ホーム > 市政情報 > 会議 > 会議のお知らせ・会議録 > 2009年7月 > 平成21年度第1回浜松市人権施策推進審議会・浜松市人権施策推進連絡会

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

平成21年度第1回浜松市人権施策推進審議会・浜松市人権施策推進連絡会 

日時

2009年07月22日(水曜日)
午後1時30分から2時45分

場所

浜松市役所 本館8階 全員協議会室

出席状況

(浜松市人権施策推進審議会)
出席委員
錦織淑子会長、佐々木敏明委員、水谷暢子委員、深谷喜代美委員、二橋眞洲男委員、原拓也委員、石岡勝委員、本間一則委員
欠席委員
小粥忠昭委員、高見鈴子委員
(浜松市人権施策推進連絡会)
人事課、広聴広報課、国際課、ユニバーサル社会・男女共同参画推進課、市民生活課、障害福祉課、高齢者福祉課、介護保険課、次世代育成課、子育て支援課、保育課、児童相談所、健康増進課、保健総務課、産業政策課、指導課、中区社会福祉課、東区社会福祉課、西区社会福祉課、南区社会福祉課、北区社会福祉課、浜北区社会福祉課、天竜区社会福祉課
(事務局)
社会福祉部長
社会福祉部次長兼福祉総務課長
人権啓発センター所長、池野専門監、清水、樋口

傍聴者

無し

議事内容

  1. 平成20年度人権施策・事業報告について
  2. 平成21年度人権施策・事業計画について

会議録作成者

清水奈実

発言者の記録

要点記録

録音の有無

会議記録

1.開会
審議会の成立の可否
(錦織会長)
こんにちは、委員の皆様には、お忙しい中ご出席くださいましてありがとうございます。
審議会に入ります前に、会議傍聴についてお計りしますが、よろしいでしょうか。
《異議なし》の声
それでは、ただ今から、平成21年度第1回浜松市人権施策推進審議会を始めます。
本日は、法務局の高見委員と小粥委員が所要のため欠席と伺っております。
従いまして、本日の主席委員は10人中8人ですので、審議会として成立しておりますことをご報告いたします。
2.議事
1.平成20年度人権施策・事業報告について
浜松市人権施策推進行動計画に登載している施策・事業のうち平成20年度に実施した施策・事業の実績について、資料1の中から主なものを事務局より報告。
まとめとして、各担当課の評価結果を、評価Aは+2点、Bは+1点、Cは±0、Dは-1点、Eは-2点で計算すると、第3章「分野別施策の取組」」は、実績報告事業数112件で、A評価が4件の+8点、B評価が17件の+17点、C評価が82件、D評価が6件の-6点、E評価は0件、評価困難が3件で総評点は+19点となり、全体的に計画以上の成果があったと評価できる。
第4章「市民・企業等の協力」は、実績報告事業数21件で、A評価が1件の+2点、B評価が1件の+1点、C評価が15件、D評価が3件の-3件、E評価は0件、評価困難が1件で総評点±0となり、計画どおりの実績だったと評価できる。
質問意見
(二橋委員)
2点ほど伺います。47ページの【地域ボランティアコーナー設置事業】が、評価はDということになっておりますけれども、当初予算額が179万円に対し決算見込み額は0と。これは、平成20年度は26地域で設立を目標としていたということで、19年までの設置が25、20年の設置計画は1で、この当初予算の金額がいつの予算だったのか。20年度で、19年度までに25地区が終わり、計画でいくと1つ残っていることに対して180万の予算を付けてあったのか。その辺がどうなのかなと疑問に思います。
(福祉総務課長)
今、詳細の資料を持ち合わせておりませんので、調べてご報告させていただきます。
(二橋委員)
もう1点。51ページですけれども、同じく評価がDになっております【ユニバーサルデザイン市民リーダー養成講座】は、目標の20人を超えるリーダーの養成は出来なかった。受講者が18人おり、認定した人が13人ということで、認定出来なかった人はどうして出来なかったのか、その辺をお聞きしたいと思います。
(ユニバーサル社会・男女共同参画推進課長)
市民リーダー養成講座につきましては、基本的に毎年20人リーダーを養成しようという目標を掲げてございます。昨年度につきましては、天竜区の壬生ホールで開催するということにさせていただきました。私どもの課題の1つとして地域の格差があって、いつまでも市中心部だけでやっていてはいけないという想いもございまして、天竜区で行ったところでございます。そうしたところ、応募してくださる方が少ないこともあって、受講生としては18名ということになりました。
講座ですけれども、全部で6回行います。基本的には、この6回の講座を全部受講していただいて認定という形になってございます。受講生の中には1回2回3回と欠席されたり、前半で終わって後半は出席されないという方もいらっしゃいます。受講を終わったという形で13名を認定させていただいた、ということでございます。ご都合で来られないということもございますので、受講できなかった5名の皆様には、今年もこの講座を開催すると、「今年の講座に是非いらしてください」ということもご案内させていただいてるところでございます。
2.平成21年度人権施策・事業計画について
平成21年度に実施する施策・事業計画について、前年度とは異なるような主なものについて事務局より説明。
まとめとして、再掲を除いた施策・事業の総実施件数は122件。
うち、第3章分野別施策の取組み施策・事業件数は、女性の人権が14件、子どもの人権が18件、高齢者の人権が23件、障がいのある人の人権が21件、外国人の人権が10件、同和問題が10件、その他の人権が6件で、丁度100件となる。
第4章市民・企業等の協力の取組み実施・事業件数は22件となる。
質問意見
(二橋委員)
22ページに【ホームレス自立支援事業】とあります。いろいろ書いてありますが、現時点でホームレスの人数等を把握しているかどうか、漠然と当初予算が250万ありますけれども、どのくらいの人数が前年度いたのか、現在どのくらいの人数がいるのか、その辺を教えてください。
(福祉総務課長)
ホームレスの人数でございますが、21年1月現在ホームレス85人でございます。ホームレスの人数調査につきましては、年1回を実施しておりますので、また今年度実施するような形になると思います。
合わせて先程の20年度の実績の47ページ【地域ボランティアコーナーの設置】の件でございますが、当初予算額が179万で、決算見込み額0というお話でございました。確かに当初予算額としては5ヶ所のボランティアコーナーの設置を計画しておりましたが、結果なかなか地元との調整がつかない、またスペース的なことがありまして、実績としては0ということで決算見込み額が0になっております。以上でございます。
(二橋委員)
当初予算額に対して5ヶ所予定していたと。これが実施出来なかったということで評価がDということですよね。
(福祉総務課長)
ただ計画としては1ヶ所の計画ではございますが、地元からご要望がある場合も想定されまして5ヶ所の予算処置をしたわけでございます。が、結果1ヶ所の計画も出来なかったということでございます。
(錦織会長)
私から指導課にお願いしたいというか、私の意見ですけれども、先日ある小学校の道徳授業を参観させていただいたのです。その時に、吉岡やよいさんの道徳の本に沿ってやっていたのですけれども、彼女は皆様ご存知のとおり「女のくせに」と言われる時代に頑張って医者になったという方ですね。やはりその時に一言でもいいから、「その時代がそうであっても今の時代はこうだよ」ということが入ると良いな、やはり教師に対する男女共同参画の啓発は必要じゃないかな、と授業を参観させていただいて思いました。これは私の意見として申し上げておきたいなというように思っています。以上です。
(錦織会長)
それでは、20年度の報告と21年度の計画の説明をしていただきましたので、22年度の施策・事業について何かご意見やご要望がありましたらお願いしたいなと思います。
(二橋委員)
1つお聞きしたいのが、成年後見制度、これを利用しなければならない人がだんだん増えてくるのではないかというように思います。いざなってからではなかなか相談に行けない、そういうことを踏まえて出来るだけ早い時期にいろいろとPRをしていただきたい。いわゆる、成年後見制度、こういう制度がありますよということすら知らない人がおります。ここの事業報告の中に3件中2件処理したとありましたけれども、どこに行けば良いか、弁護士さん司法書士さん社会福祉士が今出来るようになりましたよね。やはり一番信頼が置けるのが役所じゃないかと考えております。そんな中で、こういう制度がありますよ、ということを出来るだけ周知徹底していただきたいな、と考えております。いかがでしょうか。
(福祉総務課長)
所管をしております福祉総務課でございます。二橋委員のおっしゃるとおりでございますので、私どももいろんな機会をとらえて周知啓発に、今までも努めているところではございますが、これからも同じような形で進めてまいりたい。ただ成年後見制度というとなかなか普通の方ですと若干敷居が高く感じられる方もいますので、報告の中でも出させていただきましたが、今、社会福祉協議会の方で日常生活自立支援事業という事業を実施しております。そういう事業の紹介も含めて、合わせて成年後見制度も周知に努めてまいりたいと思っております。以上でございます。
(錦織会長)
このことについて原委員いかがですか。
(原委員)
今の二橋先生のご意見にも関連すると思うのですけれども、私も将来的にお願いしていきたいのは、先程からこの計画書の中にもワンストップサービスという言葉が度々出て来ますけれども、やはり今後の時代、各関係機関とどれだけ連携が取れていて、どれだけスムーズに最終的なところまで渡せるか。今、我々も勿論いろいろな相談をやっていますが、結局いろんな所を渡り歩いているというか、「こっち行ったらこっち行って聞いてごらん」で、「こっち行ったらこっち行って聞いてごらん」ということで、ぐるぐるいろんな相談に回っている方というのが、決してこの浜松でも少なくないのです。そういった意味でも、ここに行けばその問題は大丈夫だということが、つまり、我々自身も例えば行政の細かいところはよく分からないものですから、とりあえずじゃあ市の方に行ってみたらということで話をしてしまうようなケースも少なくないのです。今後やはり各関係機関との連携をどうやって深めていくかということも1つの検討すべき課題ではないかなと思います。そういった中で高齢者の問題はいろいろ消費者被害とか私も従前から提言させていただいていまして、だいぶ盛り込んでいただいているのですけれども。
あともう1つは、やはり生前の成年後見よりさらに前の遺言とかですね、財産の処理と言いますか、そういった部分での準備もこれからはしていっていただいた方が良いかなと思います。というのは、やはり我々は裁判所で日々仕事をしていますと、遺言があればこんな問題で3年も4年も相続人、子どもたちがいがみ合わなくて済むのに、というようなケースを多々見ております。そういった意味でやはり自分の財産を自分の死後どのようにしてもらいたいのかということについて、関心を持っていただける方が増えていると思うのですけれども、まだまだそういうことがよくお分かりじゃなくて、生前「あんたにやるからねと、あんたがやればいいからねと、私はずっと聞いていました。」ということで相談に来られる方も少なくないので、そういったことも少しずつ皆さんの中に浸透して行けば良いかなと思っております。以上です。
(錦織会長)
ありがとうございました。他に委員さんからございませんか。
では、ありがとうございました。今回の2つの審議等々踏まえましてご意見を基に今後の施策や事業を進めて行っていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。それではこれで審議会の議事を終了させていただきます。ご協力ありがとうございました。
3.その他連絡事項
1.人権施策推進審議会等スケジュールについて
事務局から資料3に基づき説明。
2.人権啓発用「絵本」の作成について
事務局から資料4に基づき説明。
4.閉会
14時45分

会議録署名人

-

問い合わせ先

-

問い合わせ先住所

-

問い合わせ先電話

-

問い合わせ先FAX

-

問い合わせ先
メールアドレス

-

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所総務部文書行政課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2093

ファクス番号:053-457-2236

○各区役所担当窓口
中区(区振興課/Tel:053-457-2210)
東区(区振興課/Tel:053-424-0115)
西区(区振興課/Tel:053-597-1112)
南区(区振興課/Tel:053-425-1120)
北区(区振興課/Tel:053-523-1112)
浜北区(区振興課/Tel:053-585-1141)
天竜区(区振興課/Tel:053-922-0011)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?