ホーム > よくある質問から探す > よくある質問:福祉 > 生活福祉資金貸付制度について知りたい

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

生活福祉資金貸付制度について知りたい

質問

生活福祉資金貸付制度について知りたい

回答

低所得世帯、高齢者世帯、または障害者世帯の生活向上のために、国と県が資金を出し合い、民生委員などの生活援助指導のもとに、無利子や低利子で資金を貸し付ける制度です。

●対象
・ 低所得世帯・ 高齢者世帯・ 障害者世帯
●生活福祉資金の種類と主な用途
資金ごとに利用条件や必要書類があります。貸付金額の限度額、返済期間、利率などの条件は、資金により異なります。
※資金の種類については下記のとおりです。

総合支援資金(生活支援費)
生活再建までの間に必要な生活費用

総合支援資金(住宅入居費)
敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために要な費用

総合支援資金(一時生活再建費)
生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄うことが困難である費用

福祉資金(福祉費)
日常生活を送る上で、又は自立生活に資するために、一時的に必要であると見込まれる費用
(1)生業を営むために必要な経費
(2)技能習得に必要な経費及びその期間中の生計を維持するために必要な経費
(3)住宅の増改築、補修等及び公営住宅の譲り受けに必要な経費
(4)福祉用具等の購入に必要な経費
(5)障害者用自動車の購入に必要な経費
(6)中国残留邦人等にかかる国民年金保険料の追納に必要な経費
(7)負傷又は疾病の療養に必要な経費及びその療養期間中の生計を維持するために必要な経費
(8)介護サービス、障害者サービス等を受けるのに必要な経費及びその期間中の生計を維持するために必要な経費
(9)災害を受けたことにより臨時に必要となる経費
(10)冠婚葬祭に必要な経費
(11)住居の移転等、給排水設備等の設置に必要な経費
(12)就職、技能習得等の支度に必要な経費
(13)その他日常生活上一時的に必要な経費

福祉資金(緊急小口資金)
次の理由により緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける小額の費用

教育支援資金(教育支援費)
高等学校、大学又は高等専門学校に就学するのに必要な経費

教育支援資金(就学支度費)
高等学校、大学又は高等専門学校への入学に際し必要な経費

不動産担保型生活資金
現在居住し、また将来にわたって住み続けようとしている土地・建物を所有している高齢者が、当該不動産を担保とした生活費

★お問い合わせ先
●浜松市社会福祉協議会
本部生活福祉課 生活福祉係(中区、南区) 053-453-0586
浜松地区センター東区事務所(東区) 053-422-3737
西地区センター(西区) 053-596-1730
北地区センター(北区) 053-527-2941
浜北地区センター(浜北区) 053- 586-4499
天竜地区センター(天竜区) 053-926-0322

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部福祉総務課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2326

ファクス番号:050-3730-5988

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?