ホーム > 教育・文化・スポーツ > レジャー・スポーツ > 公園 > 公園へいらっしゃい > 芝生地内のメリケントキンソウ(外来植物)にご注意ください!

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

芝生地内のメリケントキンソウ(外来植物)にご注意ください!

メリケントキンソウ

学名 Soliva sessilis キク科 一年草

特徴

日本では和歌山県で1930年代に発見された南米原産の繁殖力が旺盛な帰化植物。
草丈は5~10cmで地面をはうように生えている。
果実の先端部が尖り、5月~6月頃には硬い棘(トゲ)になる。

メリケントキンソウ写真 

  • 芝生の上に手をついたり、裸足で歩いたりすると、トゲが刺さってケガをするおそれがあります。
  • 繁殖地拡大防止のため、靴底についたトゲ(種子)落としにご協力ください。
  • 今のところ有効な駆除策がなく他都市、研究機関等から情報収集をしています。

現在の繁殖確認地

天竜川河川敷グランド、四ツ池公園(自由広場)、遠州灘海浜公園(まつり会館東側広場・球技場)、和地山公園、馬込川上島緑地、飯田公園、美薗中央公園など

現在の対応

  • 抜取り及び刈込み駆除
  • 隔離生態確認試験(美薗中央公園)
  • 特殊肥料(塩化マグネシウム・塩化ナトリウム・クエン酸を主成分の粒)による駆除試験(四ツ池公園、美薗中央公園)
  • 焼却試験(四ツ池公園)

写真:メリケントキンソウ

芝生、草むらに隠れて生えています。よく見ると実の先端にカブトガニのような形でトゲ(種子)があることが分かります。(2010年6月撮影)
座ったり、手をついたりするとトゲが刺さりケガをする恐れがありますのでご注意ください。

写真:靴底に刺さったトゲ(種子)

繁殖地を歩くと靴底には写真のようにトゲ(種子)が驚くほどに刺さっています。鋭いトゲで自転車のタイヤにも刺さるほどです。(2010年6月撮影)
他の場所への繁殖を防ぐために、靴底のトゲは落としてお帰りください。 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所都市整備部公園課

〒430-0923 浜松市中区北寺島町617-6

電話番号:053-457-2353

ファクス番号:053-457-2164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?