ホーム > 市政情報 > 行政区 > 北区 > 区政運営方針 > 平成30年度浜松市北区のまちづくり(区政運営方針)

ここから本文です。

更新日:2018年6月6日

平成30年度浜松市北区のまちづくり(区政運営方針)

北区の将来像

産業と自然が織りなす人にやさしい北区
~豊かな産業と地域資源が融合する田園都市空間の創出を目指します~

北区のまちづくり(区政運営方針)とは

区政運営方針とは、北区のまちづくりの基本方針や地域課題を区民の皆様と区役所が共有するため、毎年度、区長が区政運営の基本的な考え方を区民の皆様にお示しするものです。

あわせて、今年度、北区で実施する主な取り組みを紹介します。

平成30年度の基本方針

北区は、浜名湖や都田川などの水と緑の豊かな自然にはぐくまれ、特色ある地域文化と産業に恵まれています。また、近年では新東名高速道路を利用した内陸部における新たな産業集積も注目されています。

区政運営にあたっては、こうした北区の特性を活かし、『区民の皆様の参加と協働』を基本に、区内の多様な地域資源を区全体の共有の財産として活用し、一体感のある北区づくりを進めていきます。

今年度は、
(1) 安全安心なまちづくり
(2) 市民協働による区民主体のまちづくり
(3) 中山間地域活性化の推進
(4) 地域遺産(歴史文化・自然)を活かした魅力あるまちづくり

を基本方針として、身近な行政サービスの拠点として区民の皆様にご満足いただける区政運営に努めてまいります。

平成30年度の主な取り組み事業

区役所が主体となって行う事業

1 安全安心なまちづくり事業

◆ 北区安全安心まちづくり事業
北区内の安全で安心なまちづくりを推進するため、青色パトロール活動事業・防災ホットメールの普及などを実施します。


◆ 市民防災意識啓発事業
山間地から都田川水系の各河川を経て浜名湖に至る多様な地形を擁している北区の防災対応は、区民の皆様への迅速な防災情報の提供と平時からの防災意識向上が重要であることから、

(1) 複数の情報提供を実施し、自主防災隊との連携を図ります。
(2) 地区における危険性及び出火時の対応方法を周知し、区としての減災を目指します。


◆ 交通事故防止対策事業
浜松市は、政令市20市における人口10万人あたりの人身交通事故件数ワースト1が続いていることから、

(1) 関係機関と連携してよりいっそうの交通安全教育の推進を図ります。
(2) 地区における危険性及び出火時の対応方法を周知し、区としての減災を目指します。

2 市民協働による区民主体のまちづくり

◆ 区協議会運営事業
区協議会を開催し、地域課題の解決に向けた意見集約や幅広い区民の皆様の声を行政に反映させます。

◆ 市民提案による住みよい地域づくり助成事業
地域の課題を解決するため市民団体に事業提案を募り、審査の結果採択された団体が主体的に取り組む事業を支援します。

◆ 区民活動・文化振興事業
地域の活性化や文化振興のため、市民協働の観点を取り入れた事業を実施します。

(1)献上みかん事業

(2)北区文化交流祭開催事業

(3)北区ふれあいマラソン大会開催事業

(4)地域スポーツ育成事業

(5)地域百科事典作成事業

◆ 区課題解決事業

 区民の皆様と連携し、協働センターを核とした地域課題解決に取り組みます。

◆ 区大事業の実施
地域のまちづくりを担い伝統文化事業を継承する基幹事業を支援します。また、これらの事業を観光資源としても活用し、北区のプロモーションを推進します。

(1)姫様道中

(2)三ヶ日花火大会

(3)いなさ人形劇まつり

(4)北区Deまつり

3 中山間地域活性化の推進

◆ 中山間地域まちづくり事業
中山間地域に生活する市民が自ら発案し行動することによって、地域の活性化を推進することができるよう、地域密着型NPO法人の活動を支援いたします。

◆ 浜松山里いきいき応援隊
都市部の若者を中山間地域活性化の新たな担い手として活用します。地域行事への参加、協力及び農林作業等の補助作業を通じて地域の活性化を図ります。

4 地域遺産(歴史文化・自然)を活かした魅力あるまちづくり

◆ 地域の歴史を紹介する講座の開催「湖北五山」、「直虎ゆかりの地」、「浜名湖の歴史」などを紹介する講座を開催し、北区の歴史や文化を活かしたまちづくりを図ります。

◆ 文化財保護保存継承事業北区の指定文化財の保護・保存・伝承を支援していきます。

◆ 直虎レガシー伝承事業大河ドラマの放映により高まった北区の注目度や豊富な地域遺産を活用し、直虎レガシー伝承事業として、各種事業を展開していきます。

(1) 平成29年度に公募した候補地の中から、「北区(直虎)ビューポイント」を選定します。

(2) ビューポイントを活用したモデル事業を展開し、広く情報発信していきます。

(3) 浜松時代の家康公、その家臣の井伊直政のストーリーを表現したジオラマ作品を、巡回展示していきます。

 

北区で行われる主な事業

◆ 新・産業集積エリア整備事業、農業振興エリア整備事業新東名高速道路・浜松SAスマートIC周辺地域で、農業と工業の均衡ある発展が図られるよう、大規模工業用地の整備と分譲、農地の集約及び農業基盤整備を進めます。

 

◆ 農泊 食文化海外発信地域(SAVOR JAPAN)事業浜松・浜名湖地域が「農泊 食文化海外発信地域(通称:SAVOR JAPAN)」に認定されたことを受け、食文化を基軸とした魅力を国内外へ情報発信することにより、観光客を誘致し、地域の活性化や農林水産業者の所得向上に努めます。

 

◆ 農作物被害対策支援事業鳥獣による農作物への被害を防止、軽減させるため、防護活動事業を支援します。また、地域ごとに任命した鳥獣被害対策実施隊員による被害防止対策の普及・定着を図ります。

◆ 道路・河川の要望対応市民から寄せられる道路・河川に関する小規模要望に重点的に対応するとともに、中規模要望のうち優先度の高い事業について計画的に実施する等、市民の満足度の向上に努めます。

 

◆ 土木施設の長寿命化・耐震対策北区内の道路や橋梁、河川施設等の計画的な維持修繕を進めるとともに、災害時に重要となる緊急輸送路の通行確保を目的とした橋梁の耐震化を進めます。

 

◆ 道路ネットワークの強化安全安心な走行空間や地域活力を創出するための道路整備を進めます。

(1) 国道257号外金指西バイパス関連事業(細江町・引佐町)

(2) 市道沢上灰の木原線道路整備事業(都田町)

(3) 市道大原2号線道路整備事業(第2工区)(大原町)

(4) 市道有玉南初生線バイパス整備事業(初生町)

(5) 通学路整備要望、生活道路の安全対策

 

◆ 中山間地域あらたな仕事づくり研究事業遊休資産やドローンの活用事業など新たな産業を研究、創設し、中山間地域における定住人口を拡大することにより中山間地域の活性化を推進します。

 

◆ 市内間交流事業都市部と中山間地との交流事業を促進することで、連携、協働による地域の自立、自治を促進させるとともに、交流を契機とした中山間地への移住者の増加に繋げます。

 

◆ (仮称)市民音楽ホール整備事業市民の音楽文化活動や学習成果等の発表の場を創出するため、新都田地区に(仮称)市民音楽ホールの整備を進めていきます。

 

◆ シティプロモーション事業直虎で注目を集めた「湖北五山」を始めとする歴史遺産の活用やマリンスポーツの魅力の発信などにより、観光誘客に取り組みます。

 

◆ 浜松地域遺産認定事業浜松市内の文化財資源の顕彰を目的として、指定文化財や登録文化財と同様に、地域遺産を認定し、当該資源の活用と後世への継承、地域活性化を目指します。

 

区政運営方針の詳細につきましては、平成30年度北区区政運営方針(PDF:879KB)をご覧ください。

 

←北区トップに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所北区区振興課

〒431-1395 浜松市北区細江町気賀305

電話番号:053-523-1112

ファクス番号:053-523-1907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?