ホーム > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金と個人年金の違い

ここから本文です。

更新日:2018年3月27日

国民年金と個人年金の違い

国民年金と個人年金は、同じ「年金」という言葉を使っていますが、その性格や役割には違いがあります。

 

国民年金

個人年金

しくみ

世代間の支え合いを基本にした国の社会保険制度の1つです。

個人が契約し、老後に受け取る一種の貯蓄です。

運営

生命保険会社など

保険料

1カ月16,340円(平成30年度月額)

1カ月16,410円(平成31年度月額)

個人が契約した額

年金の財源

年金の2分の1を国(税金)で負担、2分の1を保険料とその運用利息でまかなっています。

加入者の掛金とその運用利息でまかなっています。

年金額

物価変動等に応じて年度ごとに改定されます。

契約した金額になります。

税控除

納めた保険料は全額「社会保険料控除」として所得から控除されます。また、受給する年金には「公的年金控除」があります。

支払った保険料は「生命保険料控除」として所得から控除されますが控除額には上限があります。また、受給する年金には控除はなく、必要経費を差し引いた部分が全額課税対象になります。

受給期間

生涯受給できる終身年金です。

多くは、5年、10年など期間を限って受給する有期年金です。

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部国保年金課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2637

ファクス番号:050-3730-5988

○各区役所担当窓口
中区(長寿保険課/Tel:053-457-2211)
東区(長寿保険課/Tel:053-424-0183)
西区(長寿保険課/Tel:053-597-1166)
南区(長寿保険課/Tel:053-425-1582)
北区(長寿保険課/Tel:053-523-2864)
浜北区(長寿保険課/Tel:053-585-1125)
天竜区(長寿保険課/Tel:053-922-0021)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?