ホーム > くらし・手続き > 道路・交通・河川 > 道路に関するお知らせ・情報 > 国道473号(原田橋)河川内仮設道路の通行について

ここから本文です。

更新日:2019年7月16日

国道473号(原田橋)河川内仮設道路の通行について

通行状況について

通行状況については下記リンク先にて掲載しております。

【掲載URL】
https://twitter.com/haradabashi(別ウィンドウが開きます)

[お問い合わせ]

  • 浜松市役所土木部道路保全課
    電話番号:053-457-2647
  • 浜松市役所土木部天竜土木整備事務所
    電話番号:053-926-2281

国道473号(河川内仮設道路)の概要は以下のとおりです。

 

河川内仮設道路について

  • 幅員4.0m~6.3m、延長約1,260m
    ※河川区域内はコンクリート舗装、道路区域内はアスファルト舗装
  • 24時間通行可能
  • 通行可能車両は、原動機付自転車、普通自動二輪車、大型自動二輪車、普通自動車、中型自動車、大型自動車(全長8.7m未満に限る)
    ※自転車及び歩行者は通行不可
    ※緊急車両(救急車、消防車、パトロール車)、生活車両(ふれあいバス、スクールバス、ごみ収集車)は、上記に係わらず通行可能
    ※総重量20tを超える車両の通行には、「特殊車両通行許可」が必要
  • 片側交互通行(ガードマンを配備)
    ※天竜川右岸・川合地区内は車両のすれ違いが可能な交互通行区間
  • 通行に関するお願い
    車間距離を十分確保し、できる限り道路中央部を徐行により走行して下さい。
    事故防止のため、車両故障以外での駐停車はご遠慮下さい。
    天竜川左岸の市道佐久間中部31号線には、「停車抑制区間」を設けていますので、現場の路面標示・看板をご確認の上、円滑な交通の確保にご協力下さい。
    国道473号の中部方面(中部商店街)への大型車両の通行はご遠慮下さい。

通行止めの条件

  • 佐久間ダムまたは新豊根ダムの放流情報を確認した場合
  • 潜水橋での水位が橋脚天端高さに達する見込みになった場合
  • 30m先の目標物が視認できなくなった場合
  • 平均風速20m/s以上を観測した場合
  • 台風や地震など通行に支障をきたすおそれが生じた場合
  • 補修工事や安全確認など道路管理上の必要が生じた場合
    ※上記の他、道路管理者が危険と判断した場合は通行止めを行います。

通行再開の条件

  • ダム放流が終了していること
  • 潜水橋における水位が橋脚天端高さ以下に低下していること
  • 30m先の目標物が視認できること
  • 平均風速20m/s以下が20分間継続していること
  • 通行に支障をきたす危険がなくなっていること
  • 復旧作業、補修工事及び安全確認などの作業を完了していること

※通行止めなどの情報については「防災ホッとメール」で配信しています。

  • 防災ホッとメールの登録については、「防災ホッとメール」(別ウィンドウが開きます)をご覧下さい。
  • 河川内仮設道路に関する情報を得るには、『地域情報』の『佐久間』を選択して下さい。
  • スマートフォン以外の携帯電話をご利用の方は、以下のアドレスよりご覧下さい。
    (http://service.sugumail.com/Hamamatsu/html/)

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所土木部道路保全課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2647

ファクス番号:050-3737-0045

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?