ここから本文です。

更新日:2015年9月20日

地元紙の記事から 中日新聞 2015年9月20日

本記事に関する問い合わせ 中日新聞東海本社 電話番号:053-421-7711

ピアノソナタの解説と演奏 アクトで文化講座

ピアノの実演を聞きながら、ソナタの変遷について語る平野昭さん(左)=中区で
 ピアノ音楽の変遷を学ぶ文化講座(中日新聞東海本社後援)が十八日夜、浜松市中区板屋町のアクトシティ浜松で開かれた。市民八十人が参加し、音楽評論家で元慶応大教授の平野昭さん(65)とピアニストの居福健太郎さん(33)から、ピアノソナタという西洋音楽の歴史を学んだ。

 ピアノソナタは十八世紀後半に生まれた様式で、緩急をつけた三つの楽章で構成されることが多い。平野さんが、ベートーベンやモーツァルトらが残したソナタの特徴を解説。居福さんがそれらの作品の一節を実際に弾いたり、ミニコンサートとしてハイドンの「ピアノソナタ・ニ長調」を演奏したりした。

 十月九日にプレリュード(前奏曲)、十六日にエチュード(練習曲)をテーマに同じ講座がある。各千円。問い合わせは、浜松市アクトシティ音楽院=電053(451)1150=へ。

(大野奈美)

[9月20日]

「浜名湖アート・クラフトフェア」始まる ガーデンパーク

行楽客や市民らでにぎわう浜名湖アート・クラフトフェア
 全国のクラフト作家のこだわりの品が楽しめる「浜名湖アート・クラフトフェア」(中日新聞東海本社など共催)が19日、浜松市西区村櫛町の浜名湖ガーデンパークで始まった。家族連れを中心に2万人が訪れ、作家と言葉を交わしながら買い物を楽しんだ。20日まで。

 北は北海道から南は熊本県まで、三十四都道府県の三百三十人の作家が出展。実用性やデザインに優れた陶器やガラス細工、楽器、木工などの個性あふれる作品が並んだ。キーホルダーやネームプレート作りの体験コーナーもあり、子どもたちに好評だった。

 磐田市から訪れたパート山畑直子さん(59)は「普通の店では見たことのない品が多く、若い作家の個性的なデザインが面白かった。また来てみたい」と話していた。

(西田直晃)

[9月20日]

浜松市民文化フェスティバル開幕 邦楽と民謡に沸く

尺八や琴などを演奏する出演者たち=中区のアクトシティ浜松で
 第十三回浜松市民文化フェスティバル(中日新聞東海本社後援)が十九日、浜松市中区のアクトシティ浜松で開幕した。十一月三日までの土日曜・祝日に、市内の文化団体などが演奏や踊りを披露する。

 初日は邦楽と民踊のステージがあった。邦楽では、各団体が琴や尺八で民謡を演奏。趣ある音色を響かせ、聴衆を沸かせた。市民ロビーでは、特別支援学校の生徒が手掛けた絵画などの作品展示(二十日まで)もあった。

 二十日は、吹奏楽のトップコンサートが大ホールで開かれる。すでにチケットは完売している。

 フェスは各団体が日ごろの活動を発表し、広く文化に親しんでもらおうと、市と市文化振興財団が企画。主会場のアクトシティ浜松のほか、中区の市勤労会館Uホール、四ツ池公園陸上競技場でも催される。

(宿谷紀子)

[9月20日]

「みさくぼ祭り」開幕 伝統の仮装、秋空に映え

子ども向け人気アニメ「きかんしゃトーマス」を模した大道具なども人気=天竜区水窪町で
 ユニークな仮装コンクールで知られる「みさくぼ祭り」(中日新聞東海本社後援)が十九日、浜松市天竜区水窪町の商店街を主会場に始まり、観光客でにぎわった。二十日まで。

 同町の春日神社と八幡宮、諏訪神社の合同祭礼。仮装は大正期に始まり、観光客らに見せるようになったのは昭和三十年代からという。初日は約二十の個人・団体が出演した。

 万国旗が飾られた町中心部の約二・五キロの通りに四カ所に設けられた会場で審査。映画「男はつらいよ」の寅さんに扮(ふん)した出演者のパフォーマンスや、子ども向けアニメ「きかんしゃトーマス」の巨大な大道具の周りで町民が愉快な掛け合いを見せる寸劇が繰り広げられた。

 夕方からは御殿屋台引き回しや花火打ち上げもあった。二十日も二十超の個人、団体が寸劇を繰り広げる。

(勝間田秀樹)

[9月20日]

伊勢神宮の古材、御柱に 三ケ日の浜名惣社神明宮

伊勢神宮から譲り受けたヒノキを御柱として立てた氏子総代ら=北区で
 浜松市北区三ケ日町の浜名惣社神明宮で、氏子総代らが十九日、伊勢神宮から譲り受けた御用材を御柱として立てた。

 御柱は、伊勢神宮の式年遷宮で役目を終えたヒノキの古材で、高さ三・四メートル。御用材は、ゆかりの深い神社を中心に譲り渡されているという。

 浜名惣社神明宮が立っている場所は伊勢神宮が現在の地に鎮座する以前に、四十四日間仮鎮座した場所とされる。浜名惣社神明宮と伊勢神宮の深いつながりを広く知ってもらおうと、御柱を立てることにしたという。

[9月20日]

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?