ここから本文です。

更新日:2018年8月12日

 浜松市天文台/イベント情報

平成30年8月~10月のイベント(開催・申込)

毎月定例の観望会

土曜星空観望会(申込不要)
太陽・昼間の星観望会(申込不要)

8月

12日(日曜日):ペルセウス座流星群観望会 悪天候のため中止させていただきます。
17日(金曜日):七夕ナイト(旧七夕) (申込不要)
18日(土曜日):ミニ講座(申込不要)
19日(日曜日):親子天文教室(要 申込)
26日(日曜日):望遠鏡講座(要 申込)

 

9月

9月9日(日曜日):天文講演会(要申込)
9月15日(土曜日):天文講座(要申込)
9月24日(月曜日):中秋の名月観望会~石人の星公園~(申込不要)

10月

10月13日(土曜日):ミニ講座(申込不要)
10月21日(日曜日):十三夜観望会(申込不要)
10月27日(土曜日):天文講座(要申込)
10月28日(日曜日):太陽・昼間の星観望会(石人の星公園にて) 

11月

11月11日(日曜日):星空写真講座~秋~

 

 

 

土曜星空観望会 ~宇宙へのとびらinはままつ

土曜星空観望会

毎週土曜日の夜は星空観望会を行っています。
天文台の望遠鏡で星を見ませんか。
季節の星座や見ごろの天体をスタッフがご案内します。

毎週土曜日開催
4月~9月19時00分~20時50分
10月~3月18時30分~20時30分
延長観望会始時刻~23時00分

平成30年10月までの開催日
7月・・28日
8月・・・11日、18日、25日
9月・・・1日、8日、15日、22日、29日
10月・・・6日、13日、20日、27日

対象なたでもお気軽にご参加ください。
場所松市天文台屋上階

加無料、申込や受付不要、時間内入退場自由、直接天文台屋上へ。(雨天中止)

「8月の土曜星空観望会」

◇夏の星座の見ごろです。
・観望会に夏の星座(てんびん座、こと座、わし座、はくちょう座など)

◇その他の星雲・星団、恒星
・北斗七星(おおぐま座)
・春の重星(ミザール・アルコル、アルギエバ、コルカロリ等)
・夏の星雲、星団(M57リング星雲、M13球状星団)
など

◇惑星
・水星…観望会では見えません。
・金星…見えます。宵の明星です。
・火星…観望会後半に出現。
・木星…見えます。
・土星…見えます。
・天王星…観望会では見えません。
・海王星…観望会では見えません。


 ◇8月の土曜星空観望会の月
・11日:月齢29.0(新月)
・18日:月齢6.7(半月、上弦)
・25日:月齢13.7(満月1日前)

ページの先頭へ戻る

 

太陽・昼間の星観望会 

専用望遠鏡で撮影した太陽

専用の機材で安全に太陽を観望します。
条件が良ければ太陽の黒点やプロミネンスが見られます。
明るい恒星や惑星など、昼間に見える天体があればご案内します。

毎月第1日曜日14時00分~16時00分

◆太陽・昼間の星例観望会(7、8月) 場所:天文台屋上
・8月5日(日曜日)14時00分~16時00分
・9月2日(日曜日)14時00分~16時00分
・10月7日(日曜日)14時00分~16時00分
・11月4日(日曜日)14時00分~16時00分

◆太陽・昼間の星張観望会 場所:石人の星公園(遠州灘海浜公園中田島北地区)
・10月28日(日曜日)14時00分~16時00分

対象:どなたでもご参加いただけます。

加無料、申込不要、時間内入退場自由、直接会場へ。(雨天中止)

!双眼鏡や望遠鏡で直接太陽を見るのは危険です。
!天文台では安全に見られるよう、専用の機材を準備しております。

 

 

ページの先頭へ戻る

天文講座「広がる宇宙へ はじめの一歩」(要申込) 

天文台事業協力者の方を講師に迎え、分かりやすくお話しいただけます。
星空を見上げる楽しさを、あなたにも!
肉眼で見ても楽しい、きれい!星座や星の名前、見方、歴史、など星空デビューの最初の一歩を。


日時:9月15日(土曜日)17時00分~18時30分

場所:五島協働センター講座室(天文台階下)

対象:一般

※参加無料
※雨天実施
※会場前に受付があります。開始時刻までにお越しください。

<天文講座は事前に申し込みが必要です>
8月25日(土曜日)14時から、お電話で天文台まで(申込順、40名程度)

ページの先頭へ戻る

天文講座「半導体における宇宙放射線の影響ー人工衛星を例に」 

 天文台事業協力者の方を講師に迎え、分かりやすくお話しいただけます。

 地球の周りには多くの人工衛星が周っていますが、それら人工衛星は太陽活動をはじめ、いろいろな宇宙環境の影響を受けています。その中でも宇宙放射線に注目して、宇宙放射線が人工衛星内で使われている半導体にどのような影響を与え、その影響に対しどのような対策をしているのか紹介します。

内容

  1. 宇宙環境が人工衛星に与える影響
  2. 宇宙放射線の種類
  3. 宇宙放射線の半導体素子への影響概要
  4. 電子回路の基本構成
  5. 宇宙放射線による半導体素子の誤動作と人工衛星への影響
  6. 対策

日時:10月27日(土曜日)16時30分~18時00分

場所:五島協働センター講座室(天文台階下)

対象:一般

※参加無料
※雨天実施
※会場前に受付があります。開始時刻までにお越しください。

<天文講座は事前に申し込みが必要です>
10月6日(土曜日)14時から、お電話で天文台まで(申込順、40名程度)


ページの先頭へ戻る

スターウィーク 

 「スターウィーク~星空に親しむ週間~」の期間中に行う星空観望会です。
今年のキャッチコピーは、「火星がぼくらに会いに来る」
スターウィークにちなみ、惑星を観望対象の中心にして、連日観望会を行います。

日時
8月
1日
(水曜日):19時00分~20時50分
2日(木曜日):19時00分~20時50分
3日
(金曜日):19時00分~20時50分
5日
(日曜日):19時00分~20時50分
7日
(火曜日):19時00分~20時50分

場所:天文台屋上

対象:一般

※参加無料
※雨天中止


ページの先頭へ戻る

スターウィーク2018inはままつ 

広場にたくさん望遠鏡を並べ、夏の夜空を楽しむイベントです!

日時:8月4日(土曜日)19時00分~22時00分
場所:浜名湖ガーデンパーク 緑地広場 ※入場は南ゲートからのみとなります
対象:一般

※参加無料
※雨天中止

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページの先頭へ戻る

望遠鏡を作ろう 

 望遠鏡の仕組みを学習し、手作り望遠鏡キットを使った望遠鏡の製作をします。
 その後、作った望遠鏡を使っての星空観望を行います。

日時

  1. 7月22日(日曜日)18時00分~21時00分
  2. 8月10日(金曜日)18時00分~21時00分

場所

工作:五島協働センター1Fホール
観望:天文台屋上

対象

小学生とその保護者

 ※雨天実施
 ※会場前に受付があります。開始時刻までにお越しください。

 <望遠鏡工作は事前に申し込みが必要です>定員に達しましたので、申し込みを終了しました。  
 7月14日(土曜日)14時から、お電話で天文台まで(申込順、各回 対象児童20名程度とその御家族) 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

親子天文教室「夏の星空を楽しもう」 

 季節の星座や宇宙についてのお話と、望遠鏡による観望がセットになった小学生親子向け天文教室
 講座1時間、観望1時間程度を予定しています。

日時
7月20日(金曜日)19時00分~21時00分
8月19日(日曜日)19時00分~21時00分

場所
講座:五島協働センター2F講座室(天文台階下)
観望:天文台屋上

対象:小学生とその保護者

 ※雨天時は、講座と天文台見学
 ※会場前に受付があります。開始時刻までにお越しください。

<親子天文教室は、事前に申し込みが必要です>
 7月7日(土曜日)14時から、お電話で天文台まで(申込順、定員60名)定員に達しましたので、申し込みを終了しました。  

ページの先頭へ戻る

ペルセウス座流星群観望会 

 ペルセウス座流星群の極大日に、天文台屋上で寝転がって流星群を観望しよう!

 日時:8月12日(日曜日)22時00分~翌13日(月曜日)02時00分

 場所:天文台屋上

悪天候のため中止させていただきます。  


 


ページの先頭へ戻る

天文ミニ講座 季節の星座(申込不要) 

季節の星座の探し方や、星座の物語など、星空観望のためのお話。(1時間程度)
そのまま土曜星空観望会に参加できる時間設定です。観望会の予習にも。

日時(シーズン2回実施。2回の内容はほぼ同じです)
・夏編第1回:終了しました。
・夏編第2回:8月18日(土曜日)17時30分~18時30分(観望会は19時から)

・秋編第1回:10月13日(土曜日)17時00分~18時00分(観望会は18時30分から)
・秋編第2回:11月17日(土曜日)17時00分~18時00分(観望会は18時30分から)

場所:五島協働センター講座室(天文台階下)

対象:どなたでも(一般向けですが、お子様も参加できます。)

※参加無料、雨天実施
※開始時刻までに直接会場にお集まりください。
※座席に限りがあります。

ページの先頭へ戻る

 

四季の星空写真講座:秋(要申込) 

カメラで星の入った写真を撮影するための講座と実技。
(望遠鏡で特定の天体を撮影する講座ではありません。)
・カメラの基礎や撮影の方法(屋内:1時間半程度)
・屋上での撮影実習(屋外:参加者貸切)

日時:11月11日(日曜日)18時00分~20時30分

場所:五島協働センター講座室(天文台階下)および天文台屋上階

対象:どなたでも

※参加無料
※雨天実施(講座と室内での実習)
※会場前に受付があります。開始時刻までにお越しください。

<星空写真教室は事前に申し込みが必要です>
10月27日(土曜日)14時から、お電話で天文台まで(申込順、20名程度)

参加者持ち物
・レンズ交換式デジタルカメラ(一眼レフ、ミラーレス)
・交換レンズ(広角:35mm版換算で焦点距離28mm前後を含むズームもしくは単焦点レンズ。フード付きが望ましい)
・持参カメラの取り扱い説明書
・三脚(お貸しできますが、数に限りがあります。できるだけご持参ください。)
・ケーブルレリーズ(リモートコードやリモコン)
・ヘッドライトや懐中電灯等

※バッテリーやメモリカードを事前に確認し、すぐに撮影できる状態でお越しください。
※夜間に屋外での実技があります。気温に合わせた服装でお越しください。

 

 

ページの先頭へ戻る

七夕ナイトinはままつ 

昔から行われていた七夕は、月の動きを基準にした旧暦に基づいていました。これは伝統的七夕や、旧暦による七夕とよばれ、現在の暦よりも1ヶ月程度遅れます。伝統的七夕の頃は夏空が安定することが多く、織姫星や彦星、天の川の高度も高くなって、心ゆくまで七夕を楽しむことができます。

浜松市天文台では、夏の星座が観望の時間に見頃を迎える時期に、ライトダウン啓発の意味も込めて星空観望会を行います。

 日時:8月17日(金曜日)19時00分~21時00分004

 場所:天文台屋上

 対象:どなたでも

 ※参加無料
 ※雨天中止

望遠鏡講座(要申込) 

望遠鏡のしくみや使い方についての講座と実技。以下のような方に。
・望遠鏡に関心がある。
・望遠鏡の購入を検討している。
・望遠鏡を持っているが使い方が分からない。

日時:8月26日(日曜日)19時00分~21時00分

場所:五島協働センター講座室(天文台階下)および天文台屋上階

対象:どなたでも

※参加無料
※個人望遠鏡の持参可
※雨天実施(講座と室内での実習)
※会場前に受付があります。開始時刻までにお越しください。
※屋上での実技を予定しております。夜間ですので気温に合わせた服装でお越しください。

<望遠鏡講座は事前に申し込みが必要です>
8月3日(金曜日)14時から、お電話で天文台まで(申込順、10名程度)

※望遠鏡講座は季節ごと年4回実施します。各回の内容は概ね同じです。

 

 ページの先頭へ戻る

天文講演会(要申込) 

NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構鹿島宇宙技術センター)で主任研究員をされていて、現在は内閣府出向中の布施哲治氏をお招きし、講演会を行います。
国立天文台ハワイ観測所の研究生活から、すばる望遠鏡の成果とその舞台裏、太陽系探査の話までたっぷりとお話しいただけますよ!
子供向けの本もたくさん執筆している方なので、お子様にも分かりやすいと思います。

日時:9月9日(日曜日)午後1時30分~午後15時30分

場所:五島協働センター1階ホール

対象:どなたでも

※参加費無料
※会場前に受付があります。開始時刻までにお越しください。
※駐車場40台

<天文講演会は事前に申し込みが必要です>
7月1日(日曜日)14時から、お電話で天文台まで(申込順、200名程度)

ポスター詳細(PDF:2,245KB)

 ページの先頭へ戻る

 

中秋の名月観望会 

「中秋の名月」とは、旧暦(太陰暦)8月15日の夜に見える月のことを指します。fullmoon
中秋の名月は農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれることもあります。中秋の名月をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。

中秋の名月に行う観望会。月や季節の天体を肉眼や望遠鏡で観望しましょう。

日時:9月24日(日曜日)19時00分~21時00分

場所:石人の星公園北側駐車場

対象:どなたでも

※参加費無料、雨天中止、直接会場へ。

 

十三夜観望会 

旧暦の8月15日の「中秋の名月」は中国から伝わったもので、「中秋の名月」の頃には日本は9月でちょうど台風が多い時期に重なってしまいます。 名月を見られないことも多くあったため、旧暦の9月13日の月、つまり「十三夜」の月を見るという風習が日本独自に考え出されました。

「十三夜」は現在の暦ではたいてい10月となるため、秋晴れとなることが多く、月の輝きがとても美しくなる頃合です。 この時期に栗や豆が収穫されることから「栗名月(くりめいげつ)」や「豆名月(まめめいげつ)」と呼ばれることもあります。moon

 月や季節の天体を肉眼や望遠鏡で観望しましょう。

日時:10月21日(日曜日)18時30分~20時30分場所:浜松市天文台屋上

対象:どなたでも

※参加費無料、雨天中止、直接会場へ。

 

 

浜松市天文台マーク


 

年間イベント一覧

交通案内

施設案内


よくある質問

ゆめいっぱい小学生宇宙絵画展


浜松市天文台公式facebookページ(別ウィンドウが開きます)

 

 

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市天文台
〒430-0836浜松市南区福島町242-1
Tel:053-425-9158・Fax:053-427-1011
E-Mail:hao@city.hamamatsu.shizuoka.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?