ここから本文です。

更新日:2018年6月14日

麻しんについて

麻しん(はしか)とは

麻しんは、「麻しんウイルス」によって引き起こされる急性の全身感染症として知られています。麻しんウイルスの感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播し、その感染力は非常に強いと言われています。免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続するといわれています。

潜伏期間

10~12日

主な症状

感染すると、約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れ、2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発しんが出現します。肺炎や中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症するといわれています。死亡する割合も、先進国であっても1,000人に1人といわれています。
その他の合併症として、10万人に1人程度と頻度は高くないものの、麻しんウイルスに感染後、特に学童期に亜急性硬化性全脳炎(SSPE)と呼ばれる中枢性神経疾患を発症することがあります。

感染経路

接触、飛沫、空気のいずれの感染経路でも感染します。なお、麻しんウイルスの空気中での生存期間は短時間(2時間以下)といわれています。

感染経路

麻しんは感染力が強く、空気感染もするので、手洗いやマスクだけでは予防はできません。麻しんの「予防接種」が最も有効な予防法です。
妊娠している方など、予防接種を受けることができない場合には、麻しん流行時には外出を避け、人ごみに近づかないようにするなど注意が必要です。

 

海外に行く方へのお願い

海外に行く方は、以下のことにご注意していただき、お出かけください。

出国する前に

  • 麻しんの予防接種をしているかどうか「母子健康手帳など」でご確認ください。
  • 2回接種をしていない方は、予防接種をご検討ください。

帰国した後に

帰国後2週間程度は健康状態(特に、高い熱や全身の発しん、せき、鼻水、目の充血などの症状)にご注意ください。

厚生労働省リーフレット

「麻しん(はしか)」は世界で流行している感染症です。(PDF:158KB)

 

麻しん(はしか)を疑わせる症状がある場合には・・・

  • 公共交通機関のご利用を控えてください。
  • 不要な外出を控えてください。
  • 速やかに医療機関を受診してください。

受診する前に医療機関に電話して「麻しんの可能性がある」ことを伝えてください。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部保健所 生活衛生課

〒432-8550 浜松市中区鴨江二丁目11-2

電話番号:053-453-6118

ファクス番号:053-453-6230

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?