緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2019年11月20日

一般質問

10月1日、2日には、8人の議員が質問を行いました

市政4期の集大成としての農業の振興策は

久米 丈二 自由民主党浜松

自由民主党浜松 久米 丈二

【質問】

市政4期目における農業振興の重点目標をどう考えているか。

【答弁】

31年3月に策定した新たな農業振興ビジョンでは「チャレンジ・工夫で『もうかる農業』を実現する」を基本理念に掲げ、「営む力」や「売る力」など5つの基本方針のもと、経営者としての能力を向上させる農業経営塾の開催や、AIやICTなどを活用した効率的で収益性が高い農業モデルの構築などに取り組んでいく。また、未来を担う子供たちが農業に関心を持ち、将来の職業選択の一つとなるよう子供版ビジョンも作成した。
今後もこのビジョンに基づき、農業者はもちろん、市民、商工業者、農協などと連携し、オール浜松で「もうかる農業」の実現に向けて取り組んでいく。

【その他の質問】

(1)農産物の産地力強化に対する支援を
(2)奥浜名湖周辺を魅力的なビーチパークに
(3)サイクルツーリズムの今後の方向性は

本市特産の三ヶ日みかんの収穫
本市特産の三ヶ日みかんの収穫

仮称「はままつ子ども応援委員会」の設置を

斉藤 晴明 市民クラブ

市民クラブ 斉藤 晴明

【質問】

多職種のスタッフが悩みや心配事を抱える子供や親に寄り添い、問題の未然防止、早期発見や個別支援を行う(仮称)「子ども応援委員会」を設置する考えはないか。

【答弁】

現在、学校職員だけでなくスクールカウンセラー・ソーシャルワーカーが悩みを聞き、関係機関につなぐ支援を行っているほか、生徒指導推進協力員などの学校訪問により、問題の未然防止や早期発見に努めている。
「子ども応援委員会」の設置は考えていないが、今後も相談者のニーズを的確につかみ、迅速な支援体制を築くため、教職員の資質向上や専門家の人材確保などに一層努めるとともに、迅速かつ柔軟な対応が可能となるよう、人員の増員や配置の工夫を検討していく。

【その他の質問】

(1)無償化に対応し待機児童の確実な解消を
(2)保育士不足解消の具体的な対策は
(3)学校空調は健康に配慮した基準で運用を

教室に設置された空調機器(三方原小学校)
教室に設置された空調機器(三方原小学校)

老朽化する中央卸売市場の再整備計画は

露木 里江子 自由民主党浜松

自由民主党浜松 露木 里江子

【質問】

昭和54年に開設した中央卸売市場は、施設の老朽化が進んでいるが、今後の再整備計画はどうか。

【答弁】

市場を取り巻く環境は、流通の多様化による取扱量の減少や生鮮食料品に対する安全・安心への社会的要請の高まりを受け、大きく変化している。これらに対応するため、国は基本方針を策定し、施設整備のあり方として、円滑な取引に必要な規模と機能を確保した上で、流通の効率化や品質管理、衛生管理の高度化などに取り組むことを示している。
そこで、今後の施設再整備については、国の方針を踏まえた上で、一般消費者への販売等の多機能化など、市場のあるべき姿について関係者との協議も含め検討を行い、基本構想の策定を進めていく。

【その他の質問】

(1)産後ケアの利用方法の周知徹底を
(2)ユニバーサル農業のさらなる推進を
(3)江之島地区のビーチスポーツ整備計画は

遠州灘海浜公園江之島ビーチコート
遠州灘海浜公園江之島ビーチコート

里親委託をふやすための取り組みは

松本 康夫 自由民主党浜松

自由民主党浜松 松本 康夫

【質問】

里親委託率が伸びない理由は何か。また、国が示す委託率の目標値75%を達成するために、どのように取り組んでいく考えか。

【答弁】

29年度から専任職員5人を配置し、里親事業を包括的に実施しているが、委託後に不調を来さないよう慎重にマッチングする必要があることや、里親の子供になってしまうとの誤解が生じ、保護者の同意が得られないことなどが考えられる。
現在、国が示す社会的養育ビジョンを受けて、静岡県、静岡市とともに、都道府県社会的養育推進計画を令和元年度中に策定するよう取り組んでいる。今後も、家庭的養護が必要な子供が安定した里親家庭のもとで養育されるよう、新規里親の確保や里親制度の普及に努めていく。

【その他の質問】

(1)子供の見守り支援に地域高齢者の参加を
(2)交通への影響が少ない歩道橋は撤去を
(3)運転免許証返納者にバス等利用券交付を

 湖西市の高齢者バス・タクシー券
湖西市の高齢者バス・タクシー券

地域活動団体減少後の地域管理の考えは

加茂 俊武 自由民主党浜松

自由民主党浜松 加茂 俊武

【質問】

地域コミュニティーはさまざまな団体に支えられているが、高齢化や担い手不足により団体が減少した場合の地域の維持、管理をどう考えているか。

【答弁】

自治会を初め、相互扶助の精神で支え合うさまざまな団体の活動に、市政は多くの面で支えられている。また、地域の活動は住民福祉や連帯意識の向上にもつながっており、地域づくりの核であると認識している。
地域団体の活動を維持するためには、地域づくりへの関心を高めることが重要なことから、市民が地域活動へ参加するきっかけとなる講座を開催し、担い手確保に取り組むとともに、協働センター等を拠点に、コミュニティ担当職員などさまざまな職員が地域団体を積極的に支援していく。

【その他の質問】

(1)放課後児童会での子供の安全確保策は
(2)空き地適正管理の条例を制定する考えは
(3)中期財政計画を総括し適切な見直しを

細江町国際交流協会とアメリカ・キャマス市との親善交流の様子
細江町国際交流協会とアメリカ・キャマス市との親善交流の様子

空き家問題対策として解体補助金の創設を

森田 賢児 創造浜松

創造浜松 森田 賢児

【質問】

今後ますます進む人口減少、少子高齢化により、さらに顕在化してくる空き家問題に対応するため、空き家解体補助金を創設する考えはないか。

【答弁】

現在、政令指定都市6市が老朽化した空き家などを対象に補助制度を実施している。こうした補助制度は、所有者に対して使用していない空き家の解体を促すとともに、老朽化した空き家が撤去されることにより、周辺環境の改善につながる効果がある。
しかし、空き家の解体は本来は所有者の責務であり、自主的に解体を行う所有者との公平性を考える必要がある。そのため、今後は他市の事例を研究する中で、その効果と行政のかかわりを検証し、制度の創設を検討していく。

【その他の質問】

(1)児童相談所の人員確保と専門性の向上を
(2)中小企業の事業承継問題への対策は
(3)教育現場のLGBT理解促進は慎重に

倒壊のおそれのある空き家のイメージ(出典:「空き家の現状と課題」(国土交通省))
倒壊のおそれのある空き家のイメージ(出典:「空き家の現状と課題」(国土交通省))

70歳現役都市・浜松の実現に向けた具体策は

鈴木 育男 自由民主党浜松

自由民主党浜松 鈴木 育男

【質問】

31年2月に、誰もが70歳になっても現役で活躍できる都市を目指す「70歳現役都市・浜松」共同宣言を行ったが、その実現のためどのような方策を講じていく考えか。

【答弁】

宣言に基づき、就労環境整備、社会参加支援、健康増進の3つを柱として、31年4月に関係団体と推進協議会を立ち上げ、高齢者活躍宣言事業所の認定や高齢者雇用の先進事例の情報発信など、高齢者がさまざまな分野で活躍できるよう、官民一体となった事業の推進を図っている。
今後も、企業セミナーや就職フェアなど、共同で宣言を行った浜松商工会議所・シルバー人材センター・社会福祉協議会との4者で連携し、70歳現役都市の実現に向け事業を推進していく。

【その他の質問】

(1)中山間地の限界集落の現状と対応策は
(2)区協議会は住民意思反映の機能強化を
(3)浦川歌舞伎休止に対する市長の思いは

 休止前の浦川歌舞伎最終定期公演
休止前の浦川歌舞伎最終定期公演

森林環境譲与税の活用計画は

渥美 誠 自由民主党浜松

自由民主党浜松 渥美 誠

【質問】

令和元年度から、本市にも森林環境譲与税が分配され、15年度以降は年間4億円超の譲与額が見込まれている。そこで、今後の譲与税の活用計画及び森林環境基金の運用計画の策定状況はどうか。

【答弁】

本市は、都市部と中山間地域をあわせ持つ国土縮図型都市であることから、森林環境譲与税を中・長期的な視点を持ち、適切な森林整備や都市部での木材利用などに有効活用していく必要がある。
このため、譲与税を充当する具体的な事業内容などを定めた活用計画を令和元年度中に策定し、森林整備や木材利用などに関する施策を推進していく。また、譲与税の一部を積み立てる森林環境基金の運用計画を策定し、計画的かつ効果的な運用を行っていく。

【その他の質問】

(1)消防団員の準中型免許取得に公費助成を
(2)高齢者サロン活動参加への補助の充実を
(3)新過疎法制定に向けた本市の取り組みは

 森林環境譲与税を活用し育成が期待される林業
森林環境譲与税を活用し育成が期待される林業

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所議会事務局調査法制課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2513

ファクス番号:050-3730-5218

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?