ここから本文です。

更新日:2020年2月24日

新収蔵品展

近年の新収蔵作品を紹介します。浮世絵版画「東海道五拾三次(初版)」や、浜松ゆかりの作品等をご覧いただきます。

見どころ

近年収蔵された「浜美のニューフェイス」をご紹介いたします。
佐々木信平や鈴木三朝、長岡宏など浜松ゆかりの作家や名刀、浮世絵や仏教彫刻などを展示いたします。
このほか、修復から帰ってきたフランス近代絵画の傑作《マドンナ》(オディロン・ルドン)をお披露目します。
キャンパスの補修や補強方法をパネルで詳しく解説しています。絵画の修復と保存方法も見どころの一つです。

作品リスト(PDF:1,553KB)

開催期間

令和2年2月25日(火曜日)~3月26日(木曜日)<月曜日は休館>
午前9時30分~午後5時(ただし、入館は午後4時30分まで)

観覧料

一般310円、高校生150円、中学生以下・70歳以上は無料

駐車場のご案内

  • 浜松城公園駐車場(無料)

駐車場

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所市民部美術館

〒430-0947 浜松市中区松城町100-1

電話番号:053-454-6801

ファクス番号:053-454-6829

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?