ホーム > くらし・手続き > 戸籍・住民の手続き > 住基カード > 住民基本台帳カードと電子証明書の交付終了、マイナンバーカードと新しい電子証明書の交付開始について

ここから本文です。

更新日:2016年5月6日

住民基本台帳カードと電子証明書の交付終了、マイナンバーカードと新しい電子証明書の交付開始について

住民基本台帳カードと電子証明書の交付終了について

マイナンバー制度の開始により、住民基本台帳カード(住基カード)及び住基カードに格納する公的個人認証サービスの電子証明書(電子証明書)は、下記の日程で交付を終了しました。

  • 住基カードは、平成27年12月28日まで。
  • 電子証明書は、平成27年12月22日17時まで。

交付は終了しましたが、お持ちになっている住基カードや電子証明書は、有効期限もしくは規定の失効時までご利用いただけます。

平成28年1月からマイナンバーカード・新しい電子証明書の交付が始まっています

新しい公的個人認証サービスの電子証明書(新しい電子証明書)は、マイナンバーカードに格納されます。

  • 新しい電子証明書を住基カードに格納することはできません。
  • 住基カードに格納された電子証明書を、マイナンバーカードに格納しなおすことはできません。
  • 住基カードとマイナンバーカードを両方持つことはできません。有効な住基カードであってもマイナンバーカードの交付を受ける際は、返納する必要があります。
  • マイナンバーカード及び新しい電子証明書は、制度上、即日の交付ができません。

制度の概要

  有効期間 交付時期 手数料
住基カード 最長10年

平成27年12月28日まで交付

500円
住基カードに格納する電子証明書 最長3年

平成27年12月22日17時まで交付

500円
マイナンバーカード 最長10回目の誕生日まで 平成28年1月から交付 初回は無料
マイナンバーカードに格納する電子証明書 最長5回目の誕生日まで 平成28年1月から交付 初回は無料

マイナンバーカードについては、マイナンバーカード申請・受取りに関する手続きのページをご覧ください。

電子証明書については、電子証明書(公的個人認証サービス)のページをご覧ください。

国の機関が開設するホームページ

マイナンバーカードについて

公的個人認証サービスの電子証明書について

 

確定申告e-Taxについて詳しくは国税庁のホームページをご確認ください。

ICカードリーダライタについて

ICカードリーダライタとは、ICカードに記録された電子情報を読むための機械です。(確定申告e-Taxには必要な機械です。)

マイナンバーカードに対応したICカードリーダライタは、公的個人認証サービスのホームページで案内されております。

マイナンバーカードに対応したICカードRW一覧(別ウィンドウが開きます)をご覧ください。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部市民生活課 戸籍・住基担当

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2834

ファクス番号:050-3737-1003

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?