ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 創造都市の取り組み > みんなのはままつ創造プロジェクト > 平成26年度 みんなのはままつ創造プロジェクト

ここから本文です。

更新日:2017年3月9日

平成26年度 みんなのはままつ創造プロジェクト

★平成26年度みんなのはままつ創造プロジェクトの受付は、平成26年3月10日で締め切りました。

★平成26年度は、25事業が採択されました。

1.みんなのはままつ創造プロジェクトとは

  • 浜松市は、地域固有の文化や資源を活かした創造的な活動が活発に行われ、その活動が市民の暮らしの質を高めていく都市“創造都市”を目指しています。
  • 「みんなのはままつ創造プロジェクト」は、創造都市の実現に向け、市民活動団体や民間企業等が企画・実施する創造的・独創的な取り組みを応援する事業で、スタートアップの資金として、1事業当たり上限100万円の事業経費を補助するプロジェクトです。

2.補助対象となる団体

以下の2点のすべてに該当する団体

  • 市内に住所を有するまたは市内で活動する、法人または3人以上で構成される任意団体(政治・宗教の活動を目的とする団体、公の秩序に反する団体は除く)
  • 当該年度から起算して過去5年間に市税の未納がない企業・団体

3.補助対象となる事業

以下の2点すべてに合致する事業

  • 平成26年6月1日から平成27年3月31日までの間に実施する新規事業
  • 創造都市の実現に資する事業(創造的な活動)

「創造都市」とは、
『地域固有の文化や資源を活かした創造的な活動が活発に行われ、その活動が新しい価値や文化、産業の創出につながり、市民の暮らしの質や豊かさを高めていく都市』を言います。

みんなのはままつ創造プロジェクトに望まれる提案事業は、
『文化と産業の両面において浜松市の価値を高め、次年度以降も自主的に実施する事業』です。

注意事項

1)新規性の高い事業を優先的に採択します。

2)原則として既存の事業は対象になりません。

  • 既存の事業とは、従来と同じ事業内容を従来と同じ団体が実施する事業をいいます。
  • 従来と異なる別の団体(従来の実施団体の構成メンバーが3分の1以上重複する団体は、従来と同じ実施団体とみなします。)が類似した事業を実施する場合は補助対象になりますが、事業の新規性において、採択の優先度が低くなります。
  • 既存の事業内容を刷新または新規内容を追加して申請する場合は当該部分が対象になりますが、既存の事業内容との相違点を明らかにした資料を提出してください。

3)単に集客やにぎわい、情報発信を目的としたイベントは対象になりません。

  • 地域資源である音楽や産業、歴史的建造物、市民ネットワークなどを活かした創造的な活動、異分野の融合・連携を目的とする事業などが対象になります。

4)他の公的助成制度(地域力向上事業など)と重複して補助を受けることはできません。ただし、民間の助成制度との重複は当助成制度の対象となります。

5)特定商品の販売促進を目的とする事業は対象になりません。

6)団体の資産形成につながる経費(機械・金型等の設備投資など)は対象になりません。

  • 事業自体は対象になります。

4.補助額・補助率・補助対象経費

  • 補助額の上限は、原則として1事業当たり100万円を上限額とします。
  • 補助率は、原則として補助対象経費の100分の100とします。
  • 補助対象経費は、全体事業費のうち、創造都市の実現に資する事業メニューの実施に係る経費とし、補助額は補助対象経費から他の支援制度による補助金、負担金、交付金等のほか、入場料や販売などの収入、団体運営のための経費を除いた額とします。
    ※詳細は別途「みんなのはままつ創造プロジェクト補助対象経費及び補助額上限(PDF:211KB)」を確認

5.提出資料

  1. 事業提案書(実施要綱第1号様式)
  2. 収支予算書(実施要綱第1号様式付属資料)
  3. 団体の活動内容が分かるもの(定款、規約または活動内容を示す資料、団体の構成員名簿)
  4. 課税・納税状況確認の同意書(実施要綱第3号様式)
  5. 市民税・県民税特別徴収者指定通知書の写し(補助金の申請者が給与所得者を雇用する事業者の場合に限る)
  6. 二次審査にかかる事前調査票

※そのほか、参考資料がある場合は、A4用紙2ページまで受け付けます。

6.提出先

  • 浜松市企画調整部企画課 創造都市推進グループ
    ※直接持ち込みに限ります。郵送、FAX、メールでの申請は不可

7.募集期間

  • 提出期間は平成26年2月5日(水曜日)から3月10日(月曜日)午後5時まで

※提案に必要な書類を作成した後、必ず企画課へ事前相談してください。(平成26年2月28日(金曜日)まで

8.審査基準

  • 企画内容の創造性や独創性、地域の文化や資源の活用度、実現性、発展性、発信性、市内外への波及効果などの観点による総合評価にて審査します。

9.審査スケジュール

2月28日(金曜日) 事前相談締切
3月10日(月曜日) 事業提案締切
~4月下旬 一次審査(書面審査)
5月初旬 一次審査結果通知
5月23日(金曜日),24(土曜日) 二次審査(プレゼンテーション)
5月30日 二次審査結果通知

10.審査員

  • 井ノ上 美津恵 (NPO法人浜松NPOネットワークセンター代表理事)
  • 樋口 貞幸 (NPO法人アートNPOリンク事務局長)
  • 檜森 隆一 (浜松創造都市協議会理事長)

11.要綱・基準・様式等

12.事業実施にあたって

  • 事業の看板やポスター、チラシ等に「みんなのはままつ創造プロジェクト」のロゴマークを表示してください。
    横2行「みんなのはままつ創造プロジェクト」 GIF形式(GIF:5KB)AI形式(1,732KB)
    横2行「みんなのはままつ創造プロジェクト+出世大名 家康くん」 GIF形式(GIF:9KB)AI形式(1,838KB)
    縦2行「みんなのはままつ創造プロジェクト」 GIF形式(GIF:5KB)AI形式(1,595KB)
    縦4行「みんなのはままつ創造プロジェクト」 GIF形式(GIF:7KB)AI形式(723KB)
  • 公共施設へのチラシ等配布物の配架を希望する場合は、所定の方法で手続きしてください。
    みんなのはままつ創造プロジェクトの採択事業に関するものに限る
    ≪協働センターへの配架≫
    手続き方法・配架可能施設 PDF形式(PDF:284KB)
    配布依頼書様式 WORD形式(Word:46KB)
  • みんなのはままつ創造プロジェクトfacebookへの掲載については、「掲載依頼書」を提出してください。
    みんなのはままつ創造プロジェクトfacebook掲載依頼書 WORD形式(Word:46KB)
  • 事業終了後は速やかに事業実績報告書(第5号様式)及び必要な関連書類(収支決算書、領収書、事業実施状況の写真等)を企画課に提出してください。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所市民部創造都市・文化振興課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2301

ファクス番号:050-3730-2887

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?