れていただきたいと思う。
(吉野委員)国内で発行されたものすべてというと、マンガも週刊誌も含むのか。廃棄はどうするのか。
(仲村委員)マンガも含めてすべて保存。保存用の建物を新築中。
(伊谷グループ長)東京本館もあと数年でいっぱいになるようだ。そのため、資料の電子化をしたり、関西館の敷地が広いので、そちらに新築する予定。
(川上会長)20分かかるということだが、機械化されているのか。
(仲村委員)1階で申し込むようになっていて、本を探すのは人が行っている。
(伊谷グループ長)フロアが何層にもなっている。民間委託されていて、各フロアに人が配置されている。本は、ベルトコンベアで搬送するシステムになっていた。
(川上会長)浜松市の図書館の所蔵容量はまだあるのか。
(伊谷グループ長)まだある。
2 調べ学習コンクールの表彰作品の全国コンクール審査結果について

  • 橋本城北図書館長が資料3に沿って説明した。

(竹内委員)学校図書館の司書として関わっているものとして発言する。この入賞については、市立図書館が学習支援パックなどきめ細かな支援があったので、そのような成果が表れていると思う。
(吉野委員)すごく良い取組みだと思うので、今後も調べ学習を継続してやっていただきたい。こういった作品を、PRする術はないかと思う。
(橋本館長)城北図書館に作品のレプリカを置いている。PRについては、今後の課題であり、作品の募集に繋げたらよいと思う。来年度も予算化している。
(川上会長)全国コンクールはいつからやっているのか。
(橋本館長)今回で13回目になる。浜松市としては初めてになる。
(川上会長)初めて参加したのは評価できる。今後も続けていただきたい。
(花澤委員)ホームページには掲載しているのか。
(橋本館長)ホームページには、城北図書館で掲示していることのみ掲載しており、ホームページ自体には載せていない。
(花澤委員)すばらしい結果だと思うので、大々的にアピールしていただくとよいのではないか。

3 国民読書年に係る取組みについて

  • 金沢はまゆう図書館長が資料4に沿って説明した。

(竹内委員)東京の科学館で、加古里子の企画展があり、加古里子さんの本で、人間の過去から未来への姿について科学的な目と本で繋いであって、巡回もしてくれるということなので、図書館でやってくれたらと思う。
(川上会長)4月配布の全小学生の保護者向けチラシということだが、毎年1年生には配っているのか。図書館として最大の広報活動である。将来の図書館の利用者となるので、どんなチラシを配っているか見たい。かなり費用(紙代)はかかるのでは。
(金沢館長)毎年1年生には配っているが、今年は国民読書年のチラシを別刷りで全小学生の保護者に配る。図書館担当が校長先生などに会って話している。
(花澤委員)3月のイベントは多彩だが、各図書館それぞれが別のものを企画されているのか。
(金沢館長)かなり早い時期から、先へ先へと考えるようしているが、統一性はない。地域性に合わせて企画している。
(花澤委員)地域性と季節性ということだが、どこかの図書館でやったものを巡回させるのもいいのではないか。各館がユニークな企画をして、巡回させればよいと思う。
(野嶋副会長)素敵な企画があるが、中央・城北ではTRCの方も企画するのか。
(金沢館長)職員が企画をしている。

4 中央図書館駅前分室の指定管理者の指定について

  • 伊谷管理グループ長が資料5に沿って説明した。

(花澤委員)TRCの職員は黒い制服を着るのか。義務化されているのか。前に桑名の図書館で見たが。
(伊谷グループ長)どこまで義務化されているかわからない。会社の基本的考え方は、市の職員とTRCの職員とを利用者の方が識別できるように着用していると聞いている。
(吉野委員)前にも指定管理者について話し合ったが、今回、指定管理料についての評価が、TRCは2.6で、C社の評価が3.8で、そのへんの違いというか、経費削減の問題についてどう考えているのか教えていただきたい。
(伊谷グループ長)管理料の評価は、相対的に経費が高いか安いかということで決めている。一般の競争入札では、最も安いところが落とすが、今回は総合評価なので、管理料もそうだが、サービスも含めて総合的に判断している。
(花澤委員)指定の期間が5年間というのは妥当なのか。
(伊谷グループ長)他の、市の施設では一般的な運営内容の公の施設については標準的であると思う。実績を踏まえてこれからも安定的な運営ができるであろうと捉えて5年間とした。

5 浜松市立中央図書館、城北図書館の窓口業務委託業者の特定について

  • 伊谷グループ長が口頭にて説明した。

(伊谷グループ長)22年4月1日から27年3月31日まで5年間の窓口業務委託をするもの。業者選定については、公募型プロポーザル方式により最も高い得点を得たものと契約するもので、(株)図書館流通センターと契約した。
(川上会長)指定管理者と同様にこれから資料が出されるのか。
(伊谷グループ長)窓口業務の委託は、一般の業務委託ということで、資料の公表はされない。

6 浜松市立図書館条例の一部改正について

  • 内藤館長が資料6に沿って説明した。

(吉野委員)開館時間が9時ということだが。
(内藤館長)先ほどの9時半開館というのは、これから調整していく。現時点の他館の開館時間に合わせて9時としている。
(野嶋副会長)流通元町図書館の場所はどこか。
(内藤館長)東区役所があるところの一画で、旧地場産業振興センターの1階になる。
(野嶋副会長)会議室の規定の改正については、何か不都合なことがあったのか。
(内藤館長)そういうことではなく、今まで図書館の会議室利用について規定がなかったので、他の施設と同様の規定を設けた。

7 浜松市立図書館条例の施行規則の一部改正について

  • 内藤館長が資料7に沿って説明した。

(5)別紙資料

子ども移動図書館の運行利用について

  • 内藤館長が資料8に沿って説明した。

(花澤委員)これは何台目か。
(内藤館長)今まで城北図書館に2台、引佐図書館に一台あったが、今回は宅配便トラックと同様の大きさの、今までより小型の移動図書館で、初めてのもの。
(仲村委員)これは天竜区だけか。
(内藤館長)他の区はすでに手配済みで、今回は天竜区のみ。

次回は6月ころを予定しています。

(6)閉会(入澤補佐)

会議録署名人

川上朋男・仲村由紀子

問い合わせ先

中央図書館

問い合わせ先住所

-

問い合わせ先電話

053-456-0234

問い合わせ先FAX

-

問い合わせ先
メールアドレス

-

資料名

ダウンロードファイル名

サイズ(KB)

 

次第

file1.doc

26KB

[ダウンロード(Word:26KB)]

資料一覧

file2.doc

24KB

[ダウンロード(Word:24KB)]

資料1

shiryo1.doc

87KB

[ダウンロード(Word:87KB)]

資料2

shiryo2.doc

335KB

[ダウンロード(Word:335KB)]

資料3

shiryo3.doc

42KB

[ダウンロード(Word:42KB)]

資料4

shiryo4.doc

30KB

[ダウンロード(Word:30KB)]

資料5

shiryo5.doc

219KB

[ダウンロード(Word:219KB)]

資料6

shiryo6.doc

34KB

[ダウンロード(Word:34KB)]

資料7

shiryo7.doc

29KB

[ダウンロード(Word:29KB)]

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所総務部文書行政課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2093

ファクス番号:053-457-2236

○各区役所担当窓口
中区(区振興課/Tel:053-457-2210)
東区(区振興課/Tel:053-424-0115)
西区(区振興課/Tel:053-597-1112)
南区(区振興課/Tel:053-425-1120)
北区(区振興課/Tel:053-523-1112)
浜北区(区振興課/Tel:053-585-1141)
天竜区(区振興課/Tel:053-922-0011)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?