ここから本文です。

更新日:2018年1月9日

講座等のご案内

講座・講演会・見学会等

今年度開催予定の講座や講演会、見学会などのご案内です。

見学会

浜松城跡発掘調査現地説明会

浜松城跡の天守曲輪(くるわ)を巡る土塁の構造解明を目的とした発掘調査を平成30年1月から行っています。
この発掘調査の成果を広くお伝えする現地説明会を開催します。

浜松城跡現説ちらし浜松城跡 発掘調査 現地説明会のお知らせチラシ(PDF:1,005KB)

日時

平成30年2月10日(土曜日) 午前10時・午後1時30分

会場

浜松城跡 発掘調査現場(受付:天守閣南側)

内容

発掘調査現場の解説

浜松城跡出土品の見学

※調査担当職員が説明

申込

不要(直接会場へ)

備考

荒天時は中止

浜松城跡公開発掘

公開日

平成30年1月20日(土曜日)・1月27日(土曜日)・2月3日(土曜日)・2月4日(日曜日)

作業時間

午前9時~午後4時

見学場所

浜松城跡発掘調査現場

内容

調査状況の解説

行き方

「浜松駅」バスターミナル遠州鉄道バス13番のりばより乗車、「浜松城公園入口」下車

問合せ

浜松市地域遺産センター 電話:053-542-3660

 

企画展「祈り~発掘された奥浜名湖の至宝~」

浜松市地域遺産センターでは、奈良国立博物館との考古資料相互活用促進事業により一時的に里帰りする瓦塔(北区三ヶ日町宇志出土)と荒神山2号銅鐸(同町釣出土)を公開します。さらに、奥浜名湖地域の遺跡から出土した各時代の祭祀や宗教などの精神生活にかかわる資料を集成し、企画展を開催します。この貴重な機会にお越しいただき、いにしえの人々の「祈り」に思いを馳せていただければ幸いです。

祈りチラシおもて 祈りチラシうら 祈り~発掘された奥浜名湖の至宝~チラシ(PDF:456KB)

展示物紹介

瓦塔
瓦塔(平安時代)
復元高約2m
奈良国立博物館所蔵・写真提供

銅鐸
荒神山2号銅鐸(弥生時代)
全高57.6cm
奈良国立博物館所蔵・写真提供

展示会場 浜松市地域遺産センター(北区引佐町井伊谷616-5)

開催日 平成30年1月27日(土曜日)~平成30年3月25日(日曜日)

開館時間 午前9時~午後5時(最終入館午後4時30分)

休館日 毎週月曜日(祝日の場合火曜日)

観覧料 無料

主催 浜松市

協力 奈良国立博物館

後援 静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社

関連イベント

ギャラリートーク

日時 平成30年1月27日(土曜日) 午後1時30分~午後2時

会場 浜松市地域遺産センター 2階ガイダンスコーナー(展示会場)

申込 不要

講座1「古代東海地域における三ヶ日町宇志出土瓦塔」

日時 平成30年2月3日(土曜日) 午後1時30分~午後3時

会場 引佐協働センター2階会議室(北区引佐町井伊谷616-5 浜松市地域遺産センター東隣)

講師 永井邦仁氏(愛知県埋蔵文化財センター調査研究専門員)

費用 無料

定員 60人※応募多数の場合抽選

申込 必要

申込方法 直接または電話、メールで浜松市地域遺産センターへ【1月24日(水曜日)まで】

講座2「浜松市の銅鐸出土物語」

日時 平成30年2月17日(土曜日) 午前10時30分~正午

会場 引佐協働センター2階会議室(北区引佐町井伊谷616-5 浜松市地域遺産センター東隣)

講師 栗原雅也(浜松市博物館学芸員)

費用 無料

定員 60人※応募多数の場合抽選

申込 必要

申込方法 直接または電話、メールで浜松市地域遺産センターへ【2月7日(水曜日)まで】

現地見学「馬場平古墳と周辺の歴史遺産」

日時 平成30年3月24日(土曜日) 午前10時~午後0時30分

集合場所 浜松市地域遺産センター正面玄関前(午前10時集合)

費用 無料

申込 不要

考古学×スイーツ

銅鐸デー~見て、鳴らして、食べる!?~

日時 平成30年2月17日(土曜日)※講座2「浜松市の銅鐸出土物語」と同日開催

会場 浜松市地域遺産センター2階ショップ付近

内容

・細江銘菓「銅鐸最中」を限定販売!※お一人様3個まで
・銅鐸のレプリカを実際に鳴らしてみよう!

協力 お菓子のとやま

瓦塔ショコラをつくろう!

日時 平成30年2月24日(土曜日) 午前10時~正午

会場 引佐保健センター調理実習室(北区引佐町井伊谷616-5 浜松市地域遺産センター東隣)

内容 チョコレート味などのお菓子を積み上げて、自分だけの瓦塔形スイーツ(高さ約20cm、約1/10スケール)を作ろう!

講師 伊藤暢洋氏(三ヶ日製菓)+当センター職員

費用 1,500円(材料費※予定)

定員 20人※先着順

申込 必要

申込方法 直接または電話にて浜松市地域遺産センターへ【1月15日(月曜日)午前9時から】

問合せ先

浜松市地域遺産センター 浜松市北区引佐町井伊谷616-5
電話:053-542-3660 E-mail:maibun@city.hamamatsu.shizuoka.jp

※平成29年12月29日(金曜日)~平成30年1月3日(水曜日)は休館

文化財防災ボランティア養成講座第7期(全3回)

全回受講すると、県文化財等救済支援員に登録することができます(登録はご本人様の希望によります)。

日時

1.2月17日(土曜日)午後1時30分~3時30分

2.2月24日(土曜日)午後1時30分~3時30分

3.3月3日(土曜日)午後1時30分~4時

場所 引佐協働センター(北区引佐町)会議室

内容

  1. 「県文化財等救済支援員について」講師:静岡県文化財保護課
    「浜松の災害古記録」講師:市職員
    「ボランティア活動レポート」講師:ボランティア参加者
  2. 「文化財梱包実習」講師:文化財梱包専門家
  3. 「市内の文化財保護の課題」講師:市職員
    「掛軸取扱いと紙資料修理実習」講師:文化財修理専門家

定員

高校生以上20人(先着順)

条件

全3回受講可能な人

申込

1月16日(火曜日)から電話かEメール(講座名、御氏名、連絡先電話番号を記載)で受付

定員になり次第締め切り、電話:053-457-2466、E-mail:bunkazai@city.hamamatsu.shizuoka.jp

文化財防災講演会

日時 3月10日(土曜日)午後2時~4時

場所 引佐協働センター(北区引佐町)会議室

内容

  1. 「天竜川の災害に学ぶ」お話:浜松河川国道事務所副所長 三浦弘禎さん
  2. 「被災地支援について-参加レポート」お話:浜松市社会福祉協議会

定員 高校生以上40人(先着順)

申込 2月15日(木曜日)から電話かEメール(講演会名称、御氏名、連絡先電話番号を記載)で受付、

 定員になり次第締め切り、電話:053-457-2466、E-mail:bunkazai@city.hamamatsu.shizuoka.jp

ワークショップ

考古学×スイーツ~美味なる腹落ち~

三角縁神獣鏡チョコをつくろう!【定員数に達しましたので、申込受付を終了しました】

三角縁神獣鏡チョコ ※完成イメージ

日時 平成30年1月28日(日曜日) (1)午前10時~午前11時30分 (2)午後1時~午後2時30分 (3)午後3時~午後4時30分

会場 引佐保健センター調理実習室(浜松市北区引佐町616-5 地域遺産センター東隣)

内容 古墳時代の銅鏡「三角縁神獣鏡」のレプリカから取った型(直径約20cm)にチョコレートを流し込み、型から取り出した「三角縁神獣鏡」チョコの表面を着色して、本物とうりふたつのチョコを作ろう!

講師 藤川明宏氏(福井市文化財保護課学芸員)

費用 1,000円(材料費)

申込 必要

駐車場 あり

問合せ

浜松市地域遺産センター 浜松市北区引佐町井伊谷616-5
電話:053-542-3660 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所市民部文化財課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2466

ファクス番号:050-3730-1391

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?