ホーム > くらし・手続き > 保険・年金 > 退職者医療制度/浜松市内に転入した場合

ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

退職者医療制度/浜松市内に転入した場合

国民健康保険の加入者で、長い間会社や役所等に勤め現在年金を受けている人(退職被保険者)及びその家族(被扶養者)は、退職者医療制度でお医者さんにかかることができます。

いつ

引越しをしてから14日以内

だれが

世帯主または、同一世帯の人

代理の可否

可(ただし、委任状及び身分証明書が必要)

方法

受付窓口に直接

受付窓口

  • 各区役所区民生活課
  • 各協働センター(西部・北部・南部・中部・雄踏・可美・細江・北浜南部・浜名・二俣を除く)
  • 各市民サービスセンター(赤佐・龍山北を除く)
  • 各ふれあいセンター(光明を除く)

※外国籍の方は、現在お住まいの区役所での受付けとなります。
※学生被保険者証の交付を希望される方は、各区役所長寿保険課及び各協働センター(引佐、三ヶ日、春野、佐久間、水窪、龍山)での受付けとなります。

受付時間

午前8時30分~午後5時15分

休日

土・日曜日、国民の祝日(休日)、12月29日~1月3日

提出する書類

  • 国民健康保険退職被保険者該当届(各窓口にあります)
  • 国民健康保険被扶養者認定届(各窓口にあります)

添付書類(部数)

ありません

持ち物

  • 転出証明書
  • 年金証書(被保険者期間の月数が記入されているもの)
  • 委任状、身分証明書 【代理の方が手続きする場合】

お渡しするもの

国民健康保険証は郵送になります。

(一部加入の場合はお渡しします。代理人による申請の場合は、郵送になります。)

注意すること

  • 退職被保険者になる人
    厚生年金や各種の共済組合などから老齢(退職)年金を受けており、年金制度(国民年金を除く)に加入していた期間が20年以上あるか、又は40歳以降の期間が10年以上ある人で、65歳未満の人
  • 被扶養者になる人
    国民健康保険の加入者で、退職被保険者と生活をともにし、主として退職被保険者の収入によって生計を維持している人で、65歳未満の人

※転入前の市区町村で国保に加入していなかった方については、それまでの健康保険の資格喪失証明書が必要になる場合もあります。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部国保年金課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2637

ファクス番号:050-3730-5988

○各区役所担当窓口
中区(長寿保険課/Tel:053-457-2216)
東区(長寿保険課/Tel:053-424-0183)
西区(長寿保険課/Tel:053-597-1166)
南区(長寿保険課/Tel:053-425-1582)
北区(長寿保険課/Tel:053-523-2864)
浜北区(長寿保険課/Tel:053-585-1125)
天竜区(長寿保険課/Tel:053-922-0021)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?