ホーム > くらし・手続き > 税金 > 軽自動車税 > 軽自動車税の減免申請をするときは 1

ここから本文です。

更新日:2018年6月12日

軽自動車税の減免申請をするときは 1

身体等に障がいをお持ちの方で、該当条件に当てはまる場合は、軽自動車税が減免となります。

いつ

減免を受けようとする年度の、納期限前7日まで

だれが

  • 所有者本人

代理の可否

可能 (第三者の場合は第三者の認印が必要)

方法

直接窓口へ

受付窓口

市民税課軽自動車税グループ
区役所 区民生活課(東・西・南・浜北区) 軽自動車税担当
区役所 資産税課税務グループ(北・天竜区)
協働センター(引佐・三ヶ日・春野・佐久間・水窪・龍山)
市役所 税務総務課

受付時間

午前8時30分~午後5時15分

休日

土・日曜日、国民の祝日(休日)、12月29日~1月3日

提出する書類

軽自動車税減免申請書(PDF:67KB)

持ち物

  • 所有者の認印
  • 身体障害者手帳又は戦傷病者手帳又は療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳
  • 運転する方の免許証(コピー可)
  • 車検証(コピー可)
  • 常時介護に関する証明書(常時介護をする方が運転の場合)
  • 代理の場合、その方の認印(スタンプ式(シャチハタ)不可)
  • マイナンバーカードまたは通知カード
  • 精神障害者保健福祉手帳で減免申請される場合は自立支援受給者証など、通院がわかるもの

費用

無料

お渡しするもの

なし

注意

  • 1人につき二輪・軽自動車・普通車のうち1台
  • 本人の名義であること(身体に障がいをお持ちの方で年齢18歳未満の方もしくは成年被後見人の方、戦傷病者で成年被後見人の方、または精神に障がいをお持ちの方については生計を一にする方が所有する軽自動車等を含む)
  • 本人が通学・通院・通所・生業のために運転
  • 身体に障がいをお持ちの方等の通学・通院・通所・生業のために生計を一にする方が運転
  • 身体に障がいをお持ちの方を、常時介護する方が、通学・通院・通所・生業のために運転
  • 減免は該当条件に当てはまる場合に受けられます ⇒ 該当条件(PDF:22KB)

関連情報

-

所要時間・期間の目安

約10分

資料

-

根拠法令等

地方税法第442条の2・第454条、市税条例第81条・第90条・第91条、市税条例施行規則第6条

判断の目安

-

不服申立方法

-

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所財務部市民税課

〒430-0948 浜松市中区元目町120-1 元目分庁舎

電話番号:053-457-2077

ファクス番号:053-472-6910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?