ここから本文です。

更新日:2018年8月8日

十湖池ビオトープ

十湖池ビオトープ

慶応4年(1868)5月、暴風雨による影響で豊田川(大川(おおかわ))の堤防が決壊し、濁流が十湖所有の田畑を含めた周辺の田畑を深い池に変えました。やがて、トンボや蛍が舞い、こども達の遊び場となった池は、いつしか「十湖池」と呼ばれ多くの人に親しまれるようになりました。昭和45年(1970)川の改修工事に伴い十湖池の一部は埋め立てられ、池の水量も減ってしまいましたが、現在、当時の豊かな自然を再現しようと「東区の自然と文化を残そう会」がビオトープ(生物空間)再生活動を行っています。

 

地区名

笠井地区

所在地

浜松市東区豊西町

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?