ホーム > くらし・手続き > 戸籍・住民の手続き > パスポート(旅券) > パスポート(旅券)申請に必要な書類等について

ここから本文です。

更新日:2017年1月6日

パスポート(旅券)申請に必要な書類等について

 すいている時期のご案内パスポート申請の注意事項

パスポート申請に必要な書類等について

一般旅券発給申請1通

  • 申請書は、パスポートの窓口、区役所区民生活課、市民サービスセンター、協働センター(西部・北部・南部・中部・雄踏・可美・細江・二俣は除きます)にあります。
    記載事項変更旅券用の申請書、一般旅券査証欄増補申請書はパスポート申請窓口のみです。
  • 申請書は5年有効なパスポート申請用と10年有効なパスポート申請用の2種類に分かれています。
  • (注)20歳未満の方は、5年有効なパスポートしか申請できません。
  • 小学生以上は自筆記入の欄があります。
  • 申請書は所定の事項を全て記入し、申請者署名を済ませたものを提出してください。
  • OHによる長音表記を希望する場合は、事前にご相談ください。

戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)又は戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)1通

  • パスポートの残りの有効期限が1年未満となったため切替申請される場合、氏名・本籍地の都道府県名に変更がない人は省略することができます。(ただし、一時帰国者等身分上の事実の確認が必要な場合、省略ができない場合があります。)
  • 切替申請するとき氏名・本籍地の変更がある人で、戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)だけで変更の経緯が確認できない場合は、併せて、改製原戸籍や除籍全部事項証明書(除籍謄本)が必要になる場合があります。

写真1枚

  • 写真は、海外において旅券の所持人と名義人が同一人であることを立証する重要な手段です。そのため、以下の規格に適合するよう十分にご注意ください。規格に適合しない写真をお持ちいただいた場合、撮り直しをお願いすることがあります。
  • ボックスタイプの自動撮影機やデジタルカメラで撮影した写真を使用する場合は、下図どおりの規格であることを申請される前に今一度お確かめください。また、写真店等の場合は、パスポート用写真と指定してください。

写真サイズ規格

  • たて45mm、よこ35mm
  • 顔の中心線から左右に17mm(±2mm)
  • 頭頂部からあごの先まで34mm(±2mm)
  • 頭頂部上余白4mm(±2mm)

パスポート用写真の規格

  • 申請日前6ヶ月以内に撮影した写真で、ふちなし、無背景(影もない)、正面向けで肩から上、無帽で鮮明なものです。
  • 写真の裏面には、必ず氏名を記入してください。

旅券用写真として不適当なもの

旅券提出写真についてのお知らせ(PDFファイル)(PDF:1,501KB)

  • 規格に合わないもの
  • 化粧、服装等により本人確認が困難なもの
  • 頭髪、着衣と背景が同一色で区別がつかないもの
  • ヘアーバンド、リボン、髪飾り、スカーフ姿等のもの
  • 修正をしたもの
  • 不鮮明なもの、汚れたりキズがついたりしたもの
  • 顔(ひたい、鼻筋、ほおなど)に光が反射して白くなっているもの
  • 目元がはっきりしないもの(メガネのレンズが反射している、目が影になっている、黒又は濃い色のメガネをかけている、カラーコンタクト着用、メガネや髪が目にかかっているなど)
  • 平常の顔貌と著しく異なるもの
  • デジタル写真の場合
    ジャギー(階段状のギザギザ模様)があるもの
    写真用紙を使用していないもの、画質が適切でないもの

申請者の本人確認書類

  • 有効な原本が必要。コピー不可。氏名、生年月日、性別、ふりがな等が申請書の記載内容と一致しているものに限ります。
  • 代理人が提出する場合には、申請者、代理人それぞれの本人確認書類が必要です(代理人については、A・B・Cのどれでも1点で可)。申請日現在、中学生以下の人については、法定代理人(親権者)のもので可。代理申請も確認してください。

1つでよいもの

【A欄】

  • 日本国旅券(有効期間内のものまたは失効から6か月以内のもの)
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 船員手帳
  • 海技免状
  • 猟銃、空気銃所持許可証
  • 戦傷病者手帳
  • 宅地建物取引主任者証
  • 電気工事士免状
  • 無線従事者免許証
  • 官公庁、公社公団等職員身分証明書(写真を貼ったもの)

2つ必要なもの(B+C)または(B+B)

【B欄】

  • 健康保険、国民健康保険、船員保険等の被保険者証
  • 共済組合員証
  • 国民年金手帳又は証書
  • 船員保険の年金証書
  • 厚生年金手帳又は証書
  • 共済年金、恩給等の証書
  • 実印と印鑑登録証明書(この場合は実印もお持ちください)

【C欄】…C欄のみの組み合わせは不可

  • 写真のある会社の身分証明書
  • 写真のある学生証、生徒手帳
  • 写真のある公の機関が発行した資格証明書
  • 失効した旅券
  • 納税、所得証明書または源泉徴収票(直近のもの)
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳

現在お持ちのパスポート

  • 以前にパスポートを取得したことがある人は、そのパスポートををお持ちください。ただし、有効期限切れが明らかで、そのパスポートがない場合は、パスポート窓口でそのことをお申し出ください。
  • 有効期限内のパスポートを紛失した場合は手続きが異なりますので、お近くのパスポート窓口へお問い合わせください。
  • 申請時にパスポート所持の申し出がなく、事後に有効なパスポートを所持していることが判明した場合は、申請をやり直していただくことになり、受領日が遅くなります。

住民票の写し

    浜松市内に住所のないかたが必要となる書類です。住所が静岡県外の場合は、居所申請も確認してください。
    個人番号(マイナンバー)の記載がないものをご用意ください。

 すいている時期のご案内

パスポート窓口には、毎年同じ傾向の混んでいる日とすいている日があります。

特に混む時期

  • ゴールデンウィーク中
  • 7月下旬~8月中旬(特にお盆休みや月曜日)
  • 1月4日

すいている時期

  • 9月~12月上旬
  • ゴールデンウィークが過ぎた頃から6月下旬(特に水・木曜日)

曜日と時間

  • 時期にかかわらず月曜日は混みます。
  • 時間的には、夕方は混みやすいので避けたほうが無難です。
  • 朝はすいていることが多いので、できるだけ早めにお越しください。

 パスポート申請の注意事項

パスポートの有効期限内の申請(切替申請)について

パスポートが有効期限内であっても、以下のことに該当するときは、切替申請により新しいパスポートを受け取ることができます。

  • 残りの有効期限が1年未満となったとき
  • 査証欄に余白がなくなったとき(査証欄はパスポート1冊につき1回に限り増補もできます。)
  • 氏名・本籍都道府県に変更が生じたとき
  • パスポートを著しく損傷したとき
  • 平成18年3月17日以前に申請したパスポート(非IC旅券)を新パスポート(IC旅券)に変更するとき

切替申請は、氏名又は本籍の変更がなければ、戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)又は戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)の提出は不要ですが、本籍が不確かな人はあらかじめ本籍を確認してから申請するようご注意ください。
※現在お持ちのパスポートに記載された本籍と現在の本籍が異なる場合は、戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)又は戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)をお持ちください。
※切替申請をすると、今まで使用していたパスポートの残りの有効期限は切り捨てられ、失効します。また、旅券番号(パスポートナンバー)が変わります。

 代理申請について

  • 申請のみ、代理人を通じて書類を提出することができます。ただし、紛失等による紛失届の提出や居所申請の人は、代理人による申請はできません。
  • 代理人による申請の場合でも、代理人がパスポートを受取ることはできません。パスポートの受取りは、必ず本人がお越しください。訂正申請、増補のみの場合は別途ご相談ください。
  • 代理による書類提出の際は、次のことに注意してください。
    • 申請に必要な書類すべてを本人から預かってきてください。
    • 申請に必要な書類については、解説ページを参照してください。
    • 参考:⇒本人申請に必要な書類について(参考)
    • 「一般旅券発給申請書」および「パスポート申請のごあんない」を入手し、「一般旅券発給申請書」にあらかじめ記入したものをご持参ください。
    • 「一般旅券発給申請書」の本人自筆の欄に記入もれがあると受付ができませんので注意してください。
    • 本人自筆欄は、「所持人自署」欄、「刑罰等関係」欄、「申請者署名」欄と「申請者書類等提出委任申出書」の「申請者記入」部分です。
    • 申請者(本人)と代理人それぞれの本人確認書類(コピー不可)が必要です。
    • 代理人は、申請書類の内容について的確にご説明いただける方であることが必要です。
    • パスポートの券面の氏名表記はヘボン式ローマ字が原則ですが、ヘボン式以外のローマ字を希望する場合は、事前に申請する窓口にお問い合わせください。
    • 一度に10件以上の代理申請をする場合は、事前にパスポート窓口にご連絡の上、提出日等を予約してください。

未成年者(20歳未満)の申請について

  • 申請書裏面の「法定代理人(後見人など)署名」欄に親権者(父又は母)の自署が必要です。
  • 親権者が遠隔地にいる場合は、親権者の署名(自筆)のある同意書(様式は、パスポート窓口にあります。)を提出してください。

前回、パスポート申請をして受領しなかった人の申請について

  • 失効日(発行から6カ月後)から1年以内に再度パスポートを申請される場合は、必ずその旨を窓口でお申し出ください。前回「受領」しなかった理由書と、今回「申請」するパスポートの「受領」について誓約書を提出していただきます。
  • お申し出がない場合は、後日、再度手続きにお越しいただくことになり、受領日が遅くなります。

「刑罰等関係」に該当する人の申請について

浜松市の窓口では申請できません。詳しくはパスポート窓口へお問い合わせください。

有効期限内のパスポート(旅券)を紛失・焼失したとき

所定の様式により、本人がその旨を届け出ていただく必要があります。詳しくはパスポート窓口までご相談ください。

 居所申請(県外に住民登録をしている人で学生や単身赴任等で県内にお住まいの人)

パスポートの申請は、住民登録地でおこなうことが原則ですが、例外的に居所地の市町で申請(居所申請)できる場合があります。

居所申請の対象者は、申請者の住民登録地が静岡県外の人で、一時帰国者、船員、学生、生徒、長期出張や単身赴任者等です。
居所申請を希望される場合は、本人が申請にお越しください。
必要書類が違いますので、事前にパスポート窓口にお問い合わせください。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

○各区役所担当窓口
中区(区民生活課/Tel:053-457-2870)
北区(区民生活課/Tel:053-523-1116)
浜北区(区民生活課/Tel:053-585-1111)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?