ホーム > 産業・ビジネス > 産業振興 > 企業支援 > BCP(事業継続計画)を策定しましょう

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

BCP(事業継続計画)を策定しましょう

BCP(事業継続計画)を策定しましょう

BCP(事業継続計画)とは?

BCP(Business Continuity Plan=事業継続計画)とは、企業が自然災害、大火災などの緊急事態に遭遇した際、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などをあらかじめ取り決めておく計画のことです。

BCPの必要性

大規模災害に見舞われた際、従業員やその家族の安全を確保することはもちろんですが、工場、店舗の復旧に思わぬ時間がかかり、その結果、納品先の企業や納入元の企業の経営にまで影響を及ぼしかねません。

このように、部品、商品、製品等の流れが複雑に交錯する現在の産業界では、ひとつの企業の災害復旧の遅れが地域全体、業界全体にまで波及するかもしれません。

また、納入先の企業にとっては、代替の納入先を確保し、自社の復旧後についても従前の取引が回復しないかもしれません。

こうした事態を回避するために、BCP策定の機運が高まってきています。

公共団体による策定支援

←企業支援トップへ戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所産業部産業振興課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2044

ファクス番号:050-3730-8899

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?