ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 心の健康 > 浜松市精神保健福祉センター > センターだより > 平成27年度 がん患者さんのご家族とご遺族のこころの講演会「大切な人との時間 ~悲しみを抱いたまま生きていく~」

ここから本文です。

更新日:2016年1月12日

平成27年度 がん患者さんのご家族とご遺族のこころの講演会「大切な人との時間 ~悲しみを抱いたまま生きていく~」

「大切な人との時間 ~悲しみを抱いたまま生きていく~」と題して、がん患者さんのご家族とご遺族のこころの講演会を開催致します。

講演会のご案内(PDF:522KB)

 

開催日時

月日

開場

講演
平成28年2月13日(土曜日)

午後1時30分

午後2時~午後4時

 

講師

垣添 忠生 (かきぞえ ただお) 氏
メッセージ

1941年、大阪にて出生。1967年、東京大学医学部医学科卒業。同年東京大学附属病院で研修し、都立豊島病院、医療法人藤間病院外科に勤務。1972年東京大学医学部泌尿器科文部教官助手となる。この頃から膀胱がんの基礎研究に携わり、大学の勤務終了後、夜国立がんセンター研究所に通い研究を続ける。1975年、国立がんセンター病院泌尿器科に勤務し、1987年同病院手術部長、第一病棟部長、副院長を経て、1992年1月に病院長、同年7月に中央病院長、2002年4月総長に就任する。2007年4月国立がんセンターを退職し、同名誉総長、財団法人日本対がん協会会長に就任。泌尿器科学を専門とし、発がん全般、特に膀胱発がん、前立腺発がんについてなど、幅広く関心をもち強い想いを持って研究を続けている。立場上、がんの診断、治療、予防に幅広く関わり、全がんに目配りし、がん予防、がん検診、緩和医療に対する関心も強い。これまでに、国立がんセンター田宮賞、高松宮妃癌研究基金学術賞、日本医師会医学賞、瑞宝重光章などを受賞している。

 

主な著書

発がんからみた膀胱がんの臨床(メディカル・ビュー社)

がんと人間(共著 岩波新書)

患者さんと家族のためのがんの最新医療(岩波書店)

前立腺がんで死なないために(中央公論社)

妻を看取る日(新潮社)

悲しみの中にいるあなたへの処方箋(新潮社)

がんと人生(中央公論新社)など。

 

参加費

無料

定員

100名(先着順)

会場

浜松市地域情報センター1階ホール (住所 浜松市中区中央一丁目12-7)

お申込み・お問い合わせ

平成28年1月13日(水曜日)より、お電話にてお申し込みください。

浜松市精神保健福祉センター TEL 053-457-2709

会場までのアクセス

遠州鉄道西鹿島線電車 「遠州病院前」下車、徒歩2分
JR浜松駅徒歩10分

※駐車場はございませんので、公共交通機関でお越しください。

※お車でお越しの際には、近隣に有料駐車場がございますが、費用はお客様負担となります。施設使用割引等ございませんので、ご了承ください。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部精神保健福祉センター

〒430-0929 浜松市中区中央一丁目12-1 県浜松総合庁舎

電話番号:053-457-2709

ファクス番号:053-401-1028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?