ホーム > 市政情報 > 行政区 > 中区 > 中区協議会 > 中区協議会だより 第124号

ここから本文です。

更新日:2019年11月8日

中区協議会だより 第124号

コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)の本格実施について説明を受ける

令和元年度第2回中区協議会を5月22日(水曜日)に防災学習センター(中区山下町)で開催しました。

協議事項

コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)の本格実施について(教育総務課)

「地域とともにある学校」への転換を図るため、平成28年度から市立小中学校の中からモデル校(令和元年度24校)を選定し、制度の試行・検証を行っていること、令和2年度からは、法律に基づくコミュニティ・スクールを準備の整った学校から順次導入していくことについて説明を受けました。

Q:来年度から本格実施ということで あるが、どのような計画で進めていくのか。

A:できるだけ早期導入を目指していくが、学校の受け入れ態勢の整備も必要となるため、導入時期については各学校の判断となる。

Q:モデル校における成果と課題は。

A:成果は、地域の人が学校に入る機会が増え、地域の人材・特色を生かした教育活動が充実したこと。課題は、地域の人を受け入れる学校の体制づくりをさらに進める必要があることである。

中区地域力向上事業 協働センターを核とした地域課題解決事業(区振興課)

「自力避難が難しい人用手作り防災マップ&緊急避難カード作成事業」について(東部協働センター)

要支援者や危険個所などの情報共有を含めた支援体制の整備を地域課題とし、手作り防災マップと緊急避難カードを作成する事業について、事業目的や作成・活用方法などの説明を受けました。

「城北地区水と森の教室事業」について(西部協働センター)

地域の水環境を考察することで地域と親子とのコミュニティの深化・発展を図ることを目的とした事業について、活動内容などの説明を受けました。

「生きる知恵の防災合宿事業」について(富塚協働センター)

地域の子供たちが防災合宿訓練に参加して、自助と共助の考え方を学ぶことを目的とした事業について、事業内容などの説明を受けました。

平成30年度中区地域力向上事業の事後評価について(区振興課)

平成30年度に実施した、「花いっぱい・交通安全推進事業」をはじめ7事業について、評価内容の説明を受けました。

報告事項

平成30年度のパブリックコメントの結果について(区振興課)

「浜松市図書館ビジョン(案)」をはじめ5案件のパブリックコメントについて、結果の説明を受けました。

今後の会議予定

●7月の会議

【日時】7月31日(水曜日)午後1時30分~

【場所】市役所101会議室

●8月の会議

【日時】8月28日(水曜日)午後1時30分~

【場所】市役所101会議室

※都合により会議を中止したり、日程、会場を変更したりすることがあります。
※中区協議会は、傍聴することができます。傍聴を希望する場合は、事前に事務局(区振興課)まで連絡してください。会場の都合により、傍聴の定員は10人です。(先着順)

連絡先

中区協議会事務局(中区役所 区振興課)
〒430-8652 浜松市中区元城町103-2
TEL 457-2210 FAX 457-2776
E-mail c-shinko@city.hamamatsu.shizuoka.jp

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所中区区振興課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2210

ファクス番号:053-457-2776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?