ここから本文です。

更新日:2015年9月11日

地元紙の記事から 中日新聞 2015年9月11日

本記事に関する問い合わせ 中日新聞東海本社 電話番号:053-421-7711

小田原攻めの行程明確 秀吉の朱印状 市、購入へ

 浜松市は十日、小田原攻めに向かう豊臣秀吉が、先行する家臣の軍勢に浜松城到着を知らせる朱印状一通を購入する方針を明らかにした。市文化財課によると、秀吉が浜松城に着陣した行程は推察されていたが、日付が確定できる貴重な証拠という。購入費二百五十万円を九月補正予算案に計上した。

 朱印状は一五九〇(天正十八)年三月十三日付で、筒井定次や浅野幸長ら先陣隊の四人に宛てられ、短冊折りの和紙(縦四五・五センチ、横五八・八センチ)に「今日十三日於(ここ)に遠州浜松着陣」などと記されている。

 秀吉は同年三月一日、小田原城の北条氏政、氏直親子を攻めるために京都を出発。十日に吉田城(豊橋市)に着いて東に向かったことは知られていたが、「浜松城にいつ入ったかは、はっきり分かっていなかった」(市文化財課)という。

 市は七月、朱印状が京都市の老舗古書店にあることを知り、購入を検討していた。市議会九月定例会で購入が承認されれば、市博物館で十月三十一日から始まる特別展「徳川家康天下取りへの道」で公開する計画だ。

(赤野嘉春)

[9月11日]

はままつシャツと“出逢い”演出 きょうから展示販売

遠州織物で作ったシャツやストールを紹介する作家ら=中区船越町で
 県西部地域の特産品「遠州織物」の地元ファンを育てようと、浜松市の作家ら11人でつくる「はままつシャツ部」が11日から、同市中区船越町のギャラリーそれからで、新作の展示販売会を開く。13日まで。

 今回は「あなたはどこではままつシャツと出逢(であ)うのか」をテーマに、6ブランドのシャツやストールなど計150枚を並べる。価格は8000円~2万8000円。

 同部は遠州織物を着て、見て、知って、楽しんでもらおうと、11月まで七つの催しを企画している。10月3日は中区のイグツィオーネカフェで、はままつシャツの魅力を語るしゃべり場を開く。11月にはバスツアーも予定している。

 部長でデザイン作家の水野さえ子さん(50)は「いろんな角度から、はままつシャツを楽しんでもらいたい」と話している。

 同部は、美しさ、遊び心、心地よさをコンセプトに2012年に創部。地域の特色を生かしたシャツとして昨年に県から「ふじのくにシャツ」に認定さた。

(石川由佳理)

[9月11日]

松茸食べて緑化も貢献 県立森林公園で寄付つき「御膳」

寄付付きで15日から売り出される「松茸御膳」(左)と松茸おにぎり=浜北区で
 浜松市浜北区根堅、県立森林公園内「森の家」のレストランまつぼっくりが、秋の味覚・マツタケと県グリーンバンクへの寄付を組み合わせた「松茸(まつたけ)御膳」(税込み千九百四十四円)を、十五日から売り出す。十一月末まで。

 アカマツ林が広がる森林公園内は往時、有名なマツタケ産地だったのにちなみ、秋の定番メニュー(使用マツタケはカナダ産)にしている。ランチ向きで、マツタケ入りの天ぷら盛り合わせ、土瓶蒸し、マツタケご飯にお造りなどが付く。

 近年は松くい虫被害によるアカマツ伐採が広範囲に進んでいることから、「御膳」の売り上げの1%を、国土緑化推進機構の「緑の募金」を通じてGバンクに寄託する。

 対象外のマツタケメニューでは「松茸と三ケ日牛のすき焼き」(税込み八千六百四十円)、「松茸会席」(同四千三百二十円)などを予定。森林公園内の系列店「山楽茶屋」でも、ハイカーら対象に「松茸おにぎり弁当」(同六百四十八円)の販売を始める。いずれも十五日から。

 渡部尚樹支配人は「園内散歩に適したこれからの時期、秋の味覚を楽しみながら緑の保全にもご協力を」と話していた。料理は日によって数量に限りがある。

 問い合わせは同店=電053(583)0090へ。

(正木徹)

[9月11日]

浜松科学館「発明くふう展」 特賞最優秀に花井さん、大久保さん

発明くふう展に寄せられた作品の審査=中区の浜松科学館で
 発想力のあるアイデア作品を公募した第三十七回「浜松市小・中学生発明くふう展」(浜松科学館主催、中日新聞東海本社後援)の最終審査が十日、浜松科学館であった。

 特賞最優秀の浜松市長賞に浜松西高中等部二年花井里歌さんの「靴下補助具」と、和田小三年大久保心優さんの「どこでも立つかさ」が選ばれた。

 市内の五十五小学校と二十中学校の児童生徒が計千九百十八点を各校に提出。各校で一次審査があり、選抜された計七百五十七点がこの日の最終審査の対象になった。

 市や浜松商議所、浜松発明研究会の関係者らが、科学的で日常生活に役立つなどの基準で審査した。

 特賞十二点のほかに優秀賞十点、入選十五点などが選ばれた。この計三十七点は十二日から二十七日まで、浜松科学館一階に展示される。

 浜松市長賞のほかの特賞は次の皆さん。

 浜松商議所会頭賞=高林治記(積志中3)平松琉奈(和田小5)▽浜松商議所女性会会長賞=平賀悠哉(佐久間中1)小寺由希菜(和田小1)▽県発明協会奨励賞=山口志織(入野中2)内山尋勢(広沢小6)浜松経済クラブ理事長賞=松永のどか(北部中2)太田隼翔(船越小4)▽浜松科学館長賞=本多知佳(都田中2)奥山萌那(城西小3)

(飯田時生)

[9月11日]

ロックな浪曲披露 浜北の小学校で出前授業

国本さんの浪曲を聞いて笑顔の児童ら=浜北区の北浜東小で
 県文化財団による浪曲の出前公演が十日、浜松市浜北区の北浜東小学校であった。浪曲師国本武春さん(54)=千葉県富里市=がロックなど洋楽の要素を取り入れた演目「ロックンロールうらしま」などで、高学年の百二十人余りを楽しませた。

 童話「浦島太郎」の主人公が竜宮城から戻って玉手箱を開けると、鶴に変身して恩人の老夫婦のために機を織るというユニークな演目を上演。三味線を激しいリズムに合わせてかき鳴らすなど、熱のこもった語りと演奏を披露した。

 六年生の田中稀海(のぞみ)君(12)は「浪曲は渋くてつまらないかと思っていたけど、テンポも速くて驚いた」と興奮していた。

 国本さんは「若い世代も“古くさい”という先入観を持たずに三味線や浪曲に親しんでほしい」と話していた。

(大野奈美)

[9月11日]

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?