ここから本文です。

更新日:2018年3月6日

女城主 井伊直虎 ゆかりの地浜松

井伊家ゆかりの地「掛川市・袋井市」


遠州三山

今川氏の命により井伊直親を誅殺(ちゅうさつ)した朝比奈氏がかつて治めていた掛川は、万治2年(1659)から四代にわたり、井伊家が藩主となった地です。井伊直政の長男・直勝は、彦根城を築城後、息子の直好とともに、掛川藩に移りました。東海道の中間地点にある袋井市には、遠州三山(法多山、可睡齋、油山寺)があり、その一つ、油山寺は、直好が建立した掛川城の大手門が山門となっているほか、可睡齋には、直勝と直好の墓所があります。井伊家は掛川藩主を務めた後、その子孫は与板藩主(新潟県)となり幕末まで続いていきます。


掛川城

(広報はままつ2018年3月号)

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028