ホーム > くらし・手続き > 環境 > 新エネルギー > 新エネルギーの利用促進 > 施設における新エネ設備の導入

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

施設における新エネ設備の導入

浜松市では、石油・石炭など化石資源由来の電気や燃料の使用を極力減らし、地球温暖化の進行を防ぐ目的で、公共施設において、新エネルギーの利用を進めています。

導入状況

No.

設置場所

設備の種類

規模

用途

設置年

1

保健環境研究所

太陽光発電

10kW

施設で使用する電力の一部をまかなっています。

平成10

2

はまゆう図書館

太陽光発電

10kW

施設で使用する電力の一部をまかなっています。

平成16

3

城北図書館

太陽光発電

30kW

施設で使用する電力の一部をまかなっています。

平成18

4

元目分庁舎

太陽光発電

10kW

施設で使用する電力の一部をまかなっています。

平成21

5

保健所

太陽光発電

16kW

施設で使用する電力の一部をまかなっています。

平成21

6

エコハウスモデル住宅

太陽光発電

3kW

施設で使用する電力の一部をまかなっています。

平成21

7

幼稚園・小中学校(26箇所)

太陽光発電

計280kW

施設で使用する電力の一部をまかなっています。

平成22

8

老人福祉センター江之島荘

太陽熱利用

129平方メートル

給湯や冷暖房に利用されています。

昭和55

9

老人福祉センター湖南荘

太陽熱利用

98平方メートル

給湯や冷暖房に利用されています。

昭和60

10

老人福祉センター萩原荘

太陽熱利用

98平方メートル

給湯や冷暖房に利用されています。

平成3

11

春野協働センター

太陽熱利用

113平方メートル

冷暖房に利用されています。

平成19

12

エコハウスモデル住宅

太陽熱利用

6平方メートル

給湯や冷暖房に利用されています。

平成21

13

天竜区役所

太陽熱利用

57平方メートル

給湯や冷暖房に利用されています。

平成22

14

南部清掃工場 

バイオマス発電
(廃棄物発電)  

2,800kW 

施設で使用する電力の一部をまかなっています。

平成7

15

西部清掃工場

バイオマス発電
(廃棄物発電)  

9,600kW 

施設で使用する電力の一部をまかなうほか、ToBiOに電力を供給しています。 

平成20

16

春野協働センター

バイオマス熱利用

9,500kcal/h 

木質ペレットを燃焼することで暖房に利用されています。 

平成19

17

エコハウスモデル住宅

バイオマス熱利用

12,900 kcal/h 

木質ペレットを燃焼することで冷房や暖房に利用されています。 

平成21

18

天竜区役所

バイオマス熱利用

30,240kcal/h 

木質ペレットを燃焼することで冷房や暖房に利用されています。 

平成22

19

木質ペレット製造施設
(龍山森林組合内)

バイオマス燃料製造 

800トン/年 

間伐材を利用して木質ペレットを製造します。 

平成22

※その他、太陽光発電パネルや風力発電を利用した照明・時計などが市内各地に設置されています。

保健所太陽光発電保健所【太陽光発電】

西部清掃工場バイオマス発電西部清掃工場【バイオマス発電】

→「新エネルギーの利用促進」のページへ戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所産業部エネルギー政策課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2503

ファクス番号:050-3730-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?