ホーム > 産業・ビジネス > 環境対策 > 産業廃棄物 > 石綿含有廃棄物等の適正処理について

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

石綿含有廃棄物等の適正処理について

建築物の解体工事等に伴って発生する石綿(アスベスト)は、形状等によって、廃石綿等と石綿含有廃棄物に分類されます。
廃石綿等は、特別管理産業廃棄物として指定され、通常の産業廃棄物とは異なる規制を受けています。
また、石綿含有廃棄物は、平成18年7月の廃棄物処理法施行令の改正に伴い、収集・運搬・処分等の基準が改正され、取り扱いが明確に示されました。
適正処理につきましては、環境省ホームページの「石綿含有廃棄物等処理マニュアル」に詳しく掲載されていますので、そちらをご覧ください。
環境省「石綿含有廃棄物等処理マニュアル」(別ウィンドウが開きます)
アスベストに起因する健康被害の救済と対策については、環境省ホームページの「石綿(アスベスト)問題への取組」に詳しく掲載されておりますので、そちらをご覧ください。
環境省「石綿(アスベスト)問題への取組」(別ウィンドウが開きます)
産業廃棄物処理業のページへ戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所環境部産業廃棄物対策課

〒432-8023 浜松市中区鴨江三丁目1-10 鴨江分庁舎

電話番号:053-453-6110

ファクス番号:053-453-6001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?