ホーム > くらし・手続き > 市民活動 > 市民協働 > 平成30年度 市民活動体験講座 受入団体を募集します

ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

平成30年度 市民活動体験講座 受入団体を募集します

市民活動体験講座とは

市内の中学生及び高校生に市民活動体験ができる機会を提供し、若い世代の市民活動に対する認識・理解を深めることにより、市民一人ひとりが社会の課題に目を向け、課題解決のために行動することができる社会づくりを目的とした事業です。

事業の概要としては、市内で活躍する市民活動団体が実施する活動を、中高生に実際に体験してもらいます。

募集要領(PDF:410KB)

受入団体の募集

受入団体数は、6団体程度です。

(1)応募資格

市内に主たる事務所を置く市民活動団体とします。法人格の有無は問いません。

ただし、以下に掲げる団体は除きます。

  • 宗教の教義を広め、儀式行事を行い、及び信者を教化育成することを主たる目的とする団体
  • 政治上の主義を推進し、支持し、又はこれに反対することを主たる目的とする団体
  • 特定の公職の候補者若しくは公職にある者又は政党を推薦し、支持し、又はこれらに反対することを目的とする団体
  • 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。)、暴力団員等(同条第6号に規定する暴力団員又は同号に規定する暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者をいう。)及び暴力団員等と密接な関係を有する者並びにこれらの者のいずれかが役員等(無限責任社員、取締役、執行役若しくは監査役又はこれらに準じるべき者、支配人及び清算人をいう。)となっている団体
  • その他公の秩序に反する団体

(2)講座の内容について

講座内容は、講義(市民活動団体の理念や活動等の説明)及び活動体験(実際の市民活動体験)です。

  • 講義 団体の理念や設立の経緯、目的、社会的背景等を受講生に説明してください
  • 活動体験 受講生が興味を持って体験できるように企画してください
  • 危険が伴う活動、公序良俗に反する活動は禁止します
  • 受講生を労働に使役するのみの活動は、講座として認めません

講座時間は、3時間以上を目安としてください

受講生は、市内在住または市内の学校に通う中学生と高校生です。受講人数は応募の状況によりますが、あらかじめ申込書に受講生の受け入れ可能人数や中学生・高校生の別、保護者同伴の可否を記載してください。

開催場所は、受入団体が指定できますが、受講生が参加しやすい場所を指定してください。

開催日は、平成30年7月21日(土曜日)~12月28日(金曜日)のうち、受入団体が希望する日です。原則は夏休み期間中としますが、イベントの開催時期等の事情がある場合を考慮し、上記期間内を可能とします。受講生が参加しやすい日時を選んでください(選考基準のひとつです)

受講料は、無料としてください。ただし、受講生の交通費、原材料費、食事代は受講生負担とします。

申込み方法

(1)事前申込み

講座の内容(活動内容、参加受入可能人数、概ねの開催日時)について、事前申込書(様式1)に記載してください。

  • 提出書類:事前申込書(様式1)(Word:42KB)
  • 提出期限:平成30年5月7日(月曜日)午後5時まで(必着)
  • 提出場所:浜松市 市民協働・地域政策課
  • 提出方法:窓口へ持参、メール、郵送(持参以外の場合は、併せて電話連絡をお願いします)

申込団体の選考

(1)事前申込みにおける選考

事前申込みについて、下記の基準により、受入団体の選考を行います。要件を満たさない場合や、申込団体が多数の場合は、講座開催をお願いできない場合もありますので、ご了承ください。選考の結果は、団体宛てに通知いたします。

  • 応募資格を満たしているか
  • NPO法人の場合、法定の義務(事業報告書等の提出等)を遵守しているか
  • 事業の目的に合った講座内容であるか
  • 受講生が参加しやすい講座内容(日時、場所を含めて)であるか
  • 受講生が集まることが期待できるか(申込団体自ら受講生を集める工夫があるか)

受入団体の決定

選考の結果、受入団体として決定された団体には、文書にて講座開催を依頼します。なお、受入団体には、講座終了後に謝礼として、2万5千円をお支払いします。

事業実施にあたっての留意点

受入団体となった場合は、以下の点に留意してください。

(1)受講生の募集

市が市内の中高生に向けて事業を周知し、受講生を募集します。(※申込多数の場合は抽せん)募集時に団体の情報や活動の様子を市のホームページやパンフレットに掲載します。団体の通常の活動時の写真など、ご提供をお願いすることがありますので、ご協力ください。

受入団体からも、つながりのある学校等に対し、積極的な情報提供と受講生の募集の呼びかけをお願いします。

(2)ボランティア保険への加入

受講生のボランティア保険について、各受入団体で費用を負担し、加入していただきます。現在、保険に未加入又は、加入済の保険で対応できない場合は、講座開催日までに必ず加入してください。

(3)講座の開催

申込書に基づき、講座を開催していただきます。当日は下記の事項に十分注意してください。

  • 受講生の安全確保を最優先にしてください。
  • 関係機関等との連絡調整を密にして、誠実かつ確実に業務を遂行してください。
  • 業務中に支障や疑義が生じた場合には、市民協働・地域政策課の指示を受けてください。
  • 講座開催時に、写真撮影をしますので、ご了承ください。

(4)アンケート調査

講座終了後、受講生に対し、アンケート調査を実施します。

(5)講座の様子の紹介

講座終了後、市のホームページ等で、講座の様子を紹介いたします。またその際に講座時の写真を掲載いたします。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所市民部市民協働・地域政策課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2094

ファクス番号:053-457-2750

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?