ホーム > 市政情報 > 行政区 > 南区 > 地域力向上事業 > 平成28年度事後評価結果

ここから本文です。

更新日:2017年6月1日

平成28年度事後評価結果

平成28年度に実施した事業について、南区行政推進会議及び南区協議会による事後評価を行いました。

市民提案による住みよい地域づくり助成事業

1.事業一覧

事業名(提案者)

事業内容

総事業費

(交付額)

単位:円

評価

結果

1

新津地区防犯まちづくり事業
~犯罪のない街は、きれいな街から~

(新津地区
防犯まちづくり推進協議会)

 

  • 「新津地区ながらパトロール隊」隊員や協力者が地域をパトロールしながら、不法投棄や側溝などにゴミが散乱している状況を把握する。
  • 自治会での環境パトロールに積極的に参加し、日々のパトロールで把握している情報を伝える。
  • 100人を超える参加者がパトロールを行い、防犯活動と併せ、街の美化活動を通じて、地域住民の防犯意識の高揚を図るとともに、犯罪抑止効果を高める。

43,439

(21,000)

結果

2

新津地区防犯まちづくり事業
~自発光式ストラップ~

(新津地区
防犯まちづくり推進協議会)

  • 新津中学校新1年生全員に「自発光式ストラップ」を配布。(約150個配布)
  • 自発光式ストラップの効果を確認するために中学校1、2年生にアンケートを実施し、事業効果の分析を行う。

48,600
(19,000)

結果

3

頭陀寺城(松下屋敷跡)広報活動事業

(頭陀寺城(松下屋敷跡)を語る会)

  • 頭陀寺城(松下屋敷跡)を中心とした周辺地域の地図(MAP)を8,000部作成。作成したMAPは、区内協働センター等15施設に配架及び頭陀寺町内への配布する。
  • 地域住民が頭陀寺城(松下屋敷跡)の歴史を認識することができ、郷土愛を育む一助となるとともに、観光客へのPRを図る。

281,280

(140,000)

結果

 

2.評価項目と判断基準

評価項目

判断基準

南区らしさ

  • 事業実施にあたり、南区固有の人材、資源などを活かせたか。
  • より発展、強化させることに繋がったか。

事業目的の達成度

  • 提案時点で掲げた目的をどの程度達成したか。

財政支援の必要性

  • 市が補助金を支出して支援を行う必要性があるか。

費用対効果

  • 事業実施により得られた効果と、かかる経費のバランスは適切か。

評価項目の評価
A:高い、B:普通、C:低い

3.事後評価結果

事業名(提案者)

南区ら

しさ

目的達成度

財政支援

費用対効果

評価内容

1 

新津地区防犯まちづくり事業
~犯罪のない街は、きれいな街から~

(新津地区
防犯まちづくり推進協議会)

A

A

B

A

  • 自分たちのまちは自分たちで守るという、意識の高さが伺える事業であり、継続性が期待できる。
  • 積極的に暑中見舞い、年賀状などを啓発手法とし活用しており、実施団体の独自性が高く評価できる。
  • 新津地区に留まらず南区全域に広がることを期待する。

2 

新津地区防犯まちづくり事業
~自発光式ストラップ~

(新津地区
防犯まちづくり推進協議会)

A

A

B

B

  • 中学校新1年生への「自発光式ストラップ」の配布は、事業の目的に対して、高い効果が期待できる。
  • 効果確認のために中学生へのアンケート調査を実施し、次回事業への改善につなげることは評価できる。
  • 今後は、更なるニーズを満たすよう継続的な活動を期待する。
3 

頭陀寺城(松下屋敷跡)広報活動事業

(頭陀寺城(松下屋敷跡)を語る会)

A

B

B

B

  • 大河ドラマに合わせて、地元住民が地元の頭陀寺の歴史を認識できたこと。また、頭陀寺城跡を始め、周辺の施設のPRには一定の相乗効果があったと思われる。
  • 『観光客の増加』に対する事業効果などを検証し、次の事業展開を検討していただきたい。
  • 南区の観光スポットとして継続的なPRができると良い。

 

地域力向上事業のページへ▲

南区のページへ▲

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所南区区振興課

〒430-0898 浜松市南区江之島町600-1

電話番号:053-425-1120

ファクス番号:053-425-1695

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?