ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 病気の知識 > 脳脊髄液減少症について

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

脳脊髄液減少症について

脳脊髄液減少症とは、交通事故やスポーツ外傷後に脳脊髄液が漏れ出し減少することで、頭痛や頚部痛、耳鳴り、めまい、微熱、倦怠感、不眠、記憶障害など様々な症状を呈し日常生活に支障をきたす疾患です。
この疾患は、未だ定まった診断基準や治療法が確立されておらず、平成19年度に国において研究班を設置し、研究が続けられています。
受診をご希望される方は、下記の関連リンク(静岡県疾病対策課)に「診療などが可能な医療機関」の一覧が掲載されていますのでご覧ください。なお、診療の詳細は、各医療機関に直接お問い合わせください。

関連リンク

←病気の知識へ戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部保健所 保健予防課

〒432-8550 浜松市中区鴨江二丁目11-2

電話番号:053-453-6118

ファクス番号:053-453-6230

浜松市役所健康福祉部保健所 浜北支所

〒434-8550 浜松市浜北区貴布祢3000

電話番号:053-585-1398

ファクス番号:053-585-3671

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?