ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 申請・手続き > 引越しする場合の手続き(お子さんが日本国籍以外の場合)

ここから本文です。

更新日:2017年11月28日

引越しする場合の手続き(お子さんが日本国籍以外の場合)

浜松市内での引越し

引き続き同じ学校への通学を希望する場合

  1. 在留カード等を持参し、各区役所の区民生活課(住所地の区役所が望ましい)で住民票の転居届出を提出します。
  2. 「学区外就学許可願(理由書)」を記入します。
  3. 「学区外就学許可書」を受け取ります。
  • 通学方法等について、事前に学校とご相談ください。

【在留カード等の種類(以下全て同じ)】

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書(みなし)・・・経過措置

転校を希望する場合

  1. 転校する1~2週間前にお子さんが現在通学する学校へ退去届を提出します。
  2. お子さんが現在通学する学校から「在学証明書」「転学児童(生徒)教科書給与証明書」を受け取ります。
  3. 在留カード等を持参し、各区役所の区民生活課(住所地の区役所が望ましい)で住民票の転居届出を提出します。(在学証明書を確認します)
  4. 転校先学校への「転入学通知書」を受け取ります。
  5. 保護者と児童(生徒)が「転入学通知書」「在学証明書」「転学児童(生徒)教科書給与証明書」を持参し、転校先の学校に行きます。

浜松市内から浜松市外への引越し

引き続き同じ学校への通学を希望する場合(区域外就学)

  1. 在留カード等を持参し、各区役所の区民生活課(住所地の区役所が望ましい)で住民票の転出届出を提出します。
  2. 「区域外就学願」を記入し、住民票の「転出証明書」を受け取ります。
  3. 「転出証明書」を持参し、転出先市町村の住民票担当課に転入届出を提出します。その際、転出先市町村の教育委員会に「区域外就学を希望している旨」を申し出てください。
  • 転出先が浜松市に隣接する市町村等で、一定の許可基準を満たしている必要があります。
  • 許可期間は原則、引越しした学期の終了まで、小学校6年生、中学校3年生はその学年終了までです。
  • 通学方法等について、事前に学校とご相談ください。

転校を希望する場合

  1. 転校する1~2週間前にお子さんが現在通学する学校へ退去届を提出します。
  2. 最終登校日にお子さんが現在通学する学校から「在学証明書」と「転学児童(生徒)教科書給与証明書」を受け取ります。
  3. 在留カード等を持参し、各区役所の区民生活課(住所地の区役所が望ましい)で住民票の転出届出を提出します。
  4. 住民票の「転出証明書」を受け取ります。
  5. 「転出証明書」「在学証明書」「転学児童(生徒)教科書給与証明書」を持参し、転出先市町村の住民票担当課または転出先市町村の教育委員会に行きます。
  • 事前に転出先市町村の教育委員会にお尋ねください。

国外からの入国、または、浜松市外から浜松市内への引越し

  1. 在留カード等を持参し、各区役所の区民生活課(住所地の区役所が望ましい)で住民票の転入届出を提出します。
  2. 保護者と児童(生徒)が浜松市教育委員会教育総合支援センター(イーステージ浜松オフィス棟7階)へ行き、就学に関する面談を受けます。(事前に一度ご連絡ください)
  3. 保護者と児童(生徒)が教育委員会教育総務課に行き入学手続きをします。
  4. 「浜松市立小中学校入学申立書」を記入し、「編入学通知書」または「転入学通知書」を受け取ります。
  5. 保護者と児童(生徒)が「編入学通知書」または「転入学通知書」を持参し、転校先の学校に行きます。

上記「3.保護者と児童(生徒)が教育委員会教育総務課に行き入学手続きをします。」の際の持ち物

  • 児童(生徒)及び保護者の「在留カード等」「パスポート」
  • 印鑑(保護者が日本国籍の場合)
  • 前の学校で発行された「在学証明書」「転学児童(生徒)教科書給与証明書」(海外から入国の場合は必要ありません)

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所学校教育部教育総務課

〒430-0929 浜松市中区中央一丁目2-1 イーステージ浜松オフィス棟6階

電話番号:053-457-2406

ファクス番号:053-457-2404

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?