ここから本文です。

更新日:2015年12月25日

戸籍届

個人番号の通知カードについてのお知らせ

  • 戸籍届により通知カードの記載内容が変更になる人は、記載内容を書きかえをいたします。
    届出の際に通知カードをお持ちください。
  • ただし、時間外窓口に届出される人は、届出後の平日にお手続きをお願いします。
  • 通知カードの書きかえの手続きについては、住所地の市区町村役場に限られます。

受付窓口

区役所区民生活課

一部の協働センター、ふれあいセンター、市民サービスセンターでも受付しております。お取扱い窓口は下記問い合わせにてご確認ください。

受付時間

午前8時30分~午後5時15分
(土・日曜日、祝日、国民の休日、12月29日から1月3日を除く)

上記の受付時間以外には、「時間外窓口」で届出書をお預りしています。詳しくは、区役所担当窓口までお問合せください。

戸籍届の時間外窓口を設けている施設

  • 各区役所
  • 春野協働センター
  • 龍山協働センター
  • 水窪協働センター
  • 佐久間協働センター

戸籍届の時間外窓口では、住所変更の届出や証明書の交付請求等の取扱いはいたしておりません。おそれいりますが、受付時間内に手続きをお願いいたします。

所要時間

30分程度(繁忙時および複雑な処理を伴うものを除きます。)

本人確認を行っています

本人の知らない間に、虚偽の届出がされることを防止するため、届出の際に本人確認を行っています。
本人確認の方法は市町村によって異なりますので、詳細は届出をされる市区町村役場にお問い合わせください。

浜松市では以下の届出について、本人確認書類の確認により行っています。

対象となる届 婚姻届 離婚届 養子縁組届 養子離縁届 認知届
本人確認書類となるもの 運転免許証やパスポートなどの顔写真がある官公署発行の証明書
  • 本人確認書類のない人でも届出はできます。
  • 本人確認書類のない人、窓口に来なかった届出人には、戸籍届出があったことを郵送でお知らせしています。

皆様のご理解とご協力をお願いします

主な戸籍届のご案内

死亡届死産届婚姻届協議離婚届不受理申出

出生届

  • 子どもの名前として使用できる字は、常用漢字、人名漢字、平仮名、片仮名に限られています。
  • 国外で生まれた日本人の出生届、父母のどちらかが外国籍の場合は、持ち物や手続き方法が異なります。事前に下記担当窓口にお問い合わせください。
  • 個人番号の通知カードは、地方公共団体情報システム機構から簡易書留で郵送されます。別途の手続きは必要ありません。
    なお、海外で生まれ住所が日本国内にない場合は、個人番号はなく通知カードは発送されません。日本に入国し住民票が作成された時点で通知カードにより個人番号をお知らせします。

届出期間

子どもが生まれた日を含めて14日以内です。ただし、14日目が区役所の休日にあたる場合は、翌開庁日までとなります。

届出地

父母の本籍地、子供の出生地、届出人の所在地のいずれかの市区町村役場

届出人

父または母。
(注釈)父母がいないときは下記担当窓口にご相談ください

届け出に必要なもの

  • 出生証明書(病院でもらえます)
  • 母子健康手帳
  • 届出人の認印
  • 国民健康保険証(浜松市の国民健康保険に加入する場合)
出生届と一緒に行う手続き

手続きと内容

持ち物

母子健康手帳への記載

受付した職員が、母子健康手帳の「出生届出済証明書」欄に、子の氏名・出生の場所・出生の年月日等を記載し、区長氏名と職印の押印をします。

母子健康手帳

児童手当の申請

初めて児童手当を申請するときは、児童手当認定請求書を提出します。
現在、児童手当を受給している場合は、児童手当額改定認定請求書を提出します。
児童手当について(浜松市子育て情報サイトぴっぴ)(別ウィンドウが開きます)

  • 養育者の認印
  • 養育者名義の普通預金通帳
  • 養育者が厚生年金加入者の場合は、養育者の健康保険証
  • 養育者が外国籍の人の場合は、在留カードまたは特別永住者証

場合によって、所得証明書が必要になることもあります。

乳幼児医療受給者証の交付申請

乳幼児医療費助成について(浜松市子育て情報サイトぴっぴ)(別ウィンドウが開きます)

  • 申請者の認印
  • 生まれた子が加入する予定の保険証

国民健康保険加入の手続き
(生まれた子が浜松市の国民健康保険に加入する場合)

生まれた子の氏名が載った保険証を新たに交付します。
※生まれた子が社会保険の扶養に入る場合は、お勤め先へお問い合わせください。

-

出産育児一時金請求書の提出
(出産した人が国民健康保険に加入している場合)

出産した人が浜松市の国民健康保険に加入している場合、出産育児一時金が支給されます。
ただし、出産時に、国民健康保険へ加入してから6カ月以内だった場合で、それ以前は、1年以上社会保険(歯科医師国保、建設国保など国民健康保険組合は除く)に本人として加入されていた人につきましては、請求できませんのでご注意ください。
この場合は、国民健康保険に加入される以前のお勤め先へお問い合わせください。
国民健康保険の出産育児一時金を請求するときは

  • 出産した人の国民健康保険証
  • 一時金を受け取る人の認印および預金通帳

受け取る人が世帯主以外の場合は、世帯主の認印も必要

婚姻届

  • 婚姻届書には、成年2名の証人による署名押印が必要です。
  • 届書は、受付窓口でお渡ししています。
  • 外国籍の人との婚姻、海外で成立した婚姻を届出る場合は、持ち物や手続き方法が異なります。事前に区役所受付窓口にて、ご相談されることをおすすめします。

届出地

本籍地もしくは所在地のいずれかの市区町村役場

届出人

夫及び妻となる人

届け出に必要なもの

  • 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)1部(本籍が浜松市内の人は不要です。ただし、新しい本籍を市外にする場合には必要です。)
  • 未成年の方は父母の同意書⇒同意書の見本(PDF:48KB)
  • 窓口に来られる方の本人確認書類
  • 届出人双方の認印

協議離婚届

  • 離婚届書には、成人2名の証人による署名押印が必要です。
  • 届書は、受付窓口でお渡ししています。
  • 離婚する夫妻の間に未成年の子供がいるときは、夫妻のどちらか一方を親権者と定めてください。離婚後も夫妻の共同親権とするお届けは受理できません。
  • 離婚についての協議が整わない場合は、裁判による離婚となります。詳しくは居住地の家庭裁判所へお問合せください。
  • 日本人と外国人または外国人夫妻の場合、持ち物や手続方法が異なります。事前に区役所受付窓口にて、ご相談されることをおすすめします。

届出地

本籍地、届出人の所在地のいずれかの市区町村役場です。

届出人

夫及び妻

届け出に必要なもの

  • 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)1部(本籍が浜松市内の人は不要です。ただし新しい本籍が市外になる場合は必要です。)
  • 窓口に来られる方の本人確認書類
  • 届出人双方の認印

不受理申出

認知・養子縁組・養子離縁・婚姻・離婚(裁判所における調停、和解、認諾、審判、判決によるものは除く)の届を届出人自身が窓口に出頭し、本人であると確認できなければ、不受理とするように申し出る制度です。

申出地

申出人の所在地または本籍地のいずれかの市区町村役場

申出人

該当する届の届出人となる本人
*手続きは、ご本人が市区町村の窓口で行ってください。その際、本人確認を行います。原則として郵便や使者の方による申出はできません。

持ち物

  • 届出人の認印
  • 本人確認書類

死亡届

  • 浜松市の斎場を利用する場合には、事前に電話予約が必要です。⇒浜松市営斎場のご案内
  • 死亡届とは別に、死亡後の手続きもあります。
  • 国外で亡くなられた場合は、持ち物や手続方法が異なります。下記、区役所の受付窓口までお問合せください。

届出期間

死亡の事実を知った日を含めて7日以内です。

届出地

死亡者の本籍地、死亡地、届出人の所在地のいずれかの市区町村役場

届出人

親族、同居者、家主、地主、家屋もしくは土地管理人、公設所の長、成年後見人等

届け出に必要なもの

  • 死亡診断書(病院でもらえます)
  • 届出人の認印
  • 後見人・保佐人・補助人・任意後見人が届出人となる場合は、3ヶ月以内に作成された登記事項証明書、または裁判の謄本

死産届

妊娠第12週以降の胎児を死産したときにする届です。

届出期間

死産後7日以内。ただし、7日目が区役所の休日に当たる場合は翌開庁日までとなります。

届出地

届出人の所在地または死産のあった場所の市区町村役場です。

届出人

  • 結婚している場合は父(やむを得ないときは母)
  • 未婚の場合は母

届け出に必要なもの

  • 死産証書(病院でもらえます)
  • 届出人の認印

戸籍届にともなう手続き

死亡後の手続き

亡くなられた人が下記に該当する場合は、死亡日から14日以内に手続きを行ってください。

受付窓口

各区役所区民生活課または協働センター(一部除く)

受付時間

午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、12月29日~1月3日を除きます。)

亡くなられた人が・・・こんなとき

内容

持ち物

印鑑登録をしていた

市民カードを返納します。

市民カード

世帯主であった

「世帯主変更届」を提出し、新しい世帯主を定めます。
※一人世帯であった場合、この手続きは不要です。

  • 新しい世帯主の認印
  • 世帯に発行されているすべての国民健康保険証、高齢受給者証
  • 窓口に来られた人の身分を証明するもの(身分を証明するものがなくても届出はできます。
  • 続柄を証する文書(外国籍で世帯主との続柄に変更がある場合。結婚証明書・出生証明書等。(訳文も添付))
  • 代理人が届け出る場合には委任状が必要です。
    書式・記載例)委任状見本(住民異動届出および住民票交付請求、PDF:142KB)

国民健康保険に加入していた

  • 国民健康保険証を返納します。
  • 国民健康保険の葬祭費の請求をします。

葬祭費が、葬祭執行者に支給されます。
ただし、国民健康保険加入後、3ヶ月以内に亡くなられた人で、それ以前は、1年以上社会保険(歯科医師国保、建設国保など国民健康保険組合は除く)に本人として加入されていた人につきましては、請求できませんのでご注意ください。
この場合は、国民健康保険に加入される以前のお勤め先へお問い合わせください。

国民健康保険の葬祭費を請求するときはへ

  • 亡くなられた方の国民健康保険証(亡くなられた方が退職者医療(本人)に該当している場合は被扶養者の保険証も必要です。)
  • 葬祭執行者の預金通帳と認印

国民健康保険の高齢受給者証がある

高齢受給者証を返納します。

高齢受給者証

65歳以上であった

  • 介護保険証または資格者証を返納します。
  • 介護保険の資格喪失届を提出します。

介護保険証または資格者証

後期高齢者医療の受給者であった

  • 後期高齢者医療被保険者証を返納します。
  • 後期高齢者医療の葬祭費を請求します。

葬祭費が葬祭執行者に支給されます。
ただし、後期高齢者医療制度に該当してから3ヶ月以内に亡くなられた人で、それ以前は、1年以上社会保険(歯科医師国保、建設国保など国民健康保険組合は除く)に本人として加入されていた人につきましては、請求できませんのでご注意ください。
この場合は、後期高齢者医療制度に該当する前にお使いだった社会保険証の交付先にお問い合わせください。

  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 葬祭執行者の預金通帳と認印

児童手当を受給していた

児童手当については子ども手当担当課へお尋ねください。

 

身体障害者手帳、療育手帳を交付されていた

手帳を各区役所または各協働センター(浜松西・浜松北を除く)へ返納します。
詳しくは障害福祉担当課へお尋ねください。

身体障害者手帳または療育手帳

精神障害者保健福祉手帳を交付されていた

手帳を保健所、保健所浜北支所または各区役所精神障害者福祉手帳担当課へ返納します。
(区役所区民生活課および協働センターでは返納できません。)
詳しくは保健予防課(053-453-6126)へお尋ねください。

精神障害者保健福祉手帳

年金について

年金についての死亡届を提出します。
詳しくは年金担当課へお問い合わせください。

 

死産届にともなう手続き

火葬について、浜松市内の斎場を利用される場合、原則として事前に電話でご予約いただきます。

浜松市内の斎場を利用する場合の申し込み先

死産届を提出されますと、次のものをお渡しします。

死胎埋火葬許可証

浜松市内の各区役所および協働センター(一部除く)に死産届を提出された人にお渡しします。火葬をするときに、斎場へ提出してください。
火葬が終わると、斎場で「死胎火葬証明書」をお渡しします。(再発行されませんので、ご注意ください。)死胎火葬証明書は、納骨のとき必要になります。

斎場火葬利用許可書

浜松市内の斎場を利用される人にお渡しします。火葬をするときに、斎場へ提出してください。

分娩した人が浜松市の国民健康保険に加入している場合、「出産育児一時金」の請求をします。

内容

分娩した人が浜松市の国民健康保険に加入している場合、出産育児一時金が支給されますので、出産育児一時金請求書を提出してください。
ただし、分娩時に国民健康保険へ加入してから6カ月以内だった場合で、それ以前は1年以上社会保険(歯科医師国保、建設国保など国民健康保険組合は除く)に本人として加入されていた人につきましては、請求できませんのでご注意ください。この場合は、国民健康保険に加入される以前のお勤め先へお問い合わせください。

国民健康保険の出産育児一時金を請求するときは

受付窓口

各区役所および協働センター(一部除く)

受付時間

午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、12月29日~1月3日を除きます。)

持ち物

  • 分娩した人の国民健康保険証
  • 一時金を受け取る人の認印および預金通帳
    ※受け取る人が世帯主以外の場合は、世帯主の認印も必要です。

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

○各区役所担当窓口
中区(区民生活課/Tel:053-457-2131)
東区(区民生活課/Tel:053-424-0159)
西区(区民生活課/Tel:053-597-1115)
南区(区民生活課/Tel:053-425-1346)
北区(区民生活課/Tel:053-523-1116)
浜北区(区民生活課/Tel:053-585-1111)
天竜区(区民生活課/Tel:053-922-0019)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?