ここから本文です。

更新日:2020年3月11日

仲山計介展

見どころ

「目には見えないモノを描く」ことに挑戦し続ける日本画家・仲山計介。多摩美術大学の卒業制作から描きはじめた「エオンタシリーズ」(「エオンタ」はギリシャ語で「存在するモノ達」を意)は、仲山の代名詞となりました。浜松市美術館所蔵の《敷島屏風》や最新作《聖地巡行》などの「島シリーズ」は、抽象的な「エオンタシリーズ」とは対照的に、海や山など、具象的な風景が浮かび上がります。これらの風景は、モノを俯瞰する視点で描かれ、仲山の唯一無二の表現を象徴しています。本展では、「エオンタシリーズ」、「島シリーズ」を中心とした作品群を、仲山の創作活動の変遷を追うように展示します。また、令和元年~2年に完成した未発表の新作9点を初公開いたします。浜松市が生んだ前衛的日本画家・仲山計介の「再現ではない表現」をご堪能ください。

チラシ(PDF:3,231KB)

開催期間

令和2年4月25日(土曜日)~6月14日(日曜日)
休館日/月曜日(5月4日は開館)、5月17日(木曜日)
開館時間/午前9時30分~午後5時(ただし、入館は午後4時30分まで)

観覧料

一般600円、高校・大学・専門生400円、小・中学生無料、70歳以上300円

駐車場のご案内

  • 浜松城公園駐車場(無料)
  • 市役所駐車場(仲山計介展に限り2時間無料)

駐車場

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所市民部美術館

〒430-0947 浜松市中区松城町100-1

電話番号:053-454-6801

ファクス番号:053-454-6829

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?