ホーム > 出世の街 浜松 みりょく大集合 > はっけん浜松 > 名所・旧跡 > 徳川家康公の長男信康の墓がある「清龍寺」

ここから本文です。

更新日:2014年11月27日

徳川家康公の長男信康の墓がある「清龍寺」

岡崎三郎信康は、徳川家康公の長男で織田信長に謀反の疑いをかけられ、二俣城で切腹したという戦国時代の悲運の武将です。

本来なら徳川家康公の嫡男として二代将軍になっていたかもしれない信康を祀る墓が、天竜区二俣町の「清龍寺」にあります。この「清龍寺」は、まさしく信康を供養するために家康公により建立された寺であり、「清龍寺」の名を与えたのも家康公自身です。

清龍寺

 

この寺の本堂へ向う坂の途中には池があり、その池に一筋の水が滝のように落ちています。この水は、裏山から湧き出た水で、未だに枯れたことがないといいます。織田信長に謀反の疑いをかけられ自害した、信康の涙が流れ続けているのかもしれません。

/miryoku/hakken/mesho/images/uid000004_200906121152268d34148d.jpg

お問い合わせ

浜松市役所産業部観光・シティプロモーション課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2293

ファクス番号:050-3730-8899